Google Trends

  • Google Trendsが調べる検索ソースを多様化、検索頻度のソース別分類が可能に

    Google Trendsが調べる検索ソースを多様化、検索頻度のソース別分類が可能に

    今、世界でもっとも多くググられている語は何か。そのトレンドを現時点と時系列に関して知ることのできるGoogle Trendsサービスが、拡張される。これからは、Googleの本来の検索だけでなく、Google News(ニュース), Shopping(ショッピング), Images(画像検索)、そしてYouTube上でユーザーが行う検索も拾い上げる。 続きを読む

  • Google、オリンピックに関する検索トレンドまとめページを公開(完全日本語対応)

    Google、オリンピックに関する検索トレンドまとめページを公開(完全日本語対応)

    オリンピックが盛り上がりをみせている。そんな中、GoogleがGoogle Trendを活用したオリンピック特集ページをオープンした。オリンピック関連で盛り上がりを見せているキーワードをいろいろと表示してくれる。 続きを読む

  • Google Trendsがアップデート―リアルタイムのデータが収集されるようになった

    Google Trendsがアップデート―リアルタイムのデータが収集されるようになった

    今日(米国時間6/17)、Google Trendsのリニューアル版が公開された〔日本でも公開済み〕。新しいバージョンではリアルタイムのデータが利用できる。たとえば大統領選挙への出馬を突如表明したドナルド・トランプと彼のカツラがどんな反響を得ているかを即座に調べられるようになった。 続きを読む

  • Google Trends(‘トレンド’)がメールによる通知を開始, ‘アラート’は廃止か

    Google Trends(‘トレンド’)がメールによる通知を開始, ‘アラート’は廃止か

    Web上で最近人気の高い話題を教えてくれるGoogle Trendsが、メールによる通知サービスを始める、とGoogleが今朝(米国時間4/18)発表した。メールが今以上増えてもかまわない人は、関心のある検索トピックとhottrends〔急上昇中〕やtopcharts〔ランキング〕の対象国を指定する。詳細は、Googleのブログ記事に載っている。〔日本語による登録案内ページ、この記事に書いてあることと、やや違うような…。〕 続きを読む

  • Google Trendsがアップデート―知識グラフの利用で意味として関連する検索全体を対象に

    Google Trendsがアップデート―知識グラフの利用で意味として関連する検索全体を対象に

    Google Trendsはあるテーマについて人々がどれくらい関心を抱いているかを推測するのにたいへん便利なツールとなっている。しかし現在までGoogle Trendsの機能はかなり限定されていた。キーワードに対する相対的検索回数を時系列でグラフに表示する〔rice とharvardを単語として比較〕だけだった。 今回Googleは知識グラフ(Knowledge Graph)テクノロジーを利用してもっと正確な比較〔Rice大学とHarvard大学を比較〕 ができるようにした(Googleブログの記事)。 続きを読む

  • GoogleのTrendsとInsights For Searchが統合, Hot Searchesに日本語版が

    GoogleのTrendsとInsights For Searchが統合, Hot Searchesに日本語版が

    Googleが今日(米国時間9/27)、今トレンドしているトピックを見つけるツールGoogle Trendsと、検索語の時系列的な傾向を調べるInsights for Searchを単一のGoogle Trendsプロダクトとして一体化する、と発表した。この合体の一環として同社はTrendsのUIを一新し、さらに重要なこととしてチャートやマップをGoogle Chart Toolsで作ったHTML 5対応のものとした。Googleによれば、これによりとりわけ、モバイルのGoogle Trends体験が大きく強化される。 新しいGoogle Trendsは… 続きを読む

  • Wikipediaの人気トピックは、ペルセウス流星群、ジョン・ヒューズ監督、GIジョー

    Wikipediaの人気トピックは、ペルセウス流星群、ジョン・ヒューズ監督、GIジョー

    GoogleにはGoogleトレンド、Twitterにはトレンドトピックがあるが、こんどはWikipediaにもできた。LinkedInのシニア研究員でData WranglingのブロガーでもあるPete SkomorochがWikipediaのトレンドトピックページを作った。トップページにはWikipediaの最近30日間のページビューがトップ25の記事と、過去24時間に急上昇した記事が掲載されている。 このひと月で人気の記事は、ペルセウス座流星、デンマークの物理学者ハンス・クリスティアン・エルステッド、映画監督ジョン・ヒューズ、GIジ… 続きを読む

  • ソーシャル検索、2010年謎の急落

    ソーシャル検索、2010年謎の急落

    Google Trendsは、世界最大の検索エンジンでみんながどんなことばを探しているのか、その傾向を見るのにもってこいのツールだ。ほかにも興味深いトレンドを見せてくれる。どうやら、いくつかの大規模ソーシャルネットワークにの検索に関して、Googleで何かが起きていることは間違いない。 1月中頃のある時期に、Facebook、YouTube、Twitter、Flickr、Foursquareの各サイトのドメインを検索した件数が著しく減少した。これは「facebook.com」や「youtube.com」のように.com名の検索であって、 「… 続きを読む

  • 豚インフルエンザでWeb上にパニックが広がる

    豚インフルエンザでWeb上にパニックが広がる

    今朝(米国時間4/26)合衆国は、豚インフルエンザの感染者がニューヨーク、オハイオ、カンザス、テキサス、カリフォルニアの各州で計20名確認されたことを受けて、public health emergency〔仮訳: 公衆衛生緊急事態〕を宣言した。メキシコでは80名以上が死亡し、カナダやフランスなど、そのほかの国に広がった可能性もある。政府は国民にパニックにならないようにと呼びかけているが、致死率の高そうなインフルエンザに対する恐怖が、Twitter、Google、それにさまざまなブログに急速に広まりつつある。 豚インフルは現在、Twitter上… 続きを読む

  • 一部の有名サイトはGoogle Trendsを利用して記事のテーマを選んでいる

    一部の有名サイトはGoogle Trendsを利用して記事のテーマを選んでいる

    Google Trendsは、その時点でのホットな検索キーワードを教えてくれるツールで、今やローンチ以来2年以上になる。(今年に入ってGoogleはホットなウェブサイト/ドメイン名のモニタも始めた)。製品の認知度を調べようとするPR関係者やブランド戦略担当者を始めとして、無数のユーザーが毎日このサービスを利用している。 しかし、最近、ブログやメインストリーム・メディアがGoogle Trendsをよく利用するようになってきていると聞く。ホットなキーワードを調べてそれに関連する記事を書くためだ。Googleは日々の要約を公表して簡単に利用でき… 続きを読む

  • Google Trends ローンチ

    Google Trends ローンチ

    Google Trends が今日ローンチした。これは別種のトレンド検索分析ツールで(なかなか良い!)、 特定のキーワードがどれだけGoogleで検索されているか分析してくれる。 最大五つのキーワードを比較できる。また縦線 “│” を使うことで、 キーワード二語あるいはそのどちらかを含むクエリを見ることもでき、高度なクエリを組むことも可能(詳細は FAQs を参照)。 キーワードに関連する主流なPR・ニュース記事もフラグ付で羅列され、データ-内の流行の大小を説明してくれる。データは年代、言語、地域別に分類できる。 早速試してみたのだ… 続きを読む