Google Reader

  • Google Readerはあと半日で終了―データは簡単にエクスポートできる

    Google Readerはあと半日で終了―データは簡単にエクスポートできる

    4ヶ月前に予告されたとおり、Google Readerは、今日(米国時間7/1)水平線の彼方に静かに消えようとしている。 ユーザーにとっては悲しい日だがやむを得ない。ありがたいことにGoogle Readerの代替サービスはたくさんある。 先月からGoogle Readerにはデータをバックアップするよう注意が出ていた。Googleは本当に全OMPLファイルを削除するつもりだ。今更文句を言っていても始まらない。5分あればデータのエクスポートができる。 エクスポートの方法はいくつかあるが、Google Takeoutを利用するのが圧倒的に簡単だ。この… 続きを読む

  • Google Readerの終了がいよいよ間近。しかしこれはチャンスなのかもしれない

    Google Readerの終了がいよいよ間近。しかしこれはチャンスなのかもしれない

    いよいよGoogle Readerが終了となる。悲嘆にくれる人も多いようだ。しかし個人的には悲しいことと思わないし、残念だとも思っていない。かつては大いにGoogle Readerを使ったものだった。日々、仕事のためのニュースを入手するためのツールとして大活躍だった。Interenet上の動きはReaderによって得ていた。散歩に出かけたり、あるいは寝ている間におきたことを知るのにも、Readerを活用していたのだった。テックニュースに関わるものとして、Google Readerは、確かに、欠くことのできないツールだったのだ。 続きを読む

  • Digg曰く、開発中のGoogle Reader代替ツールはRSSリーダー「以上」を目指す

    Digg曰く、開発中のGoogle Reader代替ツールはRSSリーダー「以上」を目指す

    DiggがGoogle Readerの代替プロダクトを開発中であることは既にご存知だろう。この度Diggは寄せられるコメントに応える形で、自社ブログに開発の目的などを掲載していた。その記事によると、まず4つの柱があるのだとのこと。柱とはすなわち、シンプルであること、軽快に動作すること、デバイス間で同期がとれること、そしてもちろんGoogle Readerからのインポートが簡単に行えることだ。但し、Diggとしてはこの要望を実装するReaderクローンの制作で満足するつもりはないようだ。将来的には、ソーシャルメディアやReddit、Hack… 続きを読む

  • Google Readerが呼び寄せていた閲覧者たちは、永遠に失われることになるのだろうか?

    Google Readerが呼び寄せていた閲覧者たちは、永遠に失われることになるのだろうか?

    私のTwitterストリームから判断するならば、Google Readerが停止するというニュースが、過去のどのニュースよりも盛り上がるビッグニュースとなった模様だ。言うまでもなく、Googleによる終了の判断は合理的なものだ。利用者は「膨大な数」というわけにはいかず、また徐々に減少してきていた。Googleは「資源の最適分配」(More wood, fewer arrows)を目指しているのだ。 但し、Googleが合理的に判断した結果であるとは言っても、それが故に間違いではあり得ないと結論付けるわけにもいかない。 続きを読む

  • また一歩消滅へ:Google、トップメニューからReaderのリンクを削除中

    また一歩消滅へ:Google、トップメニューからReaderのリンクを削除中

    Googleは7月1日にGoogle Readerを閉鎖するが、相当数の人々がこれに不満を持っていると言っても言い過ぎではない。今日(米国時間3/20)Googleは、ほぼすべての中核サービスで上端を飾っているあの黒いメニューバーからリンクを外し、Google Readerはまた一歩消滅に近づいた。もちろんGoogle Readerそのものは、現時点で利用可能だ。 続きを読む

  • Google Readerのサービス停止に反対する利用者の声、署名サイトに集約中

    Google Readerのサービス停止に反対する利用者の声、署名サイトに集約中

    昨日、GoogleがGoogle Readerの終了をアナウンスした。Google ReaderとはRSSフィードを読み込むためのGoogleのプロダクトで、7月1日にサービスを停止するとのことだ。しかしDaniel Lewisの発案により、Googleに対してGoogle Readerの除名を求める嘆願活動が始まった。本稿執筆時点で3万以上の署名を集めている(訳注:訳出中の現在、5万5千を超えています)。 続きを読む

  • Google Reader終了 ― 結局のところ「RSS」は一般の人が必要とする情報収集手段ではなかった

    Google Reader終了 ― 結局のところ「RSS」は一般の人が必要とする情報収集手段ではなかった

    RSSというのは、結局のところ「一般のインターネット利用者」に普及するところまではいかなかったと言えるのだろう。もちろん「インターネットからできる限り多くの情報を取得したい」と考える「ギーク」の人たちは別だ。「ギーク」達にとって、RSSとは福音だった。Googleが2005年にReaderを発表したとき、お気に入りのサイトをずっと巡回してRSSロゴを探しまわったものだ。ロゴをクリックしては一所懸命にフィード登録をしたものだった。とても簡単で、便利に感じられた。ただしそう感じたのは「私たち」だ。「素晴らしい」と感じなかった人も多かったよ… 続きを読む

  • やはりTwitterとFacebookはRSSを殺しつつある(TechCrunchのビジターに関してはそう言える)

    やはりTwitterとFacebookはRSSを殺しつつある(TechCrunchのビジターに関してはそう言える)

    今朝(米国時間1/3)載せた”TechCrunch 2010 In Review“(2010年TechCrunch総まとめ(WordPress調べ))には、昨年の本誌のWeb上の動態を示す重要データがいくつかある。全体的におもしろいデータだが、しかし一部の人たちが気づいたように、昨年の本誌の最大のリファラーだったFacebookの名前がどこにもない。しかも、RSSリーダーのGoogle Readerが、第三位だ! しかしこれは、Facebookの衰退とか、RSSの蘇生といった、奇妙な話ではない。リファラーに関するデータが… 続きを読む

  • Googleグループ大改訂第1弾:Gmailやリーダーに似たUIに

    Googleグループ大改訂第1弾:Gmailやリーダーに似たUIに

    Chrome Web Storeのリリース、Chrome OSパイロット・プログラム、そして不覚にも流出したGoogle +1初の画面イメージ。Googleはこれでもまだ忙しさが足りないと言うのか、もう一つ隠し玉を披露した。新しいGoogleグループだ。 厳密に言うと、Googleは、新しいGoogleグループのユーザーインターフェースを事前公開しているだけだ。この新しいGoogleグループのインターフェースは、今回Googleグループに加えられる一連の改訂の第1弾」とGoogleがここに書いている。これはまさしく全面改訂だ。新しいデザインは、… 続きを読む

  • 「RSSは死んだ」論は死んだ。今日からは「RSSは死んでない」論

    「RSSは死んだ」論は死んだ。今日からは「RSSは死んでない」論

    テク業界の終りのない議論の中で、私のお気入りの一つが「RSSは死んだ」論だ。もっともこれはSteve Gilmoreが2009年5月の TechCrunchITに言い出した話なので、今更何をと思うかもしれないが、今でもこれにまつわる議論は見ていて興味深い。そして最近一番面白いのが、RSSは死んだと騒ぐ人ひとりにつき、それに反論する記事を書く人が10人は出てくることだ。 もしRSSに問題がないのなら、放っておいてもわかることではないのか。なぜそんなに多くの記事が、RSSは死んでいないことを強調する必要があるのだろうか。 続きを読む

  • Google Readerアップデート:これまでに読んだRSS記事数などの統計情報を表示(加えてフルスクリーンモードも実装)

    Google Readerアップデート:これまでに読んだRSS記事数などの統計情報を表示(加えてフルスクリーンモードも実装)

    2005年10月7日以来、ずっとRSSリーダーにはGoogle Readerを使っている。もちろんこの日付を覚えていたわけではない。Google Readerがアップデートされて、利用開始日や利用状況等の情報を教えてくれるようになったのだ。 技術的に見れば、今回のアップデートにおける一番の注目点はフルスクリーンモードの搭載だろう。フルスクリーンモードが便利なことも確かにあるとは思う(fキーでフルスクリーンモードの切替ができる)。ただ個人的にはあまり便利とも思えない。おまけ的に追加された各種統計情報の方が面白いと感じる。 続きを読む

  • Google ReaderのIE6サポートとGears対応を廃止, ソーシャル機能をやや改善

    Google ReaderのIE6サポートとGears対応を廃止, ソーシャル機能をやや改善

    1月にGoogleは、6月1日以降、Google DocsとGoogle Sitesに関して、IE6のような古いブラウザのサポートを打ち切ると発表した。そしてこのたび、利用者の比較的多いGoogle Readerも同じ運命となる。またそれと同時に、Google Gearsでのサポートも廃止する。また、このGoogleの”春の大掃除“の一環として、Readerのコメント機能をやや使いやすくした。 なお、サポートを打ち切られるのはIE6だけではなく、Firefox 1.0と2.0、Safari 2.0と3.0、それにChrome… 続きを読む

  • Google Reader、全体向けの「人気アイテム」を個々人に向けた「おすすめアイテム」に変更

    Google Reader、全体向けの「人気アイテム」を個々人に向けた「おすすめアイテム」に変更

    昨年10月、Google Readerになかなか便利な「Popular items」(人気アイテム)というフィードメニューが加わった。このリンクをクリックするとウェブ上で話題になっている記事を閲覧することができるようになっていた。もちろん、誰かにとって面白い記事も、他の人にとっては役立たずの記事であることもある。Googleもそれは意識していて、読者個々人に役立つお勧め記事を提案してくるようになった。 つまり「Popular items」に代わって「Recommended items」(おすすめアイテム)が「Explore」欄の同じ場所に表示さ… 続きを読む

  • Google Reader、TwitterへのSend To機能など、ソーシャル機能およびフィード管理機能を強化

    Google Reader、TwitterへのSend To機能など、ソーシャル機能およびフィード管理機能を強化

    しばらく前に、TwitterでGoogle Readerで表示する記事の末尾にtweetボタンが付くのはいつ頃になるだろうというつぶやきをした。近々tweet機能が搭載されるのではないかと思っていたのだ。想像が正しかったことが証明されて嬉しい。米国時間8/12にGoogle Readerチームはいくつかのアップデートを発表した。そしてこのアップデートには、Google Readerで表示される記事をTwitterにSend Toで流す機能も含まれているのだ。 とは言ってもTwitterに流すことができるというのだけが目玉ではない。Faceboo… 続きを読む

  • Google ReaderがPubSubHubbubを使って共有アイテムにリアルタイムのスピードを実現

    Google ReaderがPubSubHubbubを使って共有アイテムにリアルタイムのスピードを実現

    先月の本誌主催リアルタイムストリームCrunchUpカンファレンスでデモされたものの中で、いちばんおもしろいものの一つがPubSubHubbubだった。これは数名のGoogle社員が空き時間に作ったプロトコルで、Webのあちこちを行き来するAtomやRSSアイテムのスピードを上げることが目的だ。それが今、予想どおり、Google Readerに組み込まれた。 Readerのチームが今日(米国時間8/5)、PubSubHubbubを採用したことを発表している。手始めは、共有アイテム(Shared Items)の公開機能からだ。下のデモビデオで… 続きを読む

  • Google ReaderにFeed Bundle機能追加―簡単におすすめフィードのバンドルを作って共有できる

    Google ReaderにFeed Bundle機能追加―簡単におすすめフィードのバンドルを作って共有できる

    一般ユーザーがフィードリーダーを利用する上でいちばん妨げになっているのは購読すべきフィードのセットを作るのが面倒なことだろう。もちろん誰か他のユーザーのOPMLファイルをインポートすればいいのだが、そんなことを言っても普通のユーザーには何のことやらちんぷんかんぷんで、とても利用できそうにない。Google Readerの“Browse for stuff”エリア〔Top Recommendationの下のView Allリンクを開く〕はおすすめサイトのフィードを簡単に登録する方法だが、今までは、フィードの内容はあくまでG… 続きを読む

  • Google Readerのちょびっと手直し新バージョンがリリース

    Google Readerのちょびっと手直し新バージョンがリリース

    Google Readerの、若干手直しをした新バージョンがリリースされた。”Friends Trends”と呼ばれるトレンドのページにタブが付き、共有コンテンツの多いフレンドや、今読んでいるのが誰の共有アイテムかが分かる。 もう一つの変更は、コメント機能だ。この機能をこれからは非英語圏のユーザも利用できる。Googleによれば、Readerのアイテムのソースをこれからはコメントビューで見ることができるので、アイテムを保存済みとマークするのが容易になる。 続きを読む

  • Google Readerはソーシャル音痴で失敗続き

    Google Readerはソーシャル音痴で失敗続き

    RSSフィードのリーダーとしてGoogle Readerを主に使っている人は多い。しかしそのソーシャル機能の人気はどうだろう。実はそれらは、できが悪くて、あまりにも能力不足だ。Googleもそのことを知っているから、たえずソーシャルな要素を微調整している。今日(米国時間5/4)発表された最新の変更は、フレンドのフレンドを見つけたり、その人と共有化できる機能だ。つまり、何かのアイテムをフレンドと共有しているとき、そのフレンドのフレンドがそれについてコメントしたら、その人にもアクセスできるようになるんだ。 このアイデアはべつに新しいものではな… 続きを読む

  • お気に入りのイースターエッグご紹介

    お気に入りのイースターエッグご紹介

    イースターエッグを探すのが大好きな子どもたちと同じように、われわれもソフトウェアやウェブアプリのバーチャル・イースターエッグを見つけるのが大好きだ。そう、内情を知る人がアプリケーションを使ううちに、出くわすことのある、ソフトウェアに隠された機能やメッセージやジョークのことだ。イースターホリデーを祝して、われわれの歴代お気に入りイースターエッグの数々を(順不同に)まとめてみた。もちろん、イースターエッグは他にもたくさんある。読者のお気に入りをコメント欄で知らせてほしい。 続きを読む

  • 新春恒例―2009年版「これなしでは生きていけない」ウェブ・サービス

    新春恒例―2009年版「これなしでは生きていけない」ウェブ・サービス

    私は毎年、年始めにひいきのスタートアップとそのサービスのリストを公表している。今年で4年目だ―以前のリストは、こちらに。2006、2007、2008。読者の皆さんにおかれては、Crunchiesにお気に入りを投票していただきたい。このリストは純粋に私の個人的な好みだ。 私はこのリストに載っているサービスをだいたいにおいて毎日利用している。仕事で使っている(Wordpress、Delicious、Zohoその他)ものもあれば、楽しみのために使っている(MySpace Music、Hulu)ものもある。両方に役立つサービス(Digg、Skyp… 続きを読む