gengo

  • 翻訳プラットフォームを展開するGengoが米ライオンブリッジの完全子会社に

    翻訳プラットフォームを展開するGengoが米ライオンブリッジの完全子会社に

    Gengoは1月17日、グローバルで翻訳サービスを展開するライオンブリッジの完全子会社となったことを明らかにした。 続きを読む

  • 機械と人力の“いいとこ取り”でサイトを外国語翻訳、「ワールドジャンパー」一般公開

    機械と人力の“いいとこ取り”でサイトを外国語翻訳、「ワールドジャンパー」一般公開

    機械翻訳は誤訳があるし、かといってプロの翻訳家に頼むとコストがかさむ――。外国語サイトを作ろうとする企業や店舗の多くは、こんな悩みに直面しているかもしれない。八楽(やらく)が運営するウェブサイト翻訳ツール「ワールドジャンパー」は、機械翻訳と人力翻訳の“いいとこ取り”をして、こうした課題を解決しようとしている。 続きを読む

  • 翻訳クラウドソーシングConyacのエニドアが6,000万円の資金を調達 — 8カ月で法人登録1,000社を突破

    翻訳クラウドソーシングConyacのエニドアが6,000万円の資金を調達 — 8カ月で法人登録1,000社を突破

    低価格で翻訳をクラウドソースできるConyacを運営するエニドアが8月30日付けで総額6,000万円の第三者割当増資を実施した。引受先はユナイテッド、三菱UFJキャピタル、SMBCベンチャーキャピタルの3社だ。 2009年にローンチしたConyacはオンライン上で簡単に翻訳を依頼でき、発注確定後たいてい1時間以内に納品されるというスピードと安さが売りのサービスだ。現在の登録者数は2万人で、これまでにConyacが翻訳してきた文字数は1億文字を越えているという。 続きを読む

  • 翻訳プラットフォームのGengoがIntel Capital等から1200万ドルを調達

    翻訳プラットフォームのGengoがIntel Capital等から1200万ドルを調達

    Gengoは、人気上昇中のオンライン翻訳サービスで、7500名以上の事前審査、評価済みの翻訳者のネットワークを利用して33の言語で質の高い翻訳を提供している。このほど1200万ドルの資金調達ラウンドを完了した。リードしたのはIntel Capitalで、他にIris Capital、Infocomm、NTT-IP、およびSaudi Telecom Ventures、さらにはAtomicoも再出資した。 続きを読む

  • YouTube、GengoおよびTranslated.netと提携して、ビデオ字幕の有料翻訳依頼を便利に

    YouTube、GengoおよびTranslated.netと提携して、ビデオ字幕の有料翻訳依頼を便利に

    先ほどYouTubeは、プロが翻訳した字幕を効率よくユーザーに提供するために、人気翻訳サービスのGengoおよびTranslated.netと提携したことを発表した。パブリッシャーはYouTubeのインターフェースを通じて、翻訳に必要な時間と料金の見積りを得られる。ただし発注、支払い手続きは翻訳サービスのウェブサイトで行う必要がある。Googleは今後提携サービスを追加していく予定だ。 続きを読む