google voice

  • GoogleのNexus機専用のキャリアサービスProject Fiが招待なしでも利用できる

    GoogleのNexus機専用のキャリアサービスProject Fiが招待なしでも利用できる

    Googleのセルフォーンサービス(携帯〜モバイル)Project Fiは今や、招待がなくても一人で自由にサインアップできる。 10か月前にローンチしたこのサービスは、これまでは完全に招待制だった。今日からは、合衆国にいる人なら誰でも、面倒なことは何一つなく、単純にサービスにサインアップできる。 続きを読む

  • Google Voiceの番号移植がいよいよ正式提供へ(先週はテストだった)

    Google Voiceの番号移植がいよいよ正式提供へ(先週はテストだった)

    先週、ユーザを2年近く待たせたGoogle Voiceが、やっと番号移植機能を実現した…それは要望の非常に多かった機能で、ユーザの既存の電話番号をGoogle Voiceという強力な電話サービスの番号にしてしまえる、という機能だ。しかし、みんなが喜んだのもつかの間、その機能は消えてしまった。そして、それが今日(米国時間1/25)、戻ってきた。 結局、番号移植(number porting)の先週の立ち上げは、テストだった(だからGoogleからの正式発表がなかった)。この機能はロジスティックの課題がとても大きそうだから、Googleが入念にテ… 続きを読む

  • Google Voiceユーザ急増(from Gmail)でほとんど死んでる

    Google Voiceユーザ急増(from Gmail)でほとんど死んでる

    誰でも簡単には招待されなかったころのGoogle Voiceは、良かったな。そのころは、ほとんどいつでも快調、すごく便利なサービスだから、たまのダウンぐらい許せた。しかし先週は、良くって気まぐれ、まったく使えないときもけっこうあった。今では自分の電話番号はGoogleの番号だから、当面は使い続けるしかない。でも、早く対策しないとGoogleは、ぼくというユーザを失ってしまうぞ。 一体何が起きたのか? 6月にGoogle Voiceは、誰もが自由に使えるようになったから、ユーザが当然急増したのだ。でも最近までGoogleは、なんとかうまくやっ… 続きを読む

  • 電話番号は死んでいる、気付いていないだけだ

    電話番号は死んでいる、気付いていないだけだ

    編集部より:このゲスト寄稿のライターはNikhyl Singhal。音声アプリケーションのスタートアップSayNowの共同ファウンダー兼CEOである。 人類最大の発明の一つである電話番号が、絶滅の危機に瀕していることなどありうるだろうか。 Mark Zuckerbergに聞けばよい。今年、果たしてFacebookが、マーベル(旧AT&Tグループ)と同じように100年後も存在しているどうか聞かれた時、彼はこう答えた。「わからない。だけど、電話がいつまであるのかもわからない」。10年後もあるのだろうか。それどころか、今私たちが知っている電… 続きを読む

  • Google VoiceがGmailと合体―ブラウザから世界に通話できるようになった〔日本版Gmailも通話機能をサポート開始〕

    Google VoiceがGmailと合体―ブラウザから世界に通話できるようになった〔日本版Gmailも通話機能をサポート開始〕

    以前、われわれは未発表のGoogle Voiceのデスクトップアプリをテストすることができて、大いに気に入った。これはSkypeのようにコンピュータでVoIP通話を可能にするアプリだった。残念ながらこのソフトウェアまだリリースされておらず、いつリリースされるのかも分からない。しかしもうそんなことは問題ではなくなった。今日、Google VoiceがGmailを通じてブラウザと合体した。この数日実際にテストしてきた経験からして、これは実にすばらしいサービスだ。 利用するにはブラウザから新しいプラグインをダウンロードしてインストールするだけで… 続きを読む

  • 音声→テキスト変換の比較ではPhoneTagが86%の精度でトップ, Google Voiceは82%で3位

    音声→テキスト変換の比較ではPhoneTagが86%の精度でトップ, Google Voiceは82%で3位

    音声をテキストに変換する技術の歴史は長く、それは徐々に改良され、その都度新しいアプリケーションが登場してきた。しかし未だに、100%の精度はない。それどころか、90%にも達していない。しかし現在の精度は、ボイスメールの自動書き起こしサービスが普及するには十分であり、15通ものボイスメールを聞いてそれらの要点を把握する努力に比べると、ずいぶんましなのである。もちろん、ボイスメールの誤変換はひんぱんにあり、ときにはそれはお笑いのネタにもなる。 4つの音声テキスト変換技術(Google Voice、Microsoft ExchangeのPrevi… 続きを読む

  • Google Voiceが、ブラウザーに乗ってiPhoneに帰ってくる。VoiceCentralがやってくれた

    Google Voiceが、ブラウザーに乗ってiPhoneに帰ってくる。VoiceCentralがやってくれた

    今年の夏にAppleが、サードパーティー製Google VoiceアプリをApp Storeから一掃した時の一つがVoiceCentralだった。Appleはその後Google Voiceの公式アプリも拒否し、FCCの調査にまで発展したが、結局Google VoiceがApp Storeに並ぶことはなく、他のアプリも帰ってこなかった。 しかし、それでVoiceCentralを支える開発者たちが諦めたわけではなかった。そのアプリを、ブラウザー経由でiPhoneに再投入しようとしている。彼らはこれをBlack Swanエディションと呼んでいる。プライベ… 続きを読む

  • Google、独自VoIP技術のGizmo5を買収のもよう―Skypeの手ごわいライバルに?

    Google、独自VoIP技術のGizmo5を買収のもよう―Skypeの手ごわいライバルに?

    先月、SkypeはVoIPテクノロジーのスタートアップGizmo5を買収しようと交渉していた。SkypeのP2Pテクノロジーに関する厄介な訴訟に対するバックアップとして理想的だったからだ。 Gizmo5のSIP〔セッション確立プロトコル〕を利用した汎用のインフラは、SkypeのP2Pによる独自技術を代替することが理論的には可能だ。 ところが、Skypeの訴訟で和解が成立したため、SkypeにとってGizmo5の戦略的価値は低下した。 複数の情報源によれば、そこでGoogleはすかさずGimoz5を買収したという。価格は$30M(3千万ドル)… 続きを読む

  • Google Voiceがケータイ上のボイスメールも扱えるようになった

    Google Voiceがケータイ上のボイスメールも扱えるようになった

    Google Voiceは、他人にたった一つの自分の電話番号だけを教えておくと、ユーザの設定次第で(いつ誰からの電話か、など)、その番号にかかってきた電話をケータイ、自宅、職場などの電話に回してくれるサービスだ。われわれを電話地獄から救い出してくれるすばらしいサービスだが、まだ従来の複数電話/複数番号を重そうに引きずっている人は多いし、それらからきれいさっぱりおさらばするのも難しい。 ぼくの場合は、自分のケータイの番号をAT&TからGoogle Voiceに移すという方法で、GVへの移行をわりと簡単に行えた。Googleによれば、… 続きを読む

  • Google Voice、Gmail方式の招待状でバイラルを目指す

    Google Voice、Gmail方式の招待状でバイラルを目指す

    ここ数ヵ月間、Google Voiceのニュースには事欠かない。iPhoneから拒否され(Appleに言わせれば、未だに検討中とのことだが)、さらには1件ならず2件ものFCC調査の焦点となっている。しかしこれまで、このサービスを実際に使い始めるのは容易ではなかった。少し前から、誰かを招待するためのリクエストを出すことができるようになったのだが、Googleがこの待ち行列を処理するまで、どれだけ待たされるかわからなかった。もうすぐこれが変わるようだ。Googleの最新の発表によると、既にGoogle Voiceを使っているユーザーに招待状が… 続きを読む

  • AT&TがGoogle Voiceの訴追へ, ネットワークの中立性に対するひそかな違反行為で

    AT&TがGoogle Voiceの訴追へ, ネットワークの中立性に対するひそかな違反行為で

    iPhoneとGoogle Voiceの問題では‘無罪’を勝ち取ったらしいAT&Tが、その好機に乗じて、今度はGoogle Voiceの‘有罪’を世間に訴えようとしている。この大手電話企業がFCCに送った書簡(下に添付)は、Google Voiceの調査を要求している。それについては後述するが、この件はもっと深い問題にも関わっている。つまりこれは、またまた、ネットワークの中立性(net neutrality)に関する問題なのだ。 AT&Tは、iPhoneからGoogle Voic… 続きを読む

  • Google Voiceのボイスメール自動書き起こしはときどき変態趣味

    Google Voiceのボイスメール自動書き起こしはときどき変態趣味

    ほかの子と同じく、ぼくも、自分のママが最高だと思っている。きれいだし、優しいし、とってもおいしいクッキーを作ってくれる。そこで、孝行息子であるぼくは今日、誕生日のお祝いとしてバラを送った。義理堅いママは、お礼の電話をくれた。ここまでは、何も問題ない。 ただしぼくは、ママの電話に出れなかった。すると、最近使い始めたGoogle Voiceが、留守電を保存し、内容を自動的にテキストに書き起こしてくれた。話がおかしくなるのは、ここからだ。 続きを読む

  • Google Voiceの代用品として使えるLine2がApp Storeで承認された

    Google Voiceの代用品として使えるLine2がApp Storeで承認された

    Google VoiceをめぐるAppleの大失態の続編が、またまた野次馬を集めそうだ。中小企業が社員の携帯電話を会社の電話としても使えるためのサービスを提供するToktumiがこのほど、同社のLine2というクライアントアプリケーションをAppleから承認された…ただし申請してからほぼ3か月が経っている。この強力なサービスによって会社の社員は、自分の携帯電話に2つの電話番号(私用と社務用)を割り当てることができる。フィルタ機能や本格的なボイスメールシステムもある。しかしもっと気になるのは、Google Voiceにとてもよく似ていること… 続きを読む

  • Google VoiceがiPhone対応準備中、15分で通話を切断

    Google VoiceがiPhone対応準備中、15分で通話を切断

    この数日間、Google Voiceユーザーたちが、同サービス経由の通話が15分間で突然切られる、と苦情を言っている。以前にも書いたことだが、たとえベータ版でも、こと音声通話となるとユーザーは完璧を求めるものだ。この種の問題が起きると、誰もこのサービスを信用できなくなる。 あるユーザーより:「通話のほぼすべてが、15分と何秒かで切れるようになった」。他にも同じ問題を訴えるユーザーがいて、Googleが問題を認めたうえで、こう言っているという:「ご連絡ありがとうございました。15分で切れる問題の原因を突き止めましたので、まもなく改善される予… 続きを読む

  • PalmがGoogle Voiceを熱望、しかしGoogleの気持ちはわからない

    PalmがGoogle Voiceを熱望、しかしGoogleの気持ちはわからない

    Appleのライバルたちは、突如としてiPhoneの弱点を手にした。それはGoogle Voice。Palmに近い筋の話によると、同社は、希望するPalm Preユーザーを対象に、Google Voiceを本格的に統合する計画だという。そうなれば、多くのiPhoneユーザーがPalm Preに走る可能性がある。しかし、問題が一つある。現時点でGoogleは、Pre用のアプリを作っていないのだ。 Google Voiceは、ユーザーの電話の使い方に多くの自由を与えてくれる。一つの番号にかかけて、複数の携帯や固定電話を鳴らすことができるほか、ショート… 続きを読む

  • Android vs iPhone宗教戦争、TechCrunch編集部内で勃発

    Android vs iPhone宗教戦争、TechCrunch編集部内で勃発

    私が iPhoneをやめたことを書いた記事が、単に人目を引くためのものだと思っている人は考え直した方がいい。TMobileのmyTouchを使い始めて数週間になるが、iPhoneに戻ろうと思ったことは、ただの一度もない(バックグラウンドアプリと、Google Voiceのフルサポートはすばらしい)。しかし、常駐のAppleオタクや、普遍的iPhoneファンであるMG Sieglerは、Android iPhone、という図式を認めようとしない。われわれは、この件に関してYammer上で内部討論を重ねた、もっともその殆どが私に対する個人攻撃だっ… 続きを読む

  • 私がiPhoneをやめてGoogle Voiceの虜になった理由

    私がiPhoneをやめてGoogle Voiceの虜になった理由

    7月の終りに私は、将来iPhoneとAT&Tをやめ、携帯番号をGoogle Voiceに移行して、好きなモバイル機器を(あるいは多数を同時に)使うつもりであると宣言した。本日(米国時間8/9)、謹んでこの計画の最新状況をお伝えしたい ― 移行完了。もはや私はiPhone教団の一員ではない。 番号をGoogle Voiceに移行するには3日を要したが、これは事前に聞かされていたことだ。米国のモバイルキャリアー各社は、相互の番号移行については比較的簡単にできるしくみを作っていて、手続きは数時間で完了する。しかし、番号をGoogle Voic… 続きを読む

  • エリック・シュミット、Appleの取締役を辞任―Appleのもっとも危険な敵はGoogleだった

    エリック・シュミット、Appleの取締役を辞任―Appleのもっとも危険な敵はGoogleだった

    敵の敵がいつまでも味方であるとは限らない。どうやらそう気づいて、Steve JobsはGoogleのCEO、Eric Schmidtを放り出したようだ。今日、SchmidtはAppleの取締役を辞任した。Microsoftに対して両社が共通して抱いていた不信から成立した同盟だったが、最近はひんぱんに軋みが聞こえるようになっていた。なぜなら、Googleは単にMicrosoftの敵であるよりも、むしろ一層本質的にMicrosoftとApple双方が代表するクローズドな専用デバイスによるコンピューティングの敵であることが次第にはっきりしてきた… 続きを読む

  • [jp] Appleはパンドラの箱を開けた? Google Voice締め出し問題の中間まとめ

    [jp] Appleはパンドラの箱を開けた? Google Voice締め出し問題の中間まとめ

    iPhone 3Gの成功に続いてスティーブ・ジョブズの復帰も報じられ、順風満帆に見えていたAppleだが、ここへきて一転、窮地に陥っている。処理を誤れば、今までAppleのコアなサポーターだったギークやリベラル・インテリ層を一転して敵にまわしかねない。 問題はAppleがGoogle VoiceのiPhoneアプリをApp Storeに登録することを拒否したことに端を発する。Google Voiceはリンク先に詳しい説明があるが、簡単にいえば、ユーザーがGoogle Voiceに加入して電話番号を取得すると、以後その番号に着信した電話やメッセージ… 続きを読む

  • 米FCC、iPhoneのGoogle Voice締め出し問題で調査開始―Appleはなんと説明する?

    米FCC、iPhoneのGoogle Voice締め出し問題で調査開始―Appleはなんと説明する?

    今やAppleはGoogle Voiceと関連するアプリをiPhoneから締め出さなければよかったと後悔しているに違いない。それとも排除の圧力をかけたのはAT&Tなのか? 今のところ誰も真相を知らない。しかし昨夜(米国時間7/31)、FCC〔連邦通信委員会〕は調査を開始した。FCCは関連する3社((Apple、AT&T、Google)にいったい何があったのか詳しく説明するように求める文書を送付した。 AppleがたったひとつのiPhoneアプリの登録を拒絶したことをFCCが調査することを奇妙に思う人もいるかもしれない。iP… 続きを読む