FTC / 連邦取引委員会(組織)

Federal Trade Commission。米国における公正な取引を監督・監視する連邦政府の機関。

  • FacebookはFTCの反トラスト法違反訴訟にビッグテックの荒削りな戦略で反論

    FacebookはFTCの反トラスト法違反訴訟にビッグテックの荒削りな戦略で反論

    Facebookは、独占の定義に対するFTC(連邦取引委員会)の広範なアプローチに疑問を投げかける標準的なプレイブックを通じて、FTCの反トラスト法(独占禁止法)違反訴訟に異議を唱えている。しかし、これまで信頼されてきた「私たちは価格を上げていないので独占ではない」「競争を許していない場合、どうやって反競争的になり得るのか」という考え方自体が、まもなく新しい原則や新政権に揺さぶられるかもしれない。 続きを読む

  • バイデン大統領は反トラスト法のスターでビッグテック企業批判の闘士リナ・カーン氏をFTC委員に指名へ

    バイデン大統領は反トラスト法のスターでビッグテック企業批判の闘士リナ・カーン氏をFTC委員に指名へ

    バイデン政権はリナ・カーン氏を連邦取引委員会の委員に指名する意向を確認した。バイデン政権はオバマ時代の親シリコンバレー的方針から離れることが明確となった。正式任命には上院の承認が必要。 続きを読む

  • P&Gは米連邦取引委員会の訴訟を受けて女性向けカミソリのスタートアップBillie買収を断念

    P&Gは米連邦取引委員会の訴訟を受けて女性向けカミソリのスタートアップBillie買収を断念

    Procter & Gamble(P&G)は、以前から計画していた女性向け美容製品のスタートアップBillieの買収を、米連邦取引委員会(FTC)からの中止を求める法的措置を受けて断念した。 続きを読む

  • FTCからの独占禁止法違反訴訟を受けてRentPathがCoStarとの買収合意を取り下げ

    FTCからの独占禁止法違反訴訟を受けてRentPathがCoStarとの買収合意を取り下げ

    「Rent.com」や「Apartment Guide」といった物件検索サイトを運営するRentPathが、米国時間12月30日、CoStar Groupからの買収合意をキャンセルしたことを発表した。米国連邦取引委員会(FTC)から取引阻止の訴訟を受けたためだ。 続きを読む

  • 米連邦取引委員会がByteDance、Facebook、Snapらにユーザーデータの扱い方の説明を命令

    米連邦取引委員会がByteDance、Facebook、Snapらにユーザーデータの扱い方の説明を命令

    FTC(米連邦取引委員会)は、大手のソーシャルおよびビデオのプラットホームを運営する企業の多くに、彼らがユーザーから集めたデータの集積をどのように利用しているかについて、説明するよう命じた。Amazon、ByteDance、Facebook、WhatsApp、Discord、Reddit、Snap、TwitterおよびYouTubeらにその命令は送られ、締切は45日後とされている。 続きを読む

  • Facebookの独占禁止法違反を米連邦取引委員会が主張、買収した企業を切り離すよう要求

    Facebookの独占禁止法違反を米連邦取引委員会が主張、買収した企業を切り離すよう要求

    米国連邦取引委員会(FTC)は米国時間12月9日、Facebook(フェイスブック)に対する新たな反トラスト法(独占禁止法)違反訴訟を発表した。このソーシャルネットワークが「深刻な競争上の脅威を抑圧し、無力化し、抑止する目的で」独占的地位を利用していると主張し、これを破棄しなければならないとしている。なお、この訴訟とは別だが、全米48州・地域の司法当局の1つも協調して調査を行ったと同日に発表した。 続きを読む

  • Zoomがセキュリティを巡る「虚偽」主張問題で連邦取引委員会と和解

    Zoomがセキュリティを巡る「虚偽」主張問題で連邦取引委員会と和解

    連邦取引委員会(FTC)は、Zoomと和解したことを発表した。同委員会はビデオ通話の巨人が、自社の暗号化を実際よりも強力であると主張するなど「一連の虚偽および不公正な行為によってユーザーの安全を脅かした」として告発していた。 続きを読む

  • 合法だからといって適正だとは限らない

    合法だからといって適正だとは限らない

    すべての既存のプライバシー関連の法律を遵守する道徳的義務はあるのだろうか?また、そのような法律への適用除外に依存するような企業は非倫理的なのだろうか? さらに最終的に重要な、消費者のためになるのだろうか?考えてみよう。 続きを読む

  • グーグルとFTCの和解で示された子供のプライバシーの価値はわずか181億円

    グーグルとFTCの和解で示された子供のプライバシーの価値はわずか181億円

    FTCとニューヨーク州検事総長による、YouTubeが児童オンラインプライバシー保護法に違反しているという告発は、GoogleとYouTubeがFTCに1億3600万ドル、ニューヨーク州に3400万ドルを支払うことで和解した。 続きを読む

  • Facebookが連邦取引委員会の捜査を受けていることを公表

    Facebookが連邦取引委員会の捜査を受けていることを公表

    Facebookの株主たちは、同社がFTCから課せられた50億ドル(約5400億円)の罰金が株価に影響を与えたことには動揺しなかったが、反トラスト問題を巡って現在もFTCの捜査を受けていることを認めたことは驚きだった。 続きを読む