フルフィルメント(用語)

フルフィルメントに関する記事一覧

  • 東南アジアの生鮮食品を小口直販するB2BプラットフォームSECAI MARCHEが1.5億円を調達

    東南アジアの生鮮食品を小口直販するB2BプラットフォームSECAI MARCHEが1.5億円を調達

    独自のフルフィルメントサービスで小規模生産者と飲食店とを直接つなぐ、東南アジア産直ECプラットフォームSECAI MARCHE(セカイマルシェ)が、Beyond Next Ventures、楽天ベンチャーズを引受先とする第三者割当増資を実施し、総額1億5000千万円を調達した。 続きを読む

  • パンデミック以降、最もロボットによる自動化が進んだのは倉庫と工場

    パンデミック以降、最もロボットによる自動化が進んだのは倉庫と工場

    パンデミックのゴールが(少なくとも一部の人には)見え始めた今、過去1年半に起きた出来事によって一番影響を受けたセグメントは何かを評価するよい時期だろう。ロボティクスに関しては、あらゆる場所で投資が行われた。正当な理由によって。COVID-19(新型コロナウイルス感染症)は、仕事のやり方に深く永続的な影響を与える運命にあり、ロボットとオートメーションはかつてないほど大きな役割を担いそうだ。 続きを読む

  • 米スーパーKrogerが初の大規模ロボット化フルフィルメントセンターをオハイオに開設

    米スーパーKrogerが初の大規模ロボット化フルフィルメントセンターをオハイオに開設

    米国のスーパーチェーンKrogerは、英国のオンライン食料雑貨販売店Ocadoの技術を使った顧客向けフルフィルメントセンターを、オハイオ州シンシナティの郊外、モンローに開設した。約3万5000平方メートルにおよぶその巨大な倉庫では、Krogerのオンライン店舗で受けた注文に応じて、何千種類もの商品を梱包して消費者に配達する。 続きを読む

  • 倉庫から歩道まで、Amazonに対抗するロジスティックス実用ロボットの最新動向

    倉庫から歩道まで、Amazonに対抗するロジスティックス実用ロボットの最新動向

    現在、ロボティクス分野でホットなのは倉庫でのフルフィルメントをはじめとする物資移動業務だ。一歩先を行くAmazonに対し他のプレイヤーがどのようにして競争を挑んでいるか最新動向をまとめてみた。 続きを読む

  • フォークリフトに取って代わるFetchの最新の倉庫ロボット

    フォークリフトに取って代わるFetchの最新の倉庫ロボット

    サンノゼを拠点とするロボット企業Fetchは、米国時間1月28日の朝、最新のロボットを発表した。PalletTransport 1500は、倉庫のフォークリフトを置き換えるために特別に設計された自立型ロボットだ。 続きを読む

  • Amazonがボストンに工費約43億円超のロボット研究・製造センター建設へ

    Amazonがボストンに工費約43億円超のロボット研究・製造センター建設へ

    Amazonはロボティクス・イノベーション・センターをボストン近郊に建設すると 発表した。2021年にオープンし、テクノロジーと製造業務に関する200以上の職を提供する計画だ。 続きを読む

  • eコマース向けフルフィルメントサービス提供のHubooが1.3億円調達

    eコマース向けフルフィルメントサービス提供のHubooが1.3億円調達

    さまざまな規模のeコマース向けマルチチャネルフルフィルメントサービスを提供する英国のスタートアップHuboo(ハブー)が、シードラウンドで100万ポンド(約1億3000万円)を調達した。 続きを読む

  • Amazonの世界最大級フルフィルメントセンターのロボット軍団を見た

    Amazonの世界最大級フルフィルメントセンターのロボット軍団を見た

    われわれは2月にニューヨーク市のJFK8センターを視察することができたが、空気にはまだ新品の匂いが漂っていた。すべては真新しく、年中無休、24時間稼働を前提とした設備だった。 続きを読む

  • 楽しげに倉庫作業を擁護する、このTwitter上の奇妙なAmazonの軍団は何だろう?

    楽しげに倉庫作業を擁護する、このTwitter上の奇妙なAmazonの軍団は何だろう?

    ここに困惑させるような小さなオンラインコミュニティがある。Amazonが人を怯えさせるような、個性を持たない存在をTwitter上に生み出した。それは、教えられたことをただ繰り返すように語り、悪名高い同社の倉庫業務が素晴らしいものであることを世界に対して請け合う、実際のフロア作業者のように見える複数のアカウントの形態をとっているのだ。 続きを読む

  • 「見えない小売店」を目指すDarkstore

    「見えない小売店」を目指すDarkstore

    オンデマンドフルフィルメント(商品の受注決済在庫管理配送を全て手がけるサービス)スタートアップのDarkstoreが、T-Force Final Mileと提携し、さらに33の全国のマーケットを追加した。これによってDarkstoreが対象とするマーケットの総数は40となった、その中にはサンフランシスコ、ロサンゼルス、ポートランド、マイアミ、アトランタ、ボストン、リノ、そしてオースティンなどが含まれている。 T-Force Final Mileは、IKEA、Office Depot、そしてAmazonのための配送を行っているラストマイル配送会社だ… 続きを読む

  • Amazonが「世界を食い尽くしている」理由を考える

    Amazonが「世界を食い尽くしている」理由を考える

    編集部:この記事は起業家のZack Kanterの執筆。経歴 私は昨年12月にソフトウェアのスタートアップを共同で創業し、毎月株主に向けて会社の進捗を報告するメモを送っている。しかし先月は自社の状況に関するメモではなく。われわれのビジネス(小売業)を待ち受ける根本的な状況の変化について書いた。 このビジネスでAmazonは支配的な地位を得ているだけでなく、今後ますますその地位は強化されると判断したからだ。これによってリテールビジネス全般にアポカリプスが迫っている。Amazonは世界最強の企業の一つだが、同時にその本質がもっとも理解さにくい会… 続きを読む