Grammarly(企業・サービス)

人気のスペル・文法チェッカーを開発、提供する企業。

  • AIを使ってより優れた文章を書く、Grammarlyが約1.4兆円の評価額で約228億円調達

    AIを使ってより優れた文章を書く、Grammarlyが約1.4兆円の評価額で約228億円調達

    文章の自動編集ツールとして人気のGrammarlyは、Baillie GiffordやBlackRockが運用するファンドアカウントなどの新規投資家から、評価額130億ドル(約1兆4800億円)で2億ドル(約228億円)の資金を調達した。同社は今回の投資を、製品のイノベーションとチームの成長を加速させるために使用する予定だ。 続きを読む

  • GrammarlyのSDKで自動化テキストエディティングを自分のウェブアプリケーションに埋め込み可能に

    GrammarlyのSDKで自動化テキストエディティングを自分のウェブアプリケーションに埋め込み可能に

    人気の高い自動編集ツールGrammarlyが米国時間9月14日、Grammarly for Developersのリリースを発表した。同社はこの取り組みをText Editor SDKのベータで開始し、プログラマーはGrammarlyのテキスト編集機能をどんなウェブアプリケーションにも埋め込むことができるようになる。 続きを読む

  • 学生に文章の書き方を教えるプラットフォームNoRedInkがシリーズBで約55億円を調達

    学生に文章の書き方を教えるプラットフォームNoRedInkがシリーズBで約55億円を調達

    文章を書くのが大好きな人にとっても、文章を書くことはあいまいなルールの上に成り立つ大いに人間的なアートだ。複雑な問題なので必ずしもテクノロジーによる解決策が求められるわけではないが、サンフランシスコを拠点とするスタートアップのNoRedInkは10年近くにわたって、ライティングを上達させたい学生をソフトウェアで支援している。 続きを読む

  • スペル・文法チェッカーのGrammarlyがビジネス文書を向上させる新機能を公開

    スペル・文法チェッカーのGrammarlyがビジネス文書を向上させる新機能を公開

    人気のスペル・文法チェッカーのGrammarlyが、米国時間9月29日に有料ユーザー向けの新機能を公開した。これまでのツールをさらに進化させ、全体として形の上で正しいだけでなくもっと読みやすい文章を書けるようにサポートする。 続きを読む

  • 文法チェックのGrammarlyが企業向けに表記揺れ防止機能を追加

    文法チェックのGrammarlyが企業向けに表記揺れ防止機能を追加

    米国時間6月9日、文法やスタイルの誤りを防ぐツールとして人気のGrammarlyが、有料で利用している企業ユーザー向けにカスタムスタイルガイド機能を公開したと発表した。 続きを読む

  • 英文のメールやメッセージの語調をチェックしてくれるGrammarlyのトーンデテクター

    英文のメールやメッセージの語調をチェックしてくれるGrammarlyのトーンデテクター

    数カ月前から、文法チェッカーのGrammarly(グラマリー)は、そのコアである文法やスペルのチェックツールを超えて、そのほかの機能、例えば文章の明瞭度チェックなどを加えてきた。 続きを読む

  • 文法チェックのGrammarlyが文法以外の提案もするアシスタントに

    文法チェックのGrammarlyが文法以外の提案もするアシスタントに

    人気の文法・スペルチェックツールのGrammarlyがアップデートされ、文章の読者に応じた修正の提案をするなど高度な機能を搭載した。 続きを読む

  • GrammarlyがGoogle Docsでも使えるようになった、これで恥ずかしい文法間違いともお別れだ

    GrammarlyがGoogle Docsでも使えるようになった、これで恥ずかしい文法間違いともお別れだ

    GrammalyがGoogle Docsをサポートするようになった。ここ数年の間に、Grammarlyは優れた文法並びにスペルチェッカーの1つとして、市場でその名を上げている。Chromeの拡張機能として、実質的にほぼすべての主要なオンラインツールやソーシャルメディアサイトときちんと統合されていたものの、これまではGoogle Docsは未対応のままだった。 何故ならGoogle Docsエディタは、そのリアルタイムコラボレーション機能のために、単純なテキストフィールドではないからだ。このためGrammerlyはそのサービスが動作するように少… 続きを読む

  • DeepCodeはAIの力でコードを洗う…未来のフロントエンドはプログラミングの自動化

    DeepCodeはAIの力でコードを洗う…未来のフロントエンドはプログラミングの自動化

    チューリッヒのDeepCodeは— 基本的にはコードを分析して改良するためのツールだが — プログラマーのための文法チェッカー/文章改良ツールGrammarlyみたいだ。このシステムはユーザーのGitHub上のリポジトリを読み、25万のルールのコーパスを使って問題とその修復方法を教え、ただしそれによって互換性が壊れないように、そしてもっと良いプログラムになるようにする。 続きを読む