FxCamera

  • 日本のBitcellar、Androidで2000万ダウンロードの大ヒットとなったFxCameraのiOS版をリリースへ

    日本のBitcellar、Androidで2000万ダウンロードの大ヒットとなったFxCameraのiOS版をリリースへ

    Bitcellarは日本のデベロッパーとしては珍しく、外に向かって国際市場を目指している。同社はこれまでGoogleのAndroidプラットフォームで成功を収めてきたが、 ついにiOS市場にデビューを果たすことになった。 写真編集アプリ、FxCameraは基本的なフィルタを始め、魚眼レンズ化や劇画タッチの線描化などありとあらゆる高度な画像処理機能を備えている。FxCameraが登場したのは2009年だが、その後、Google Playの写真アプリで 35ヶ国で常にトップ5入りを続けてきた。 Bitcellarは今年に入って、FxCameraを買… 続きを読む

  • FxCameraを買収したビットセラーが4.2億円をジャフコから調達

    FxCameraを買収したビットセラーが4.2億円をジャフコから調達

    AndroidのカメラアプリのFxCameraを買収したビットセラーがジャフコから4.2億円もの資金調達をしたことを発表した。ビットセラーは買収によってFxCameraというプロダクトを手中におさめたが、その核となるプロダクトはステルスモードで開発中の写真のストレージサービスのCellarである。未だメインのプロダクトがリリースされていない中で、これだけの資金を調達したのは国内のスタートアップとしては珍しいことだ。 ビットセラーの代表取締役社長の川村亮介氏によれば、今回の資金調達によってまずはFxCameraをアップグレードさせるのだと… 続きを読む

  • Androidの人気カメラアプリFxCamera事業をスタートアップのビットセラーが買収

    Androidの人気カメラアプリFxCamera事業をスタートアップのビットセラーが買収

    Instagramの買収は記憶に新しいが、1500万ダウンロードを達成したと言われるAndroidで人気のカメラアプリFxCameraの事業を日本のスタートアップのビットセラーが買収した。FxCameraは山下盛史氏の個人プロジェクトだったが、この買収にともなって山下氏はビットセラーの取締役に就任している。買収額は明らかにされていないが、ビットセラーが創業1年程度のスタートアップであることを考えるとあまり高額ではないだろう。ビットセラーは現在ステルスモードで活動するスタートアップで、ケータイ向けの写真ストレージサービスを開発している。… 続きを読む

  • 日本のAndroidのカメラアプリFxCameraは1,000万ダウンロード達成でも稼ぐ広告費は月額60万円

    日本のAndroidのカメラアプリFxCameraは1,000万ダウンロード達成でも稼ぐ広告費は月額60万円

    さきほどAndroidアプリを開発するスタートアップのミログの代表取締役の城口洋平さんが教えてくれたのだけど、最近になってミログにジョインしたAndroid界隈で有名な開発者の山下盛史さんが開発するカメラアプリ「FxCamera」のダウンロード数が1,000万をAndroid Marketで超えたんだそうだ。 このカメラ、エフェクトがいろいろと付けられるのが特徴で、これにソーシャルなアップロード機能が付いていればあわやInstagram(いやAndroidだったらpicplzか?)になったかもなアプリなのだけれど、1,000万もダウンロー… 続きを読む