ジオコーディング(用語)

情報に対し関連する地理座標を付加すること、これに関する技術やソフトウェアのこと。

  • Geoloniaがオリジナルの地図を作成できる「Geolonia Maps」正式版を開始、1000アクセスまで無料・10万アクセスまで3万円

    Geoloniaがオリジナルの地図を作成できる「Geolonia Maps」正式版を開始、1000アクセスまで無料・10万アクセスまで3万円

    Geolonia(ジオロニア)は8月5日、地図作成サービス「Geolonia Maps」の正式提供開始を発表した。従来のベータ版からのアップデートを行っており、デザインやインターフェイスの見直しを行い利便性を向上、正式リリースに伴う有料課金機能を新たに搭載した。ユーザーが持つ住所データをアップロードして地図を作成する機能も近日中に提供予定。利用料金は、1000アクセスまでは無料、10万アクセスまでは3万円。 続きを読む

  • オープンソース版の登場に対してWhat3Wordsがセキュリティ研究者に法的警告を送付

    オープンソース版の登場に対してWhat3Wordsがセキュリティ研究者に法的警告を送付

    デジタル・アドレス・システムのWhat3Wordsを開発するる英国企業がセキュリティの研究者に法的警告を送り、オープンソースのソフトウェアの共有を他の研究者たちに持ちかけたことは著作権を侵犯していると主張している。 続きを読む

  • 表記揺れの影響を受けず不動産物件を特定できる「不動産共通ID」ベータ版が4月公開、APIとして提供

    表記揺れの影響を受けず不動産物件を特定できる「不動産共通ID」ベータ版が4月公開、APIとして提供

    Geolonia(ジオロニア)と不動産テック協会は3月15日、国内の土地や建物等の不動産情報に対して付与する共通ID(不動産共通ID)ベータ版を4月15日に提供すると発表した。不動産共通IDはAPIとして提供、無料で利用が可能。また、正式サービス時には正規化された住所や物件名を逆引き取得できる有料プランを提供予定。また本日3月15日より事前利用登録の受付を開始する。 続きを読む

  • Here Technologiesの車載APIにwhat3wordsのシンプルなアドレスシステムが統合

    Here Technologiesの車載APIにwhat3wordsのシンプルなアドレスシステムが統合

    ジオコーディングのスタートアップであるwhat3wordsは、世界を一辺が3mの正方形に分割し、それぞれにユニークな3つの単語ラベルつけて、位置情報の共有を簡単にしている。同社はこのほど、歴史的に自動車業界と縁の深いマッピング企業であるHere Technologiesとの提携により、新たに車載用の統合機能を獲得した。 続きを読む

  • Geoloniaと不動産テック協会が日本全国の住所マスターデータをオープンデータとして公開

    Geoloniaと不動産テック協会が日本全国の住所マスターデータをオープンデータとして公開

    Geolonia(ジオロニア)と不動産テック協会は8月5日、日本全国の住所マスターデータを誰でも無料で利用できるオープンデータとして公開した。不動産テック協会は、同データを不動産ID整備に向けて活用するという。 続きを読む