ドイツ(国・地域)

ドイツに関連する記事一覧

  • ドイツ拠点のEverphoneが約42億円調達、リモートワーク流行の中で社用スマホなどの貸与・修理・交換をまとめてサービス化

    ドイツ拠点のEverphoneが約42億円調達、リモートワーク流行の中で社用スマホなどの貸与・修理・交換をまとめてサービス化

    新型コロナウイルスのパンデミックによって引き起こされたリモートワークブームによって、関心を集めている最新のスタートアップの1つが、ドイツ・ベルリンを拠点とするEverphoneだ。ッケージを販売している。 続きを読む

  • ベルリン拠点の新たな生産性向上アプリを開発するAmie、有名欧州VCのCreandumが支援

    ベルリン拠点の新たな生産性向上アプリを開発するAmie、有名欧州VCのCreandumが支援

    フィンテックのスタートアップのN26でプロダクトマネージャーを務めていたDennis Müller(デニス・ミュラー)氏が手がける新しい生産性向上アプリの「Amie」が、プレシードで130万ドル(約1億4000万円)を調達し、製品開発と人材の雇用に弾みをつける。 続きを読む

  • 「ITアーキテクチャ向けGoogleマップ」開発のSaaS企業LeanIXが86億円を調達

    「ITアーキテクチャ向けGoogleマップ」開発のSaaS企業LeanIXが86億円を調達

    ドイツのボンを拠点とするエンタープライズアーキテクチャソフトウェア企業のLeanIXが、シリーズDで8000万ドル(約86億円)の資金を調達した。 続きを読む

  • Festoの生体模倣ロボット最新作は人工羽毛で飛ぶ鳥と自律移動アーム

    Festoの生体模倣ロボット最新作は人工羽毛で飛ぶ鳥と自律移動アーム

    ドイツのFestoというロボティック会社は、プロトタイプロボットでカンガルーやクラゲなどの生物をつくっているだけだと思っているかもしれない。実は本格的な産業ロボットも作っているのたが、彼らのバイオメトリクス経験には驚嘆せざるをえない。 続きを読む

  • 外骨格スーツのGerman Bionicが最新パワードスーツを8.4万円からのサブスクで提供開始

    外骨格スーツのGerman Bionicが最新パワードスーツを8.4万円からのサブスクで提供開始

    German Bionicは7月1日、最新世代スマート・パワードスーツとして、カーボンファイバー・フレーム採用の第4世代Cray Xを発表した。RaaS(Robot as a Service)として複数の価格プランとサービスレベルを設定しており、月額8万4000円からのサブスクリプションモデルによる導入が可能。 続きを読む

  • ポータブルで超低コストなMRIシステムを開発するベルリン発のDeepSpinがシード資金を調達

    ポータブルで超低コストなMRIシステムを開発するベルリン発のDeepSpinがシード資金を調達

    「次世代AI搭載MRIイメージングマシン」と自らが呼ぶシステムを開発するベルリンを拠点とするスタートアップのDeepSpin(ディープスピン)が、シード資金として60万ユーロ(約7300万円)を調達した。 続きを読む

  • SuseがCloud FoundryベースのCloud Application Platform v2をリリース

    SuseがCloud FoundryベースのCloud Application Platform v2をリリース

    ドイツの有名なオープンソース企業Suseは、数え切れないほど何度もオーナー企業が変わったが、2019年に再度独立企業になった。同社は、オープンソースのPaaSプロジェクトCloud Foundryの長年の擁護者で、SuseというとLinuxのディストリビューションと思う人も多い思われるが、 続きを読む

  • 注文したポルシェ911の納車までを最新アプリで追跡可能に

    注文したポルシェ911の納車までを最新アプリで追跡可能に

    ポルシェは、顧客の細かな要求に応えるため、デジタルサービスの充実に多くのリソースを投入している。子会社のPorsche Digitalによる最新の成果として、ポルシェ911を注文した米国の顧客に、生産拠点からディーラーまでの輸送状況を追跡できるアプリを提供する。 続きを読む

  • フォルクスワーゲンが全電動ID.3ハッチバックを6月に販売開始

    フォルクスワーゲンが全電動ID.3ハッチバックを6月に販売開始

    フォルクスワーゲンは、全電動ハッチバックID.3の正式版、ID.3 1stを2020年6月から一般顧客向けに販売する計画だ。まずは予約分から正式注文を受け付ける。予約した顧客は6月17日以降に、車の注文ができるようになる。ID.3は自体はヨーロッパでのみの販売となる。 続きを読む

  • ドイツ航空宇宙センターが3Dプリントのリソースを医療機器生産に転換

    ドイツ航空宇宙センターが3Dプリントのリソースを医療機器生産に転換

    ドイツ版NASAに相当するDLR(ドイツ航空宇宙センター)は、COVID-19の治療で使用される、最前線の医療従事者が使用する個人用保護具(PPE)の世界的な不足をサポートする。DLRは通常、航空宇宙グレードの部品生産に使用されるオンサイトの3Dプリンターを、保護マスクや人工呼吸器を含む、医療機器の生産に転換する試験に成功したと発表した。 続きを読む

  • 社員向けメッセージングアプリで急成長を狙うドイツのFlipが4.3億円を調達

    社員向けメッセージングアプリで急成長を狙うドイツのFlipが4.3億円を調達

    ドイツのシュツットガルトを拠点とする社員向けメッセージングアプリのFlipは、2018年の創業ながらポルシェなどの有名企業をクライアントとしてすでに獲得している。 続きを読む

  • ドイツでトラックに代わるドローンによる社内輸送の試行を実施

    ドイツでトラックに代わるドローンによる社内輸送の試行を実施

    ドローンのスタートアップであるWingcopterは、提携先のMerck(メルク)およびフランクフルト応用科学大学と共同で、新しいドローン輸送サービスの運用テストを完了した。 続きを読む

  • プログラマブルな猫ロボ「Meet MarsCat」は飼い主と一緒に成長・進化する

    プログラマブルな猫ロボ「Meet MarsCat」は飼い主と一緒に成長・進化する

    CES 2020で、製品の見せ方の完成度が高かったジャンルといえば断然、消費者向けロボットだ。そして中でもいちばん可愛らしいのが、工業用ロボットのElephant Roboticsが出展したロボペットMarsCatだろう。 続きを読む

  • Uberの配車ビジネスがドイツで禁止処分に

    Uberの配車ビジネスがドイツで禁止処分に

    Uberに対する法的な打撃が、またヨーロッパで発動された。ドイツ・フランクフルトの地方裁判所は、Uberがアプリでレンタカー会社に配車リクエストを送信することを禁止したのだ。この決定は、ドイツのタクシー協会による提訴を受けてのものとなる。 続きを読む

  • 米国がドイツに通告「5Gでファーウェイ機器採用なら情報共有を制限」

    米国がドイツに通告「5Gでファーウェイ機器採用なら情報共有を制限」

    数日前にドイツの情報セキュリティ担当官庁は5Gモバイル・ネットワーク構築に必要なセキュリティ要件を発表したが、入札からファーウェイを排除する明示的条項は含まれていなかった。 続きを読む

  • Facebookの利用はヘイトクライムの増加を招く?

    Facebookの利用はヘイトクライムの増加を招く?

    ドイツにおける、難民および移民に対する犯罪行為についての調査が行われた。この調査によると、暴力行為の件数は、Facebookの利用率と密接なつながりがあるとのこと。単発的なヘイトスピーチや過激思想の表明が行われる場合と比較して、Facebook上での反難民投稿が、具体的なヘイトクライムにつながっていく確率が高いのだそうだ。 続きを読む

  • この賢いケースは落としたときに開いてスマホを守る

    この賢いケースは落としたときに開いてスマホを守る

    携帯電話を落としたその瞬間、すべてが止まる。心臓の鼓動が聞こえ、周囲の雑音が消え、あらゆる認知作用が停止して、700ドルの電子機器がコンクリートに向かって旋回していく様子ががスローモーションのように映る。どうやって着地するのか? 今回はラッキーか? それとももうおしまい? しかし、このケースに入れておけば、ツノが飛び出し、のんきにバウンドしながら着地するところが見られる。 続きを読む

  • ドイツが子ども用スマートウォッチを禁止、盗聴などハッキングの餌食になることを懸念

    ドイツが子ども用スマートウォッチを禁止、盗聴などハッキングの餌食になることを懸念

    ドイツの連邦ネットワーク庁(Federal Network Agency, FNA, Bundesnetzagentur)が今週、子ども用のスマートウォッチを全面的に禁ずる禁令を発布した。さらに、そのようなデバイスをすでに買い与えていた親は、それを破壊しなければならない。この強権的な動きは、未成年をねらったデバイスをめぐるプライバシーの懸念が高まっていることに対する、政府としての対応だ。 続きを読む

  • Airbnbのようにオフィスをレンタル―、ドイツのOptionspaceが正式ローンチ

    Airbnbのようにオフィスをレンタル―、ドイツのOptionspaceが正式ローンチ

    ベルリン発のスタートアップOptionspaceが、”オフィススペースのAirbnb”といった感じのサービスと共に、本日正式にローンチした。 具体的なサービス内容として、オフィス用の物件を探している企業(ここにはもちろんスタートアップも含まれる)は、Optionspaceのサイトを使うことで、最短1ヶ月から家具付き/家具なしのオフィススペースを借りることができる。 既にベルリン、ミュンヘン、ハンブルグ、フランクフルトの4都市でサービスを開始しているOptionspaceだが、「今後数週間のうちに」他のドイツの都市に… 続きを読む

  • オフィス管理代行サービスのService Partner Oneが1000万ドルを調達

    オフィス管理代行サービスのService Partner Oneが1000万ドルを調達

    全くデジタル化されていない時代遅れの産業が未だに残っていることは驚きではない。スタートアップがまだまだオンラインの利便性を物やサービス提供にもたらす機会を開拓していることにも驚きはない。 ベルリンに本社を置くService Partner Oneの場合は、Webサイト、iPad、iPadアプリケーションを経由してオンライン上で様々なオフイス管理サービスの予約・管理するサービスを提供している。EQT Venturesが率い、Earlybird、Target Global、Rheingau Founders、Ringier Digital Venture… 続きを読む