ゲーム

  • WHO、「ゲーム障害」を疾病と認定

    WHO、「ゲーム障害」を疾病と認定

    正直なところ「ゲーム障害」という言葉は、いら立った親たちが作り出した造語のように聞こえる。しかし、堂々巡りの議論の末、この用語は世界保健機構(WHO)によって認定され、国際疾病分類の最新版に加えられた。 続きを読む

  • このARグッピーは人間の感情を餌にして育つ

    このARグッピーは人間の感情を餌にして育つ

    Indiecadeは、雑踏で暑苦しいE3カンファレンスの展示フロアの中で、いつもほっと一息つかせてくれる。独立デベロッパーたちのたちの緩いつながりによる集団は、大規模スタジオシステムにはない興味深く独特なゲーミング体験を提供してくれる。 続きを読む

  • この小さなかわいいBluetoothコントローラーはNintendo Switchに似合う

    この小さなかわいいBluetoothコントローラーはNintendo Switchに似合う

    8bitdoは今週のE3でゲームのコントローラーをたくさん発表したが、でも正直なところ、関心があるのは一つだけだ。そのZero 2は、手のひらに収まるほど小さくてかわいいBluetoothコントローラーだ。デスクトップコンピューターでもAndroidデバイスでもなんでも使えるが、いちばんぴったりと言えば、旅先などでNintendo Switchをプレイすることだろう。 続きを読む

  • スーパーマリオパーティは複数のSwitchをつないで画面を拡大する

    スーパーマリオパーティは複数のSwitchをつないで画面を拡大する

    Nintendo Switchにスーパーマリオパーティがやってくる。そしてこの新しいパーティーゲームとともに、Switchハードウェアをマルチプレイで使うための興味深い仕組みが登場するらしい。 続きを読む

  • SonyがE3 2018で発表するPSゲームの数々、最人気はやはりバイオハ…

    SonyがE3 2018で発表するPSゲームの数々、最人気はやはりバイオハ…

    SonyはE3 2018のプレスカンファレンスをイベントにしたかった。Microsoftみたいに“新しいタイトルを50揃えました”ではなく、記者たちが席から立ち上がって歩きまわるものに。 それはまるで、今流行(はや)りの実験的レストランみたいだ。一食々々がとても小さいので食べ終えてもお腹が減っているが、でもそれが意外と楽しかったりする。 続きを読む

  • マイクロソフトのXbox Adaptive Controllerは「インクルーシブデザイン」の刺激的なお手本

    マイクロソフトのXbox Adaptive Controllerは「インクルーシブデザイン」の刺激的なお手本

    障害をもつゲーマーは、さまざまな理由で特有の課題に直面している。アクセシビリティー対応のゲーム機周辺装置の少なさもそのひとつだ。Microsoft は、Xbox Adaptive Controller(XAC)でこの問題の解決に向けて大きな一歩を踏み出した。このデバイスは通常のゲームパッドが選択肢にないゲーマーのニーズに答えるべく開発された。 続きを読む

  • 少年ジャンプ50周年記念ファミコンは、アメリカのNESファンにスペシャルエディションの期待を抱かせる

    少年ジャンプ50周年記念ファミコンは、アメリカのNESファンにスペシャルエディションの期待を抱かせる

    日本のゲーマーと熱烈なマンガファンとその両方の人たちには、この夏すてきなプレゼントがやってくる。NES Classic Editionに週刊少年ジャンプの作品をテーマにしたゲームが満載されて発売される。人気のマンガ雑誌は50周年を祝って、この純金ファミコンも記念に作られた。 続きを読む

  • この完動版ピンボールマシンは、LEGOだけで出来ている

    この完動版ピンボールマシンは、LEGOだけで出来ている

    私は人生のかなりの部分をさまざまなLEGOプロジェクトを組み立てることに費やしてきた…しかし、私が作った最高にクレイジーな作品もこれと比べると色あせてしまう。これは完全動作可能なピンボールマシンで、盤面の障害物から舞台裏の電子頭脳や鉄球まですべて公式LEGOパーツで出来ている。 続きを読む

  • 任天堂の20ドルの充電スタンドはSwitchのキックスタンドの問題も解決

    任天堂の20ドルの充電スタンドはSwitchのキックスタンドの問題も解決

    Switchは、いろんな使い方ができるのが魅力だ。Nintendoのこの最新システムは、家庭用とポータブルの垣根を取り払ったすばらしいハイブリッドデバイスだ。でも現状ではまだ、二つのモードの狭間(はざま)に、いくつか問題があるようだ。 まず、最初から問題だったのがキックスタンドだ。 続きを読む

  • フレンドリーなロボットアームが患者のリハビリテーションのためのゲームに付き合う

    フレンドリーなロボットアームが患者のリハビリテーションのためのゲームに付き合う

    イスラエルのネゲヴ・ベン=グリオン大学の研究者たちは、患者のリハビリ運動を助けるための tic-tac-toeゲーム(三目並べ)を開発している。ゲームは格子状の箱の上でプレイされ、「実物」および非実物プレイが可能だ。実物プレイでは、ロボットアームがマーカー(今回は小さなコップ)を実際に掴んだり置いたりする。非実物プレイの場合はコンピューターの選択を明るいライトで示すことになる。 続きを読む