GM

  • GMとHondaが2024年発売の電気自動車2モデルを共同開発

    GMとHondaが2024年発売の電気自動車2モデルを共同開発

    GMとHondaが2024年発売予定の2種類の電気自動車を共同開発する。これは両社の既存のパートナーシップをさらに深めたものとなる。 続きを読む

  • GMが新型コロナで需給逼迫するマスクを1日5万枚生産へ

    GMが新型コロナで需給逼迫するマスクを1日5万枚生産へ

    GM(ゼネラル・モーターズ)は31日、需給が逼迫している医療用フェイスマスクの生産についての詳細を発表した。同社のプレスリリースによると、実際にマスク生産にこぎつけるまでに7日もかからない。同社は3月31日の発表で、4月8日にマスク2万枚の納入を予定し、その後生産ラインが本格稼働すれば1日に5万枚生産できることを明らかにしている。 続きを読む

  • GMとVentec Life Systemsが新型コロナ拡大で人工呼吸器製造で提携

    GMとVentec Life Systemsが新型コロナ拡大で人工呼吸器製造で提携

    GMは20日、人工呼吸器など呼吸関連製品の増産をサポートするためにVentec Life Systemsと共に取り組んでいると述べた。米国中で新型コロナウイルス(COVID-19)感染が拡大していて、呼吸関連の医療機器は多くの病院で必要とされている。 続きを読む

  • GMが電気自動車戦略のコアとなるモジュラー式アーキテクチャー「Ultium」を公開

    GMが電気自動車戦略のコアとなるモジュラー式アーキテクチャー「Ultium」を公開

    GMは米国時間3月4日、新しい電気自動車用アーキテクチャーを公開した。これは、GMの将来のEV計画の基盤となるもので、コンパクトカーから業務用トラック、大型の高級SUV、高性能車、さらにこの夏に発売が予定されている新型Bolt EUV Clossover(ボルトEUVクロスオーバー)に至る、同社の車種に幅広く採用される。 続きを読む

  • Hummerが1000馬力の電気自動車 「スーパートラック」 として復活

    Hummerが1000馬力の電気自動車 「スーパートラック」 として復活

    GM(ゼネラル・モーターズ)は、Hummer(ハマー)を新たに電気自動車の形で復活させようとしている。同社は米国時間1月30日に、1000馬力で時速0マイルから60マイル(0〜97km/h)まで3秒で加速できる、完全電動のHummerを生産する計画を認めた。 続きを読む

  • GMがハンズフリー運転支援システムのSuper Cruiseに車線変更機能を追加

    GMがハンズフリー運転支援システムのSuper Cruiseに車線変更機能を追加

    GMは同社のハンズフリー・ドライバーアシスタントシステムであるSuper Cruiseを改良して、自動的にレーンを変える機能を加えた。最初の実装は、2021年発売予定の高級SUVの一部モデルで行われる。この強化バージョンでは、ステアリングとスピードコントロールが改良され、市場で最も優れているといわれているTeslaのドライバーアシスタンスシステムと再び競合できるレベルになる。 続きを読む

  • GMがミシガンでの電動・自動運転車両生産に約3270億円投資

    GMがミシガンでの電動・自動運転車両生産に約3270億円投資

    ゼネラル・モーターズ(GM)は1月27日、全電動トラックとSUV、そして子会社のCruiseが発表した自動運転車両の生産に向け、デトロイトとミシガン州ハムトラミックにまたがる組立工場に22億ドル(約2400億円)を投資すると発表した。サプライヤーの設備や新電動トラック発売に関連する他のプロジェクトにも8億ドル(約870億円)を投じる。 続きを読む

  • GM傘下の自動運転車メーカーのCruiseがハードウェア部門を強化

    GM傘下の自動運転車メーカーのCruiseがハードウェア部門を強化

    GM傘下で、ホンダやソフトバンク・ビジョンファンドなどの支援を受ける自動運転車メーカーCruiseは、ハードウェアエンジニアを大量に雇用し、独自のソフトウェア技術とハードウェア技術の統合を進めている。 続きを読む

  • GMがHummerブランドのフル電動ピックアップトラックをリリースか

    GMがHummerブランドのフル電動ピックアップトラックをリリースか

    GMが、Hummerブランドを復活させるかもしれない。The Wall Street Journalの報道によれば、フル電動化したHummerのピックアップトラックがGMCブランド下で発売され、プロバスケットボール選手のレブロン・ジェームズ氏がその販促に一役買うという。 続きを読む

  • トヨタとGM、Nvidia、ボッシュらが新たな自動運転技術コンソーシアムを結成

    トヨタとGM、Nvidia、ボッシュらが新たな自動運転技術コンソーシアムを結成

    我々はまだ自動運転におけるコラボレーションの段階で、消費者が日常的に利用できるようになるのはかなり先のことだ。つまり、米国時間10月9日に発表された新しい「オートノマス・ビークル・コンピューティング・コンソーシアム(AVCC)」のような団体が形成される機会はたくさんある。AVCCにはARM、Bosch(ボッシュ)、Continental(コンティネンタル)、GM、トヨタ、Nvidia、NXP、デンソーが含まれ、今日の自動車業界をリードするチップメーカーや一流サプライヤー、自動車メーカーが集まった。 続きを読む

  • 自動車工場労働者のストライキでGMの損失が1000億円突破

    自動車工場労働者のストライキでGMの損失が1000億円突破

    ゼネラルモーターズ(GM)の工場労働者によるストライキは3週目に突入し、同社の第3四半期決算に10億ドル(1077億円)以上の損失を与えている。 続きを読む

  • クリスマスイブにシボレーのオーナーは車内でサンタを追跡できる

    クリスマスイブにシボレーのオーナーは車内でサンタを追跡できる

    北米航空防衛司令部(NORAD)は60年以上にわたってクリスマスイブに世界中でサンタクロースの進行状況を追跡している。 政府の閉鎖さえもNORADの年に一度のミッション完了を妨げることはない。 続きを読む

  • 新しいビーストはキャデラックCT6――2018年版大統領専用車がニューヨークに現れた

    新しいビーストはキャデラックCT6――2018年版大統領専用車がニューヨークに現れた

    大統領専用車の最新モデルがニューヨークの公道上で目撃された。その重装備から「ビースト」と呼ばれる大統領リムジンは、今回もキャデラックがベースだった。同型リムジン2台が作成されて車列に入り、大統領のセキュリティをさらに高める。 続きを読む

  • GMは自動運転試験車両を米国全土に数百台単位で展開する予定

    GMは自動運転試験車両を米国全土に数百台単位で展開する予定

    IEEE Spectrumに掲載された記事によれば、GMはどこよりも大規模な車両群を投入することで、自動運転の世界における競合相手を一気に突き放そうとしている。その数はおよそ300台だ。 FCCへの申請に関する粘り強い調査の結果、1台の車両あたりに10個搭載される車載レーダーユニットの展開に関する、3000個分のFCC向け申請があることが発覚した。その後間もなく、GMは同じ型のレーダーを展開する要求書を提出した。数に関する公表は拒否している。そしてその後、ボッシュが異なるタイプのレーダーユニット650個を最大162台の車両に搭載してテスト… 続きを読む

  • GM、Bolt EVがサンフランシスコを自動運転で自由に走るビデオを公開

    GM、Bolt EVがサンフランシスコを自動運転で自由に走るビデオを公開

    GMの子会社、Cruise Automationが自動運転車の新しいテスト走行の模様を公開した。実際の走行を記録したビデオなので無味乾燥な数字を並べたレポートよりずっと説得力がある。もちろんGMがCruiseの自動運転車が混雑した道路を実際に走るところをユーザーに見せたい理由もそこだろう。この2回目(エピソード2)となるビデオにはCruiseが開発したソフトウェアでBolt EVがサンフランシスコのダウンタウン、ドロレスパーク地区を走る様子が記録されている。 続きを読む

  • ホンダとGM、ミシガン州で水素燃料電池の大量生産へ―「燃料電池の時代が来た」

    ホンダとGM、ミシガン州で水素燃料電池の大量生産へ―「燃料電池の時代が来た」

    今日(米国時間1/30)、日本のホンダとアメリカのGMは、水素燃料電池を大規模に生産する新しいプロジェクトに向けた提携を発表した。2020年までに生産を開始するために両社は合計8500万ドルを投資する。負担額は50%ずつになるとみられる。水素燃料電池セルはホンダとGMの今後の製品に採用される。</p 続きを読む

  • GMは500 Startupsと手を組み、アーリステージの投資機会を模索する

    GMは500 Startupsと手を組み、アーリステージの投資機会を模索する

    過去数年間、GMは大規模な買収や出資を行ってきた。今年には自動運転車のCruiseを買収し、Uberの最大のライバルであるLyftには5億ドルを出資している。CTOのJon Lauckerner氏によれば、GMは新しい自動車体験を提供する分野にどのように入り込むべきか模索している最中だという。 続きを読む