Gogoro

  • 台湾の電気スクーターメーカーGogoroが軽量電動スクーターの新モデルを発売

    台湾の電気スクーターメーカーGogoroが軽量電動スクーターの新モデルを発売

    台湾の電気スクーターメーカーGogoroは、軽量スクーターの新モデル、Vivaを発表した。交換可能なバッテリー1つで85kmを走行できる。台湾では、政府の助成金のおかげで、実質的な販売価格は約9万円となり、電動自転車と大して変わらない。 続きを読む

  • Gogoroが企業向け電動スクーターを韓国でローンチ

    Gogoroが企業向け電動スクーターを韓国でローンチ

    電動スクーターとモビリティプラットフォームを開発している台湾Gogoroは、米国時間8月27日にB2Bに焦点をあわせた電動スクーターを韓国に導入するため、バイクメーカーのTIC Corporationとの提携を発表した。 続きを読む

  • ヤマハが台湾の電動バイクメーカーのパートナーに、交換バッテリー採用のスクーターを発売へ

    ヤマハが台湾の電動バイクメーカーのパートナーに、交換バッテリー採用のスクーターを発売へ

    台湾の電動バイクメーカーのGogoroが、最初の製造パートナーを発表した。ヤマハとAeon Motor、PGOは今夏に、Gogoroの交換可能バッテリーと充電インフラを利用する新型スクーターを発売する。 続きを読む

  • スマートスクーターの台湾GogoroがシェアリングプラットフォームGoShareを発表

    スマートスクーターの台湾GogoroがシェアリングプラットフォームGoShareを発表

    2011年創業のGogoroは、拠点を置く台湾で最も売れている電動スクーターのメーカーだ。しかしGogoroはこれまで常に自らをエンド・ツー・エンドのプラットフォームデベロッパーだとみなしてきた。 続きを読む

  • CES:Gogoroはバッテリーレンタルの電気スクーター・システム―調達資金は1億5000万ドル

    CES:Gogoroはバッテリーレンタルの電気スクーター・システム―調達資金は1億5000万ドル

    2011年にGogoroは5000万ドルを調達した。3年後にさらに1億ドルを調達。しかし誰もGogoroが何をしている会社か分からなかった。 今日までは。 これほど長い間秘密をほぼ完全に守り通すことができたとは驚くべきことだ。そして今朝、CESで正式発表があった。実はわれわれは数週間前に取材を許されていた。 一言で要約すれば、GogoroはSmartscooterと呼ばれる電動スクーターとユニークなバッテリーレンタル・インフラを開発していた。 続きを読む