Georgia Tech

  • 次にロボットがやることは何か?ジャズマリンバの演奏だ

    あなたが、ギャラのいい、デブで、態度のでかいジャズマリンバの演奏者なら、Shimonにご用心。この、マリンバを弾くロボットが、あなたの仕事をねらっている。Shimonはジョージア工科大学のRobotic Musicianship Groupの生まれで、私はここ数年、彼のキャリアを追っている。このビデオはAtlanta Science FestivalのときにFerst Center Presentsで撮られたもので、Shimonと、Zachary Robert Kondakのバンドが、Kondakのロックオペラの最新作からジャムしている。サックスは、… 続きを読む

  • 即答せよ! このシステムは問題に答える顔を見て人間であることを確認する

    即答せよ! このシステムは問題に答える顔を見て人間であることを確認する

    ボットとの戦いに終りはない。しかし、誰もが密かに想像しているスカイネットのようなシナリオでは終わらないことを望みたい。ちなみに、今重要なのはスパムを退治することで、組織的殺人を防ぐことではない。それでも、機会はますます賢くなり、単純な顔認識だけでは人間の識別に十分ではないこともある。今や機械は顔を作ることもできる —— しかし、質問に答えるときの顔を作るのは不得意のようだ。 続きを読む

  • 「足もと」の新技術で、より人間らしく歩くロボットを開発 ― ジョージア工科大

    「足もと」の新技術で、より人間らしく歩くロボットを開発 ― ジョージア工科大

    ロボットを、人間と同じように歩かせるというのは非常に難しいことだった。しかしジョージア工科大学が道を切り拓いたのかもしれない。AMBER Labに持ち込まれたDURUSというヒューマノイド(正確には4分の3ヒューマノイドだろうか)が、まさに人間のような歩みを見せてくれるのだ。 続きを読む

  • 007も欲しがる? トンボそっくりに宙を舞うDragonflyロボット、99ドルで世界に販売を計画

    007も欲しがる? トンボそっくりに宙を舞うDragonflyロボット、99ドルで世界に販売を計画

    ジョージア工科大学の研究グループが創立したスタートアップ、TechJetがロボットのトンボを開発した。本物のトンボのように空中を自由に飛行し、ホバリングもできる。 アメリカ空軍からの100万ドルの補助金を得て一般消費者向けモデルが数種類開発されている。現在Indiegogoのプロジェクトの一つとして、99ドルのベーシック・モデル、179ドルのアップグレード・モデル、399ドルのエリート・モデルの予約販売を行なっている。なおエリート・モデルの通常小売希望価格は1500ドルを予定している。 Dr. Jayant Ratti、Emanuel Jone… 続きを読む