温室効果ガス(用語)

温室効果ガスに関する記事一覧

  • 食品廃棄物を利用して持続可能な軟木を堅木のように扱えるようにするKebonyが約40億円調達

    食品廃棄物を利用して持続可能な軟木を堅木のように扱えるようにするKebonyが約40億円調達

    これはごくシンプルなことだ。針葉樹(軟材)は「持続可能」な森林で、広葉樹(硬材)よりも早く成長する。広葉樹は、アマゾンのような生物多様性に富んだ原生林に多く見られる。つまり、もし軟材を硬材のように使うことができれば、より持続可能な建築用木材を入手できるだけでなく、広葉樹の森林を破壊から守ることができる。さらに、温室効果ガスの排出量も大幅に削減できる。 続きを読む

  • MITの研究室から生まれたVia Separations、ろ過技術で製造業の脱炭素に貢献

    MITの研究室から生まれたVia Separations、ろ過技術で製造業の脱炭素に貢献

    Via Separationsは、MITの材料科学エンジニアのカップルが立ち上げたスタートアップ企業だ。彼らは製造プロセスに必要なエネルギー量を削減する方法を考え出し、結果として炭素排出量、エネルギー使用量、コストを削減することに成功した。 続きを読む

  • 法人向けカーボンオフセットAPIで企業の脱炭素化を支援するSustineriが5000万円のシード調達

    法人向けカーボンオフセットAPIで企業の脱炭素化を支援するSustineriが5000万円のシード調達

    企業の脱炭素化を支援するSustineriは10月20日、シードラウンドにおいて、第三者割当増資による5000万円の資金調達を発表した。調達した資金はサービス開発および事業推進メンバーの採用など組織の強化にあてる。また、今秋にはカーボンオフセットAPI「Caboneu」(カボニュー)および温室効果ガス(GHG。GreenHouse Gas)算出APIのβ版をローンチする予定。 続きを読む

  • 【コラム】ESG目標達成の鍵を握るのは取締役会やCEOではなく技術チームのリーダー

    【コラム】ESG目標達成の鍵を握るのは取締役会やCEOではなく技術チームのリーダー

    スタートアップ企業のCTO(最高技術責任者)や技術チームのリーダーは、会社創立のその瞬間からESG(環境・社会・企業統治)を重要事項として扱う必要がある。なぜなら、投資家が、ESGを重視するスタートアップ企業を優先的に評価して、持続可能性を重視した投資を行う傾向が高まっているからだ。 続きを読む

  • 炭素市場Agreenaは農家が環境再生型農業に切り替える経済的インセンティブを提供する

    炭素市場Agreenaは農家が環境再生型農業に切り替える経済的インセンティブを提供する

    ヨーロッパの温室効果ガス排出量の24%は農業が占めているが、これは過去数十年間に行われてきた集約的な「工業型」農法と、肉の消費の増加によるところが大きい。しかし、新しいアプローチが農業界に旋風を巻き起こしている。「環境再生型農業(リジェネラティブ農業)」とは、劣化した土壌を自然に戻し、野生生物を増やし、地球を破壊する二酸化炭素を蓄えるというもので、文字通り土壌を炭素吸収源として利用する。 続きを読む

  • Atlantic Labsが「気候」と「健康」に取り組む約130億円規模のフードテックファンドFoodLabsを設立

    Atlantic Labsが「気候」と「健康」に取り組む約130億円規模のフードテックファンドFoodLabsを設立

    テック業界が気候と持続可能性に軸足を移しつつあることを示す最新の兆候として、長年のテック投資家であるクリストフ・F・メア氏が率いるベルリンのファンドAtlantic Labsの分社であるAtlantic Food Labsが、食品、健康、持続可能性に関わるスタートアップに投資する1億ユーロ(約130億円)のフードテック専用ファンド「FoodLabs」として再出発することとなった。 続きを読む

  • カリフォルニア州は2030年までに自動運転車のゼロエミッション化達成を義務化

    カリフォルニア州は2030年までに自動運転車のゼロエミッション化達成を義務化

    2030年から、カリフォルニア州で運用される小型車の自動運転車はゼロエミッションでなければならない。SB500はギャビン・ニューサムカリフォルニア州知事は、米国時間9月23日に署名した法律で、温室効果ガスの排出削減を目的に、内燃機関の新車販売を制限するための最新の取り組みとなる。 続きを読む

  • 【コラム】気候変動を解決するのは米国のイノベーターであり規制当局ではない

    【コラム】気候変動を解決するのは米国のイノベーターであり規制当局ではない

    ジョー・バイデン大統領は米国の温室効果ガス排出を2030年までに半分に削減することを誓約した。大統領は相次ぐ新たな予算と政府事業計画によってこの野心的目標を達成しようとしている。しかし、炭素排出削減で我々が最も期待しているのは新たな財政支出ではない。それはテクノロジーの大転換であり、実現できるのは民間セクターだけだ。 続きを読む

  • Salesforceがバリューチェーン全体での温室効果ガス実質ゼロを達成

    Salesforceがバリューチェーン全体での温室効果ガス実質ゼロを達成

    Salesforceはこれまで頻繁に、責任ある資本主義を説き、勧めてきた。そして同社は米国時間9月21日、年次開催の顧客向けイベントDreamforceで100%再生可能エネルギーで全バリューチェーンでのネットゼロ(温室効果ガス実質ゼロ)エネルギー使用を成し遂げ、それが可能でないときはカーボン相殺を購入していると述べた。 続きを読む

  • 世界中の環境テックベンチャー対象の助成プログラムを英Founders FactoryとスロバキアのG-Forceが展開

    世界中の環境テックベンチャー対象の助成プログラムを英Founders FactoryとスロバキアのG-Forceが展開

    プログラムは世界の温室効果ガス排出を削減し、循環型経済への移行を加速させ、持続可能な住宅供給や製造のソリューションを生み出し、また気候に優しいモビリティ、食糧生産、二酸化炭素・メタン回収・貯留に対応できるスタートアップの起業家に​投資する。 続きを読む