Google Analytics

  • Google Analyticsに音声(+自然言語)で質問できるようになる…まず英語から

    Google Analyticsに音声(+自然言語)で質問できるようになる…まず英語から

    自分のWebサイトやアプリの利用状況を知りたくなったら、これからはGoogle Analyticsに直接尋ねることができる。 “先週はモバイルとデスクトップでどれだけトラフィックが違ったかな?”とか、“昨日の新規ユーザーは何名だっただろう?”、“先週はどこの国の人がいちばん多かったか?”、などなどを知りたくなったら、これまでのようにAnalyticsのダッシュボードを開いてチャートを操作しなくてもよい。 単純に、クェリをタイプしたり、大きな声で言うだけでよいのだ。… 続きを読む

  • Statsbotは、Slackにビジネスデータを取り込む際に役立つチャットボットだ

    Statsbotは、Slackにビジネスデータを取り込む際に役立つチャットボットだ

    Statsbotは、企業にデータ見るための新しい方法を提供する。それもSlackのチャットルームの中で。 共同創業兼CEOのArtyom Keydunovによれば、この製品は彼がリモートエンジニアリングチームのリーダーをやっていた際に着想を得たということだ。そのとき「Google AnalyticsやMixpanelのデータを、共同作業の場所 ― Slack ― へ引き込めれば良いだろう」と思いついたのだ(StatsbotはSalesforceのデータも引き込むことができる)。 続きを読む

  • Google Analyticsは無味乾燥なデータだけでなく、有意義なインサイトも自動生成する

    Google Analyticsは無味乾燥なデータだけでなく、有意義なインサイトも自動生成する

    GoogleはGoogle Analyticsをアップデートして、そのデータの中にユーザーが、重要なトレンドを見つけやすいようにした。 この変化はiOSとAndroid用のGoogle Analyticsアプリではすでに実装されていて、ユーザーはAssistant画面で、自動的に生成されたインサイトを見ることができる。 たとえばあなたのWebサイトやアプリのユーザー数が急に増えたら、Google Analyticsはそれを高輝度表示し、その新しいユーザーの特性(どこから来たかなど)を教える。ユーザーがeコマースの企業なら、売上がいちばん増えた製… 続きを読む

  • GoogleがPlay Gamesのプレーヤー分析機能をアップデート、iOSサポートを改良、より詳細なユーザ実態報告

    GoogleがPlay Gamesのプレーヤー分析機能をアップデート、iOSサポートを改良、より詳細なユーザ実態報告

    数か月前Googleは、Play Gamesのプレーヤー分析機能(Player Analytics)をローンチして、ゲームデベロッパが、自分のゲームをプレイしているユーザの実態を、もっとよく把握できるようにした。 今日(米国時間9/9)同社はこのサービスをアップデートして、ゲームプレイの最初の2分間のユーザの状況レポートや、デベロッパがユーザの状態に合わせてゲームの流れを変えられるために分析機能のAPIを公開、iOSのサポートを改良、などの新機軸を導入した。 続きを読む

  • Google Analyticsにボットネットやクローラーからのトラフィックを除外する新機能

    Google Analyticsにボットネットやクローラーからのトラフィックを除外する新機能

    今日(米国時間7/30)、Google Analyticsに小さいが重要なアップデートがあった。ボットネットや検索クローラーからのトラフィックを簡単に除外できる機能がついに付け加えられた。この種のトラフィックがGoogle Analyticsのデータを大きく狂わせることがたびたびあった。 続きを読む

  • Google AnalyticsがIE8のサポートを年内で終了

    Google AnalyticsがIE8のサポートを年内で終了

    Internet Explorer 8がローンチしたのは2009年だが、今ではそれはあらゆる点で現代的なブラウザではなく、徐々に第二のInternet Explorer 6になりつつある。Google AppsはIE8のサポートを昨年停止したが、今日(米国時間9/16)の発表ではGoogle AnalyticsもIE8のサポートを本年限りとする。 続きを読む

  • GoogleのContent Experiments APIを使えば多様なロジックでA/Bテストを展開できる

    GoogleのContent Experiments APIを使えば多様なロジックでA/Bテストを展開できる

    Googleが今日(米国時間6/4)、デベロッパのためのWebサイトテスト(実験)〜最適化ツールContent Experiments APIをローンチした。このAPI集合の背後にあるのはGoogle Analyticsなので、要するにAnalyticsの力を利用してさまざまな最適化努力の結果を計測できるのだ。Googleはこう説明している:“このAPIはGoogle Analyticsを本格的なA/Bテストプラットホームにするので、すべてのタイプのデベロッパがGoogle Analyticsを利用して実験を行えるようになるR… 続きを読む

  • Google Analyticsがノルウェーでもプライバシー侵犯で違法に

    Google Analyticsがノルウェーでもプライバシー侵犯で違法に

    ノルウェーのデータ保護局が、Google Analyticsは同国の新しい法律に照らして違法である、と宣言した。彼らは2008年のEU指令を例証として自らを正当化しているが、それもやはりEU高級官僚たちの無知を示すものだ…ただしノルウェーはEU加盟国ではないが。Googleは同社のその広く使われている製品を数週間以内に抜本的に変えないかぎり、ノルウェーのデベロッパには使ってもらえなくなる。 欧州議会によると、IPアドレスは個人情報なのだ。 続きを読む

  • Googleのアクセス分析・旧バージョンが削除されるので新バージョン泥縄お勉強

    Googleのアクセス分析・旧バージョンが削除されるので新バージョン泥縄お勉強

    世界中の不勉強なWebサイト制作者はきっと不安に駆られたと思うが、Googleは今日(米国時間7/17)、Google Analyticsの古いバージョンを明日削除する、と発表した。同社は昨年9月にリアルタイム分析に軸足を移した新バージョンをリリースしたが、その後今日までの1年近く、Analyticsのページのいちばん下に旧バージョンのリンクを残し、そのサポートを続けた。 まだ新バージョンに移行してなかったユーザは、どうなるのだろう。心配ご無用、はぐれ鳥さん。これからじっくりと、ご案内申し上げよう。 続きを読む

  • Googleアナリティクスにソーシャル広告キャンペーンの費用対効果を分析する強力な機能が追加される

    Googleアナリティクスにソーシャル広告キャンペーンの費用対効果を分析する強力な機能が追加される

    どのマーケティングのカンファレンスでも、いやこの分野のどの記事でも、常に「ソーシャル・マーケティングのROI〔費用対効果〕はどれほどか」という質問が出る。言い換えれば、「いいね!」やRTの価値はいったいどれほどなのか? Googleアナリティクスの新機能はまさにこの質問に答えようとする試みだ。 ソーシャル・ネットワークのトラフィックがかくも膨大になり、ソーシャル・マーケティングの重要性が無視できないものになってきた現在、Googleアナリティクスのチームがソーシャル分析機能を充実させようとするのは当然だ。しかしグループ・プロダクト・マネ… 続きを読む

  • Googleアナリティクスがリアルタイム化して大幅バージョンアップ―エンタープライズ向け有料サービスも追加

    Googleアナリティクスがリアルタイム化して大幅バージョンアップ―エンタープライズ向け有料サービスも追加

    膨大な数のウェブサイト運営者に利用されているトラフィック分析ツール、Googleアナリティクスがこのほど大幅にバージョンアップされた。Googleはアナリティクスにウェブサイトの現在の状態をモニタするリアルタイム・ダッシュボードを追加した。 これは大進歩だ。これでアナリティクスはChartbeatその他、有力なトラフィック分析ツールと並んでリアルタイム機能を備えた。ユーザーは自分のサイトに現在何人の訪問者が来ているか、この数分でどの記事にどれだけのページビューがあったかなどを知ることができる。今日のバージョンアップ以前のGoogleアナ… 続きを読む

  • Google Analytics、いよいよリアルタイム化か? まずはBloggerにてリアルタイムアクセス解析機能を提供開始

    Google Analytics、いよいよリアルタイム化か? まずはBloggerにてリアルタイムアクセス解析機能を提供開始

    GoogleのブログパブリッシングプラットフォームであるBloggerにて、多くの人が待ち望んでいたであろう機能が実装された。アクセス情報を、ほぼリアルタイムで解析する機能が搭載されたのだ(via Louis Gray)。 この機能はBlogger Statsという名称で、プライベートモードで運用しているブログ以外で使えるようになった。draft.blogger.comにアクセスすると、新たに「Stats」というタブが表示されるようになる。 この新たなStatsページに「Now」というタブがあり、ここでどの記事が人気を集めているのか、ビジターは… 続きを読む

  • Google Analyticsの調査対象になることを拒否できるプラグインをテスト中

    Google Analyticsの調査対象になることを拒否できるプラグインをテスト中

    Googleに自分のことを知られるのが嫌な人もいる。でもGoogle Analyticsを使っているサイトに行ったら、嫌も応もない(1日にいくつかはそんなサイトを訪れるだろう)。しかしこれからは、嫌なら嫌と言えるようになる。 GoogleはGoogle Analyticsをブラウザから‘拒絶’できる方法をテストしている。Google Analyticsのブログに今日投稿された短い記事(米国時間3/18)は、こう言っている: “グローバルな…個別指定でない…ブラウザプラグインによりユーザは、自分がGoogle A… 続きを読む

  • ドイツではGoogle Analyticsの利用は個人情報の無断収集で有罪–政府は罰金刑を検討中

    ドイツではGoogle Analyticsの利用は個人情報の無断収集で有罪–政府は罰金刑を検討中

    ドイツの連邦政府と地方政府のお役人たちが、Google Analyticsの使用を規制しようとしている。Google Analyticsはご存じのようにあの検索巨人の無料サービスで、Webサイトのオーナーや掲出者がビジターの数、所在、検索行為などなどのデータを知ることができる。 今日(米国時間11/24)のZeit Onlineの記事(Googleによるお粗末な英語訳)によれば、国のデータの保護を担当している連邦政府と州政府の複数の高官が、Google Analyticsはドイツの法律に違反していると判断し、このサービスを使って、ビジターの明示… 続きを読む

  • Google AnalyticsのAPIが公開ベータへ, デスクトップからオフラインでレポートを見れるツールもあり

    Google AnalyticsのAPIが公開ベータへ, デスクトップからオフラインでレポートを見れるツールもあり

    さきほど(米国時間4/21)Googleは、Google AnalyticsのAPIの公開ベータバージョンをリリースした。それまでは、数百人のデベロッパで1年かけて非公開ベータをやっていた。 Googleは昨年10月にGoogle Analyticsの相当大規模なアップデートをやってのけたが、そのときAPIはもうじき提供すると言っていた。その‘もうじき’は実は6か月のことだった。 続きを読む

  • 大幅に機能を拡充したGoogle Analytics(AdSense関連、カスタムレポート、API、バブルチャートなど)

    大幅に機能を拡充したGoogle Analytics(AdSense関連、カスタムレポート、API、バブルチャートなど)

    ログ解析サービスのGoogle Analyticsが、より使いやすいものとなる。Googleは本日(米国時間10/22)より無料で利用することのできるGoogle Analyticsに加える新機能を順次公開していくこととなった。新機能というのはカスタムレポートの作成、サイト訪問者のセグメンテーション、GoogleAnalytics内からAdSenseの効果測定、API(開発中)、よくできているインタラクティブなバブルチャート(「モーションチャート」と名付けている)、および部分的に施されたユーザインタフェースの向上など。これらをひとつずつ見… 続きを読む

  • Kampyle、ユーザ投稿フォーム管理プラットフォームとサイト分析を統合

    Kampyle、ユーザ投稿フォーム管理プラットフォームとサイト分析を統合

    KampyleがGoogle AnalyticsおよびNuconomyに閲覧者からの投稿を管理するプラットフォームを統合し、フィードバックとウェブの分析を並列して行えるようにした。 Kampyleが5月に投稿管理プラットフォームを立ち上げてから、1,500のウェブサイトに組み込まれ、合計100,000のフィードバック投稿を受け取っている。Kampyleによると、小さなサイトでは1日平均で1-5のメッセージを受け取り、中規模では20-30、大規模氏後では50-1,000のメッセージを受け取るという。Kampyleの管理システムは、フィードバ… 続きを読む

  • Google、また一部でダウン

    Google、また一部でダウン

    今朝(米国時間2/2)はGoogleのサービスにいろいろ障害が出ているようだ。 夕べGoogle Analyticsのアカウントを見たら朝9時から新規データの更新がないことに気づいた。Analyticsの更新が遅いのは有名だが、今朝になっても全く更新がない。さらに追い討ちをかけるように、今度はGoogle FinanceとGmailにも不具合発生の情報が流れてきた。こちらもまだ直っていない。 以下のチャートは昨日のTechcrunchのGoogle Analyticsの統計だが、これなんか見るとヒット数がガクンと落ちている。 停電でGoogleの… 続きを読む