Fuchsia(製品・サービス)

Googleが開発しているOS。

  • ファーウェイ独自OS「HarmonyOS 2.0」のオープンソース版がIoT機器向けに公開、Linuxか独自カーネルを選択可能

    ファーウェイ独自OS「HarmonyOS 2.0」のオープンソース版がIoT機器向けに公開、Linuxか独自カーネルを選択可能

    中国初のオープンソース財団OpenAtom Foundationは6月1日、「OpenHarmony 2.0 Canary」(カナリア版)をリリースした。ライセンスはApache License 2.0(アパッチ・ライセンス 2.0)。Huawei(ファーウェイ)の独自OS「HarmonyOS 2.0」のオープンソースソフトフェア(OSS)版最新バージョンにあたる。中国のソースコードホスティングサービス「Gitee」上で公開している。 続きを読む

  • Googleの新OS「Fuchsia」が第1世代「Nest Hub」向けに配信開始

    Googleの新OS「Fuchsia」が第1世代「Nest Hub」向けに配信開始

    Googleの新OS「Fuchsia」が、第1世代のNest Hub向けに配信が開始されました。9to5GoogleがGoogleに確認したとして伝えており、まずはプレビュープログラムを対象にリリースされ、今後数か月で広く展開予定とのことです。 続きを読む

  • GoogleがAndroid、Chromeに続くOS「Fuchsia」プロジェクトを一般開放へ

    GoogleがAndroid、Chromeに続くOS「Fuchsia」プロジェクトを一般開放へ

    長い間、Googleの新しいオペレーティングシステム、Fuchsiaはちょっとした謎に包まれていた。計画に関する情報はほとんどなく、チームがGitHubに標準オープンソースライセンスでコードを公開した後でさえそうだった。最近になって、これはグーグルにとって、単なる実験以上であることを約束されたまったく新しいカーネルと汎用オペレーティングシステムを開発する初めての試みだとわかった。 続きを読む

  • GoogleのFuchsia OSは製品としてのオペレーティングシステムを目指していない?

    GoogleのFuchsia OSは製品としてのオペレーティングシステムを目指していない?

    GoogleのProject Fuchsiaは、今でもときどきテクノロジー関連記事で取り上げられる。Googleが新しいオープンソースのカーネルとオペレーティングシステムを開発するのはこれが初めてだから、人びとの関心は消えない。でもそれはきわめてオープンに開発されているから、秘密のようなものはほどんどなく、誰でもちょっと勉強すればPixelbookの上で動かせる。プロジェクトのドキュメンテーションも、たくさんある。 続きを読む

  • Googleが謎めいたOSをベータテスト中―Fuchsiaは小さなIoTデバイスでも走る

    Googleが謎めいたOSをベータテスト中―Fuchsiaは小さなIoTデバイスでも走る

    Googleは新しいOS、Fuchsia〔フクシア=花の品種名〕を開発中だ。その最初の成果はGithubに公開されており、勇気あるユーザーは自分で実行プログラムをコンパイルすることもできる。 このOSは根本的にAndroidともChrome OSとも異なっている。そもそもLinuxカーネルを使っていない。コアとなるコードはMagentaと呼ばれる。 IoTなどで特定の目的のための組込OSとして用いるのに向いているようだ。 続きを読む