ゴーストキッチン / クラウドキッチン / ダークキッチン(用語)

デリバリーやピックアップメニュー専用の厨房。

  • マイクロモビリティHelbizがSPACと合併しゴーストキッチン事業へ参入

    マイクロモビリティHelbizがSPACと合併しゴーストキッチン事業へ参入

    欧州と米国で事業展開するマイクロモビリティスタートアップのHelbizが、公開企業となるために特別買収目的会社(SPAC)と合併する。公開することで同社はマイクロモビリティ分野における自社よりも小さい企業との競合に打ち勝つための軍資金、そしてフードデリバリーへの業務拡大の一環として「クラウド」あるいは「ゴースト」キッチンと呼ばれるものに参入するためのリソースを得る。 続きを読む

  • 料理人が飲食店の空き時間にオリジナルお弁当を販売できる「smallkitchens」が資金調達

    料理人が飲食店の空き時間にオリジナルお弁当を販売できる「smallkitchens」が資金調達

    料理人と飲食店のマッチングプラットフォーム「smallkitchens」(スモールキッチンズ)を運営するGifukuru(ギフクル)は1月26日、個人投資家複数名からエンジェルラウンドの資金調達を終えたと発表した。 続きを読む

  • クラウドキッチンで次世代のレストランフランチャイズを作る台湾のJustKitchen

    クラウドキッチンで次世代のレストランフランチャイズを作る台湾のJustKitchen

    JustKitchenはクラウドキッチンを運営している。しかし同社は配達用の料理にのための調理施設を提供する以上のことをしている。同社は音楽や番組の代わりにレシピやブランディングで食をコンテンツとしてとらえており、食品フランチャイズの次の再実行を創造したいと考えている。 続きを読む

  • クラウドキッチンプラットフォーム「cookpy」がプレシリーズAラウンドで資金調達

    クラウドキッチンプラットフォーム「cookpy」がプレシリーズAラウンドで資金調達

    デリバリーメニューを提供したいレストランと既存飲食店のキッチンをつなぐクラウドキッチンプラットフォーム「cookpy」(ククピー)を提供するcookpyは11月18日、プレシリーズAラウンドにおいて、第三者割当増資として資金調達を実施したと発表した。引受先は食の未来ファンド(kemuri ventures)、コロプラネクスト、既存株主であるYJキャピタル、East Ventures。 続きを読む

  • ゴーストキッチンの動きを探るソフトバンク・ビジョン・ファンド2がOrdermarkに約125億円を投入

    ゴーストキッチンの動きを探るソフトバンク・ビジョン・ファンド2がOrdermarkに約125億円を投入

    「私たちは分散型のゴーストキッチンを構築します」という一文には、無数の投資家を呼び寄せるものがある。Ordermarkを支える最高経営責任者アレックス・キャンター氏も、そこをよくわかっていた。29歳のこのCEOは、実際に分散型ゴーストキッチンを作った。そして、ソフトバンクの最新のビジョン・ファンドの説得に成功し、1億2000万ドル(約125億円)の投資を調達したことを米国時間10月27日に発表した。 続きを読む

  • 米最大級のスーパーチェーンKrogerがブームに乗り中西部でゴーストキッチンとデリバリーを実験

    米最大級のスーパーチェーンKrogerがブームに乗り中西部でゴーストキッチンとデリバリーを実験

    米中西部最大の食料品チェーンの1つであるThe Kroger Co.は、インディアナポリスのスタートアップClusterTruckとのパートナーシップを通じて、オンデマンド配送とゴーストキッチンのブームに乗ろうとしている。 続きを読む

  • インドネシア拠点のクラウドキッチンスタートアップYummyがソフトバンク・ベンチャーズ・アジア主導で12.6億円調達

    インドネシア拠点のクラウドキッチンスタートアップYummyがソフトバンク・ベンチャーズ・アジア主導で12.6億円調達

    インドネシア拠点のYummy Corporationは9月24日、SoftBank Ventures Asia(ソフトバンク・ベンチャーズ・アジア)が主導するシリーズBの資金調達で1200万ドル(約12億6500万円)を調達した。同社は、インドネシア最大のクラウドキッチン管理会社をうたうスタートアップ。 続きを読む

  • 稼働率の低い商業キッチンスペースをAI活用でデリバリー向けに転換するKboxが約16億円を調達

    稼働率の低い商業キッチンスペースをAI活用でデリバリー向けに転換するKboxが約16億円を調達

    英国のスタートアップであるKbox Globaは、使用されていない業務用キッチンスペースをテイクアウト用のデリバリーハブ転換して収益化する事業を進めている。同社は今回、Balderton Capitalが主導する新しい資金調達ラウンドで1200万ポンド(約16億円)を調達した。 続きを読む

  • “副業型クラウドキッチン”で飲食店のキッチン稼働率を上げる「クラウドフランチャイズ 」が資金調達

    “副業型クラウドキッチン”で飲食店のキッチン稼働率を上げる「クラウドフランチャイズ 」が資金調達

    飲食店のアイドルタイムと人気のフードデリバリーブランドを繋ぐ「クラウドフランチャイズ」事業を展開するCLOUD FRANCHISEは2月26日、THE SEED、野口圭登氏、西尾健太郎氏を引受先とした資金調達を実施したことを明らかにした。具体的な金額は非公開だが、数千万円規模の調達になるという。 続きを読む

  • クラウドキッチンの大きな流れの中に見える大きな危機

    クラウドキッチンの大きな流れの中に見える大きな危機

    個人経営のレストランは廃業に追い込まれる。もしかしたら食料品店も。これは、勢いを増す新しい大きなトレンドを間近に見てきた人たちが、口を揃えて訴え始めている話の要点だ。 続きを読む

  • 有機無農薬にこだわったシンガポールのフードデリバリースタートアップが約11億円を調達

    有機無農薬にこだわったシンガポールのフードデリバリースタートアップが約11億円を調達

    クラウドキッチンはフードデリバリーの重要分野だ、元Uber CEOのトラビス・カラニック氏が新たなビジネスでその分野に参入している、それはアジア、特に東南アジアに重点を置くものだ。そうした中で、新参者にもかかわらず、よりしっかりとしたシンガポール発のスタートアップが、地域拡大を目指して巨額の資金を調達した。 続きを読む

  • ヨーロッパの「クラウドキッチン」のスタートアップ、Keatzが約15億円を追加調達

    クラウドキッチンと呼ばれる配達専門レストランの1つで、ベルリンを本拠地とするKeatzが1,200万ユーロ(約15億円)を追加調達した。 続きを読む