環境関連

  • Google流、再生可能エネルギー活用法

    Google流、再生可能エネルギー活用法

    Googleのデータセンターは24時間年中無休で稼働しており、大量のエネルギーを消費している。それを考えると、そのデータセンターを可能な限り効率的に稼働させることは、同社と地球の両方の利益につながると言える。そのための新たな方法として、同社は常に天候を監視し、それに応じて太陽エネルギーや風力エネルギーといった再生可能エネルギーを利用するのに最適な時期を予測する。 続きを読む

  • Boomの超音速旅客機のテスト機「XB-1」はカーボンニュートラルの実現を目指す

    Boomの超音速旅客機のテスト機「XB-1」はカーボンニュートラルの実現を目指す

    航空機産業は通常、低炭素排出を志向していると見なされていないが、超音速飛行のスタートアップBoomは、超音速デモ機XB-1のフライトにおいて、持続可能なジェット燃料とカーボンオフセットを併用して炭酸ガス排出量をゼロ、すなわちカーボンニュートラルにしたいと考えている。 続きを読む

  • テスラは米国でのソーラータイルルーフ導入設置数を増やし、今後中国と欧州を狙う

    テスラは米国でのソーラータイルルーフ導入設置数を増やし、今後中国と欧州を狙う

    Teslaは、サンフランシスコのベイエリア地区における同社のソーラータイルルーフ(ソーラーパネル内蔵屋根用瓦)の設置件数を増やして、最終的にはヨーロッパと中国に展開したいようだ。Teslaは三度目となる改良製品を10月にローンチして以降初めて、かなり具体性があるアップデートを提供した。 続きを読む

  • テスラの全電動ATVがCybertruckのイベントでサプライズデビュー

    テスラの全電動ATVがCybertruckのイベントでサプライズデビュー

    米国時間11月22日のCybertruckの初舞台は、Tesla(テスラ)のCEO Elon Musk(イーロン・マスク)氏にとって決して、まったく無難なプレゼンテーションではなかったが、でも彼の「One More Thing」は鮮やかだった。 続きを読む

  • 電気自動車充電インフラの世界標準化を目指すEV Connectに三井物産などが戦略的投資

    電気自動車充電インフラの世界標準化を目指すEV Connectに三井物産などが戦略的投資

    電気自動車の充電を管理するソフトウェアを販売している米国ロサンゼルス拠点のEV Connectが、三井物産株式会社とEcosystem Integrity FundがリードするシリーズBのラウンドで1200万ドル(約13億円)を調達した。 続きを読む

  • NASA初の実験的全電動航空機X-planeがテストを開始

    NASA初の実験的全電動航空機X-planeがテストを開始

    この全電動のX-57以外にもNASAには、航空機の電動推進システムをテストするための航空機がいろいろある。それらは、来るべき航空輸送の全電動化に向けて、さまざまなスタンダードや設計慣行、認定計画などを作っていくための研究基盤でもある。 続きを読む

  • Amazonが電動配達トラック10万台を発注、2021年に納車され環境貢献をアップ

    Amazonが電動配達トラック10万台を発注、2021年に納車され環境貢献をアップ

    AmazonのCEOであるJeff Bezos氏は9月19日に、気候変動への影響を縮小するための取り組みを今後も拡大する、と発表した。 続きを読む

  • FarmWiseの全自動除草ロボットが脱プロトタイプに向けて15億円を調達

    FarmWiseの全自動除草ロボットが脱プロトタイプに向けて15億円を調達

    農業の自動化は作業が多様だから難しいが、そんな中で良い仕事をしているロボット企業や自動操縦企業もいくつか存在する。たとえば投資家たちに関心を持たれたFarmWiseはこのたび1450万ドルを調達して、その自動運転除草車の開発を継続している。 続きを読む

  • シボレーの小型EVは電池セルの化学物質変更で走行距離400km超え

    シボレーの小型EVは電池セルの化学物質変更で走行距離400km超え

    EPAの検査によると、2020年型全電動ハッチバックChevy Bolt EV(シェビー・ボルトEV)の走行距離は417kmとなり、前年より9%アップした。 続きを読む

  • 電気自動車の電池をインターネットからリアルタイム管理するクラウドサービス

    電気自動車の電池をインターネットからリアルタイム管理するクラウドサービス

    Boschが提供するクラウドサービスには、アドバンテージが3つある: (1)電池の長寿命化、(2)修理間隔を長くしてメンテナンスを楽にする、(3)充電の適正管理により電池の好調高能力を長時間維持する。 続きを読む