Gadgets

  • ロボットアームの動きは適度に遅いほうが不気味の谷現象を防げる

    ロボットアームの動きは適度に遅いほうが不気味の谷現象を防げる

    ロボットの手の動きが速いと、人間はそれを「温かみがなくて不快」と感じた。遅い速度が、いちばん好評だった。ロボットの手の動きに初動時の遅延がないと、それも人間にとっては不安だった。ただし遅延が長すぎると、やはり不安が生じた。 続きを読む

  • アップルがiOS 13.2をリリース、低照度で低ノイズの写真を撮れるDeep Fusionあり

    アップルがiOS 13.2をリリース、低照度で低ノイズの写真を撮れるDeep Fusionあり

    Apple(アップル)は、iPhoneとiPadに向けてiOS 13.2、iPadOS 13.2をリリースした。このアップデートは通常のバグフィックスとセキュリティの改善が主だが新しい機能もいくつかある。 続きを読む

  • 蜘蛛の目の原理を借りて奥行き感知カメラを超小型化へ

    蜘蛛の目の原理を借りて奥行き感知カメラを超小型化へ

    彼らは、巧妙な捕食動物として獲物を正しく見つけて、そっち方向へ正しく進み、正しく獲物を捕らえる。どうやっているのだろう?。節足動物の例に漏れず彼らもまた、非常に不可思議なおもしろい方法でそれをやってのける。 続きを読む

  • NASAが月の南極の地表下で結氷水を探すVIPER探査車を2022年に打ち上げ

    NASAが月の南極の地表下で結氷水を探すVIPER探査車を2022年に打ち上げ

    試料採掘とスペクトル分析を大面積にわたって行うと、地表下の水の所在を地図に落とし、大きなパターンを掴めるだろう。月の上の、人間が大好きな物質の存在を、もっと体系的に理解できるかもしれない。 続きを読む

  • Sense PhotonicsのフラッシュLiDARが量産体制に移行

    Sense PhotonicsのフラッシュLiDARが量産体制に移行

    Sense Photonicsは、その高度なフラッシュライダーを予約販売している。 続きを読む

  • リチウム充電池を作った3名がノーベル化学賞を共有

    リチウム充電池を作った3名がノーベル化学賞を共有

    毎朝メールをチェックしたりInstagramを見たり友だちにテキスティングしたりするたびに、スマートフォンに新しい単3形電池を2つ入れなければならないとしたら、モバイル革命はちっとも革命にならなかっただろう。 続きを読む

  • わずか数滴で母乳の健康診断が可能な検査キット「MyMilk Labs」

    わずか数滴で母乳の健康診断が可能な検査キット「MyMilk Labs」

    赤ちゃんを母乳で育てることは誰にでもできると言われるが、でもそれは実際には不安やわからないことの多い体験だ。特に生後の数週間が難しい。 続きを読む

  • 富士フイルムの今度のX-Pro3カメラはフィルム写真的機能が山盛り

    富士フイルムの今度のX-Pro3カメラはフィルム写真的機能が山盛り

    富士フイルムが近く発売するX-Pro3は、同社の人気のデジカメであるミラーレスのレンジファインダーカメラ(X-Pro2)の後継機で、10月23日の発売日の前にたくさんの情報や写真がリークされた。 続きを読む

  • ミシガン大学が釘打ち機能内蔵ドローンを開発中

    ミシガン大学が釘打ち機能内蔵ドローンを開発中

    FAA(米連邦航空局)は、ドローンに火炎放射器や拳銃などの武器を装備することに罰則を設けた。でも、ネイルガンは武器だろうか?シューティングゲームのQuake以外でも?そうではないことを望みたい。ミシガン大学のロボット工学者たちが、屋根板を屋根に釘打ちする機構(ネイルガン)を備えたドローンを開発した。 続きを読む

  • FarmWiseの全自動除草ロボットが脱プロトタイプに向けて15億円を調達

    FarmWiseの全自動除草ロボットが脱プロトタイプに向けて15億円を調達

    農業の自動化は作業が多様だから難しいが、そんな中で良い仕事をしているロボット企業や自動操縦企業もいくつか存在する。たとえば投資家たちに関心を持たれたFarmWiseはこのたび1450万ドルを調達して、その自動運転除草車の開発を継続している。 続きを読む