game

  • マイクラアースのAndroid向けクローズベータが5都市で公開

    マイクラアースのAndroid向けクローズベータが5都市で公開

    Minecraft Earthのベータ版が初めて公開されたのは7月のことだが、iOSでしか動作せず、実際にプレイできたのはシアトルとロンドンのプレーヤーだけだった。 続きを読む

  • 「マリオカート ツアー」は9月25日リリース、iOS版とAndroid版を用意

    「マリオカート ツアー」は9月25日リリース、iOS版とAndroid版を用意

    任天堂の次のモバイルゲーム『マリオカートツアー』が、9月25日からiOSとAndroidデバイスでリリースされる。ゲームの公式Twitterアカウントは発売日を明らかにし、両プラットフォームのユーザーが発売時にゲームを入手するためにサインアップできる、事前登録リンクを公開した。 続きを読む

  • 任天堂が小型携帯ゲーム機「Nintendo Switch Lite」を約2万円で販売へ

    任天堂が小型携帯ゲーム機「Nintendo Switch Lite」を約2万円で販売へ

    任天堂は新型Nintendo Switchこと「Nintendo Switch Lite」を発表した。その名前が示唆するとおり、この新モデルはオリジナルのNintendo Switchよりも若干廉価で、かつ差し引かれた機能がいくつかある。 続きを読む

  • ニンテンドースイッチは3月3日発売、日本での価格は2万9980円に——予約は1月21日より

    ニンテンドースイッチは3月3日発売、日本での価格は2万9980円に——予約は1月21日より

    2016年秋に発表された任天堂の次世代ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」の詳細がいよいよ明らかになった。任天堂は1月13日、東京にてイベント「Nintendo Switch プレゼンテーション 2017」を開催。同時にオンラインでの動画配信を行った。発表によると発売は3月3日。日本のほか、米国、カナダ、欧州各国、オーストラリア、香港などでの同日発売となる。希望小売価格は2万9980円。(米国では299.99ドル)。日本での予約は1月21日から各種店頭で受け付ける。 続きを読む

  • ポケモンGOにメタモンがやってきた!

    ポケモンGOにメタモンがやってきた!

    この記事はごく短いものになる。ポケモンGOにメタモンが登場したのだ。すぐに探しにいかなくちゃいけない。でも仕事ではあるので、ほんの少しだけ書いておく。 続きを読む

  • 日経グループのQUICKからまさかの美少女キャラゲームーー背景には3年がかりの大プロジェクト

    日経グループのQUICKからまさかの美少女キャラゲームーー背景には3年がかりの大プロジェクト

    QUICKと言えば、日本経済新聞グループで金融・経済向けツールやレポートを提供する、1971年設立の言ってみれば“おカタい”会社だ。だがそんな同社が、美少女ゲームアプリを出したというのだから驚きだ。同社は12月21日より、iOS向けにゲームアプリ「IRroid(アイアールロイド) 恋の有効フロンティア」の提供を開始した。App Storeから無料でダウンロードできる(アイテム課金あり)。 続きを読む

  • なつかしいDungeons & DragonsをAltspaceVRが仮想現実(VR)で再現

    なつかしいDungeons & DragonsをAltspaceVRが仮想現実(VR)で再現

    Dungeons & Dragonsのファンで、仮想現実(virtual reality, VR)のデバイスを持ってる人は、今ただちに、仕事も食事も何もかも中断した方がよい。ソーシャルVR企業を自称するAltspaceVRが、あの愛すべきテーブルトップロールプレイング・ゲームの没入型(イマーシブ, immersive)バージョンを発売したのだ。 続きを読む

  • 「gumiショック」からの復活は? TechCrunch Tokyoで国光氏に聞く

    「gumiショック」からの復活は? TechCrunch Tokyoで国光氏に聞く

    いよいよ開催まで2週間を切ったスタートアップの祭典「TechCrunch Tokyo 2015」。また新たな登壇者について紹介したい。今回登壇が決まったのはgumi代表取締役社長の国光宏尚氏だ。 国光氏率いるgumiは2007年の創業(当時の社名はアットムービー・パイレーツ)。当初は自社でSNS「gumi」を提供していた。実はこのgumi、mixiやDeNA、GREEなどよりも早くオープン化を実施した先進的なSNSだったりするのだが、早すぎるオープン化は当時ユーザーに受け入れられなかった。その後同社はSNSからソーシャルゲームの開発へと事業… 続きを読む

  • 物理演算ゲームBrain Dotsに自分でステージを作れる「ビルダー機能」が搭載された

    物理演算ゲームBrain Dotsに自分でステージを作れる「ビルダー機能」が搭載された

    トランスリミットが提供する物理演算パズルアプリ「Brain Dots」。当初300までだったステージ数も現在は500以上に拡大している。だがヘビーユーザーはすでに全ステージをクリアしているようで、同社にはステージ追加の要望が寄せられているという。 続きを読む

  • トランスリミットの「Brain Dots」が1カ月で1000万ダウンロード達成——海外比率は95%

    トランスリミットの「Brain Dots」が1カ月で1000万ダウンロード達成——海外比率は95%

    ノンプロモーションながらリリースから10日で100万ダウンロードを達成したトランスリミットのスマートフォン(iOS/Android)向けパズルゲーム「Brain Dots」だが、リリース1カ月にして1000万ダウンロードを達成したという。 Brain Dotsは物理演算を用いたパズルゲーム。ステージごとに1つずつ用意される青と赤の2つ「点」をくっつけるとクリアとなる。ユーザーはそのために、画面に線をひいて道を作ったり、図形をぶつけて点を移動させたりすることになる。 続きを読む

  • 「一発必中で作った」 物理演算ゲームのBrain Dotsが10日で100万ダウンロードを達成

    「一発必中で作った」 物理演算ゲームのBrain Dotsが10日で100万ダウンロードを達成

    世界1300万ダウンロード、海外ユーザー比率95%と世界でプレイされている対戦型脳トレアプリ「Brain Wars」を開発したトランスリミット。同社の第2弾タイトルの物理演算パズルアプリ「Brain Dots」が7月6日のリリースから10日で100万ダウンロードを突破した。 Brain Dotsは物理演算を利用したパズルゲームだ。ステージごとに1つずつ用意される青と赤の2つ点をくっつけるために、画面に線をひいて道を作ったり、図形を描いて点にぶつけて移動させたりするというシンプルなルール。全部で300のステージを用意する。 続きを読む

  • トランスリミットが新ゲーム——シンプルだけどハマる物理演算パズル「Brain Dots」

    トランスリミットが新ゲーム——シンプルだけどハマる物理演算パズル「Brain Dots」

    2014年5月に対戦型脳トレアプリ「Brain Wars」をリリースしたトランスリミット。Brain Warsは現在世界1300万ダウンロード、海外ユーザー比率は95%というグローバルなアプリに成長した。そんな同社が第2弾となるゲームアプリ「Brain Dots」をiOS、Android向けに公開した。App StoreおよびGoogle Playで無料でダウンロードできる。 続きを読む

  • Googleマップ上でパックマンがプレイできる!

    Googleマップ上でパックマンがプレイできる!

    Googleが、Googleマップに新しいイースターエッグを埋め込んだようだ(恒例のエイプリルフール企画であるらしい)。今回は、なんと実在の場所の地図を使ってパックマンをプレイすることができるのだ。デスクトップでも、あるいはモバイルアプリケーション上でも遊ぶことができるようになっている。Googleマップのサイトを開くか、あるいはAndroidないしiOS版のアプリケーションを開いて、そしてパックマンがいる場所を探しだせばプレイできる。 続きを読む

  • gumi、100人規模の希望退職者募集へ、ブラウザゲーム2タイトルはマイネットに移管

    gumi、100人規模の希望退職者募集へ、ブラウザゲーム2タイトルはマイネットに移管

    業績の下方修正、韓国子会社での横領など厳しいニュースの続くgumi。同社は3月27日開催の取締役会で希望退職者の募集について決議したと発表した。 gumiの発表によると、同社はブラウザゲームからネイティブアプリへと主軸のサービスを転換(2015年4月期第3四半期累計でブラウザゲーム売上が連結売上高全体の9.3%にまで低下)しているが、一部でスキルセットの転換や配置換えが遅れているケースもあったため、これを機に他社への転進等を求める社員に対する選択肢として、希望退職を募集することを決定したという。 続きを読む

  • iOS用ゲームの「Mr Jump」、リリース後4日で500万ダウンロードを達成

    iOS用ゲームの「Mr Jump」、リリース後4日で500万ダウンロードを達成

    今週末はジャンプばかりしていた。失敗して落ちてしまって死んだりも繰り返した。と、いうのは最近リリースされたiPhoneおよびiPad用ゲームのMr Jumpの話だ。パターン認識や記憶力も必要とする、懐かしい感じのゲームでもある。フランスの1Buttonが製作したもので、リリースから4日でダウンロード数は500万となっている。アプリケーション内課金と、広告収入を収益モデルとしているが、日額5桁の収入をもたらしているとのこと。尚、アプリケーション内課金はpay-to-winモデルのものではない。 続きを読む

  • gumi、韓国子会社で数千万円規模の横領か——社内調査で事実を確認中

    gumi、韓国子会社で数千万円規模の横領か——社内調査で事実を確認中

    gumiは3月19日、韓国の一部メディアにて、「同社子会社のgumi Koreaで役員による数十億ウォン(数億円)規模の横領がなされた可能性がある」との報道があったことを明らかにした。 gumiによると、横領は子会社役員ではなく子会社従業員の関与の疑いが強いとのことで、金額についても現時点では数千万円程度だと見込まれているという。 続きを読む

  • Googleのオートコンプリートを使った「クイズ100人に聞きました」風ゲーム

    Googleのオートコンプリートを使った「クイズ100人に聞きました」風ゲーム

    期待していなかったのだが、とても面白い。Googleで検索をする際に表示されるオートコンプリート候補を見て、納得したりあるいは驚いた経験をお持ちのことと思う。GoogleFeudは、そのオートコンプリート候補に出てくる単語を「クイズ100人に聞きました」(Family Feud)風のゲームにしたものだ。 続きを読む

  • gumiが大幅な下方修正、黒字から一転し営業赤字4億円に

    gumiが大幅な下方修正、黒字から一転し営業赤字4億円に

    2014年12月、東証1部市場に直接上場したgumi。2013年7月にサービスを開始したスマートフォン向けゲーム「ブレイブフロンティア」はこれまで60カ国以上で配信。ダウンロード数は2015年1月時点で国内500万件、全世界合計2000万件を達成している。そんな同社が3月5日、2015年4月期業績の下方修正を発表した。修正後の予想は、売上高は265億円(前回予想は309億7200万円)、営業利益は4億円の赤字(同13億2900万円)、経常利益は6億円の赤字(同12億7700万円)。純利益はゼロ(同8億800万円)としている。 続きを読む

  • アプリ内課金もなく、完全無料で楽しめるラン&ジャンプ系ゲームの「Lastronaut」

    アプリ内課金もなく、完全無料で楽しめるラン&ジャンプ系ゲームの「Lastronaut」

    ラン&ジャンプ系(Endless Runners)ゲームは、まさにモバイル向けのゲームだと言えるように思う。ちょっとした空き時間に手軽にプレイすることができるからだ。このジャンルのゲームは次々にリリースされている。そんな中、トロントのDarrin HeneinおよびStephan LerouxがリリースしたLastronautというゲーム(iPhone向け)が、コストパフォーマンス的にも素晴らしいできなのではないかと思うがいかがだろう。価格は無料で、広告もアプリケーション内課金もない。 続きを読む

  • ゲーム開発会社のオリフラム、コロプラから資金調達——スクエニ・カプコン出身クリエーターが起業

    スマートフォン向けゲームを開発するオリフラムは2月17日、コロプラからの資金調達を実施したことを明らかにした。 調達額は非公開だが、オリフラム代表取締役の池田隆児氏は、「ゲーム開発は価格が高騰している。ネイティブアプリでは大手開発会社の場合1.5億〜3億円程度になる。我々は3つの開発ラインを持つ予定で、その程度の資金は調達している」と語っており、少なくとも数億円の資金を調達していると見られる。またコロプラでは、今回の資金調達にあわせて同社に社外役員1人を派遣する。 続きを読む