Grockit

  • 自主学習サイトGrockiがYouTube EDUのより多面的な利用へ–受験勉強だけじゃなく

    自主学習サイトGrockiがYouTube EDUのより多面的な利用へ–受験勉強だけじゃなく

    2008年のTechCrunch 50でデビューしたオンラインの学習サイトGrockitは、YouTube EDUの教育ビデオを使って充実した学習内容を作り出す。 Grockitは、ゲームのような仕組みを使って、ハイスクールの生徒の標準テスト…GMATやSATなど…の準備を助ける。最近は$7M(700万ドル)の資金を調達してGrockit Academyというものを立ち上げ、試験勉強ではなく一般的な教育…生徒たちの集団学習や生徒同士の教え合いが中心…をハイスクールやミドルスクールの生徒に提供しようとしている。 GrockitはYouTube ED… 続きを読む

  • TC50:Grockit、どんな模擬テストより優れたマルチプレーヤー学習ゲーム

    TC50:Grockit、どんな模擬テストより優れたマルチプレーヤー学習ゲーム

    Grockitは昨年から密かに動いている謎めいたオンライン学習サイトで、これまでに$10M(1000万ドル)以上の資金を調達してきた。このたびついにベールを脱いで一般公開され、期待を裏切らなかった。このサイトは「大規模マルチプレーヤーオンライン学習ゲーム」を自称しており、World of Warcraftを大ヒットに導いたゲーミングコンセプトを、オンラインSAT学習グループとでも言うものに応用した。 ログインすると、アクティブなクラスの一覧が表示され、各クラスは6人以下の生徒からなる。セッションが開始すると、質問と選択肢が提示される。生徒は… 続きを読む

  • バーチャルワールドに大ブーム―今年だけですでに$345Mの投資

    バーチャルワールドに大ブーム―今年だけですでに$345Mの投資

    今日(米国時間7/8)はどうやらバーチャル・ワールド・デーのようだ。朝は、Vivatyのベータ公開があり、続いてSecond LifeとIBMによる2つのバーチャルの互換性の実現が発表された。さらにGoogleのバーチャルワールド、Livelyがローンチした。 まるで誰も彼も独自のバーチャル・ワールドを競争で作っているように思える―というか、事実そうなのだ。Virtual Worlds Managementから今日、調査レポートが発表された。それによると、2008年の第2四半期に$161M(1億6100万ドル)が14件のバーチャル・ワールドに… 続きを読む

  • Grockit、謎の学習ゲームに$8Mの追加資金を調達

    Grockit、謎の学習ゲームに$8Mの追加資金を調達

    Grockitについて知られていることは多くない―オンライン学習のための新しい方法を開発中であること、それに昨年中ステルス・モードで開発を行っていたことくらいだ。だが、同社は、その中身がなんであれ、明らかに投資家に感銘を与えているようだ。Grockitは、Integral Capital、Benchmark Capital から、シリーズBのラウンドで$8M(800万ドル)を調達し、現在までの資金調達の総額は$10.7M(1070万ドル)にも達している。まだ内容が発表もされていないサービスにしては印象的な額だ。 Grockit のプレス・リリー… 続きを読む

  • スタートアップが受験勉強を変える

    スタートアップが受験勉強を変える

    大学を受験した人間なら誰でも標準化されたテストの準備で苦労したはず。失敗の代償がとてつもなく高くつくので、受験生も両親も準備に金と時間を惜しまずつぎ込んできた。そこで、受験勉強を助けることでこの競争から利益を得ようとするスタートアップがいくつか現れている。 Prepmeははシカゴ大学のビジネス・インキュベータから生まれた受験勉強サイトだ。2001に創立されており、SAT、PSAT、ACTを受験する学生のためにアルゴリズムによって最適な勉強方法をカスタマイズして提供する。 Kaplanのオンライン・コースのように最適な勉強のコースを最初に一… 続きを読む

  • Grockit、MBA志願のGMAT受験生を激安でサポート

    Grockit、MBA志願のGMAT受験生を激安でサポート

    受験勉強は金もかかるし、決して楽しいと呼べるものじゃない。月曜(米国時間11/27)にローンチした「Grockit」はそのコストを下げ、受験準備のプロセスをもう少し楽にクリアできるよう手助けしてくれる会社だ。Grockitを始めたのはFarbood Nivi、1998年から受験講師を務めてきた。Kaplan勤務の経験があり、2002年にはThe Princeton Reviewが選ぶ「ティーチャー・オブ・ザ・イヤー」に輝いた。その彼が自分で受験補習校を始めようと思い立ったのは数ヶ月前。どうせならWebEXのクラスが受講できるような学校を、と… 続きを読む