Google Lens

  • Google Lensのレストラン機能と翻訳フィルター機能が早くも実装展開

    Google Lensのレストラン機能と翻訳フィルター機能が早くも実装展開

    iOSとARCore対応のAndroidスマートフォンでGoogle Lensを使ってる人たちは今後、レストランでのオーダーや外国語のリアルタイム翻訳が便利になる。 続きを読む

  • Google I/O 2019基調講演で語られた全内容のまとめ

    Google I/O 2019基調講演で語られた全内容のまとめ

    先週末に行われたGoogle I/Oカンファレンスの2時間にわたる基調講演で、Googleは、新しいスマートフォンから次世代型の音声アシスタントなど、この1年間で開発してきたものを大量に発表した。すべてを見ている暇はない? 大丈夫。そんな人のために駆け足で紹介しよう。 続きを読む

  • 画像検索のGoogle LensがiOS上のGoogleアプリにやってきた

    画像検索のGoogle LensがiOS上のGoogleアプリにやってきた

    iOSのGoogleアプリに、ビジュアル検索のLensがやってくる。 続きを読む

  • Google、画像検索にLensを適用し、画像の広告活用を推進

    Google、画像検索にLensを適用し、画像の広告活用を推進

    oogleのアナウンスによれば、AIを活用したLens技術を画像検索で利用できるようにしたそうだ。検索したイメージ写っている物の情報を入手して、買い物の際に役立てることができるようになるとのこと。 続きを読む

  • Google Lensが画像検索にやってくる――自分が見ているのが何なのか即座に分かる

    Google Lensが画像検索にやってくる――自分が見ているのが何なのか即座に分かる

    今日(米国時間9/24)、Googleがサンフランシスコで開催した小さなプレスイベントで、検索に重要な新機能が準備されていることが判明した。近く画像検索でGoogle Lensがサポートされるという。念のため復習しておくと、現在はGoogle Lens(Googleフォトの一部、あるいは専用アプリ)をタップするとGoogleのコンピューター画像認識機能が対象画像に関連する詳しい情報を提供してくれる。 続きを読む

  • Google Lens、iOS版も公開

    Google Lens、iOS版も公開

    先週のAndroid版公開に続いて、GoogleのAIを利用した新テクノロジー、Google LensがiOSにもやってきた。この機能はGoogle PhotosのiOSアプリに内蔵されている。写っている物体、建物、ランドマークなどを認識してその場所の電話番号、住所、開店時間など様々な情報を表示する。本や美術館の絵画、植物、動物なども認識する。対象物の種類によってはアクションを起こすこともできる。 続きを読む

  • AIで視覚的に情報検索「Google Lens」が全Android端末に対応。iOS版も間もなく

    AIで視覚的に情報検索「Google Lens」が全Android端末に対応。iOS版も間もなく

    2017年5月のGoogle I/Oで発表され、その後Pixel端末でのみ利用可能となっていたGoogle Lens。それが他のAndroid端末でも使えるようになります。Google Lensはカメラで写したものをAIが認識し、それに関連する情報を検索して表示したり、文字を認識してテキストとして取り込むことができる機能。 続きを読む

  • 画像検索エンジン、Google LensがAndroidのGoogleフォトにやって来る

    画像検索エンジン、Google LensがAndroidのGoogleフォトにやって来る

    Googleのビジュアル検索エンジン、Google Lensは写真をスキャンして「何が写っているのか」を認識する。たとえば名刺をカメラで撮影するとLensは自動的に内容を認識し、連絡先に追加したりできる。このGoogle LensがAndroidのGoogleフォトのユーザーに公開された。これはGoogleにとって最初の本格的なLensの普及の試みだ。これまでLens機能は最新のPixelスマートフォンでしか使えなかった。PixelではGoogle Assistantを通じてLensが利用できたが、他の機種のAndroidユーザーはアクセス… 続きを読む

  • Googleの仮想現実プラットホームARCoreが1.0に達し、13の機種で可利用に、Lensのプレビューも対象を広げる

    Googleの仮想現実プラットホームARCoreが1.0に達し、13の機種で可利用に、Lensのプレビューも対象を広げる

    これまで実験で遊んできたGoogleの拡張現実プラットホームARCoreがいよいよ1.0のリリースとなり、全世界で1億を超えるAndroiddバイスで使えることになった。 新しいPixelスマートフォンを持ってる人は、Star WarsやStranger Thingsの世界を現実世界に重ねるGoogleのARステッカーで遊んだことがあるかもしれない。今日のARCoreのローンチでは、デベロッパーが自分の作品をPlay Storeに置くことができ、プレビューできなかったスマートフォンの持ち主もスマートフォンの拡張現実を初体験できる。 続きを読む

  • Google Lensが多機能化してPixelスマートフォンのGoogle Assistantにやってくる

    Google Lensが多機能化してPixelスマートフォンのGoogle Assistantにやってくる

    今や時間の問題だと誰もが思っていたGoogle Lens、それがついに今日(米国時間11/21)、Google Assistantの機能としてPixelスマートフォンに搭載される。そのことはすでにGoogleのハードウェアイベントで発表されていたが、今日までその日時等は不明だった。 続きを読む

  • 画像認識リアルタイム百科事典Google Lensが今年の終わりごろPixelスマートフォンで実用化

    画像認識リアルタイム百科事典Google Lensが今年の終わりごろPixelスマートフォンで実用化

    Googleが、Google Assistantに接続する画像認識アプリLensを初めてデモしたのは、5月に行われたデベロッパーカンファレンスGoogle I/Oだった。当時それは、大いに人気を博したが、そのときの発表の多くがそうであったように、リリースの日程などは明らかにされず、“近く”(soon)という言葉だけがあった。それからほぼ5か月になる。 続きを読む

  • Google I/O: Lensは「たこ焼き」の看板をリアルタイム翻訳―スマートフォンのカメラが賢くなる

    Google I/O: Lensは「たこ焼き」の看板をリアルタイム翻訳―スマートフォンのカメラが賢くなる

    今日(米国時間5/17)、Google本社に隣接するショアラインアンフィシアター野外劇場で開幕した Google I/Oデベロッパー・カンファレンスのキーノートで、CEOのスンダー・ピチャイはGoogle Lensという新しいテクノロジーを発表した。 これはGoogleのコンピューター・ビジョンと人工知能を統合し、スマートフォンのカメラからダイレクトに有益な情報を得ることができるシステムだ。Googleの説明によれば、スマートフォンのカメラは単に目に見える情報を撮影するだけでなく、写された対象を理解してユーザーが適切な行動を取るために役立つ情… 続きを読む