ソフトバンクグループ / Softbank Group(企業)

携帯電話といった電気通信事業者やインターネット関連会社などを傘下に置く日本の持株会社。

  • ソフトバンクが中国の産業用自律型モバイルロボットYouibotの16.9億円のラウンドをリード

    ソフトバンクが中国の産業用自律型モバイルロボットYouibotの16.9億円のラウンドをリード

    Softbankが、繁栄する中国の産業用ロボットスペースで、その新たな賭けの対象を選び出した。その投資対象であるYouibot(ユーアイボット、優艾智合)は、さまざまなシナリオのための自律型モバイルロボットを作る創業4年のスタートアップだ。 続きを読む

  • SoftBankが米国のヒスパニック系移民向けサービスに大型投資

    SoftBankが米国のヒスパニック系移民向けサービスに大型投資

    SoftBankは移民によって移民のために作られたWelcome Techに大型投資を行った。このサービスは米国への移民を歓迎し、社会に慣れ、成功を収める助けとなることを目指している。 続きを読む

  • バナジウムイオン電池開発の韓国Standard Energyがソフトバンクから約9.7億円調達

    バナジウムイオン電池開発の韓国Standard Energyがソフトバンクから約9.7億円調達

    バナジウムイオン電池を開発しているStandard Energyは、SoftBank Ventures Asiaの出資により890万ドル(約9億7000万円)のシリーズCを調達したと発表した。韓国を拠点とする同社は、リチウムイオン電池と比較して発火の危険性が少ないことや、バナジウムの調達が容易であることなどを利点として挙げている。 続きを読む

  • 新型コロナ需要で好調の在宅フィットネスTempoがソフトバンクなどから240億円調達

    新型コロナ需要で好調の在宅フィットネスTempoがソフトバンクなどから240億円調達

    2020年、パンデミックによって人々が家に閉じこもることを余儀なくされたとき、ジム通いをしていた多くの人が有酸素運動と筋力アップのトレーニングの欠如を埋めようと在宅フィットネスメーカーに目を向けた。そうした需要に対応しようと、フィットネススタートアップTempoはソフトバンクがリードした2億2000万ドル(約240億円)のシリーズCラウンドをクローズした。 続きを読む

  • 全米ロボット週間の話題を振り返る、隠れたものを拾い上げる技術からSPACまで

    全米ロボット週間の話題を振り返る、隠れたものを拾い上げる技術からSPACまで

    ロボティクス週間おめでとう。とはいえ、2021年は愛する人と一緒に過ごせない人も多いはず。しかし、National Robotics Week(全米ロボット週間)組織は、4月3日から11日までの期間中、全米50州でたくさんのバーチャルイベントを開催した。 続きを読む

  • ソフトバンクによるBetter.comへの約548億円出資で住宅ローン業界の魅力が証明された

    ソフトバンクによるBetter.comへの約548億円出資で住宅ローン業界の魅力が証明された

    デジタル住宅ローン融資のBetter.comは、日本の投資コングロマリットであるSoftBankから5億ドル(約548億円)の資金調達を行い、同社の価値を60億ドル(約6571億円)とした。この資金調達はいくつかの理由で注目されている。 続きを読む

  • ソフトバンク・グループがビジョン・ファンド幹部へのインセンティブを半額に

    ソフトバンク・グループがビジョン・ファンド幹部へのインセンティブを半額に

    Softbank Groupは米国時間2月8日、2021年3月期第3四半期の決算を発表した。その中には運用額986億ドル(約10兆370億円)のVision Fundの業績も含まれる。最近上場したDoorDashが数十億ドル(数千億円)の利益をもたらしたこともあり、その数字は魅力的なものだった。 続きを読む

  • ソフトバンクの好調な決算報告から同社が語らないWeWork回復の内情を探る

    ソフトバンクの好調な決算報告から同社が語らないWeWork回復の内情を探る

    SoftBankのジェットコースター的な決算は毎回ビジネスニュースの目玉だ。過去数年間絶好調だと説明してきた理由の1つはWeWorkだったが、その大失敗で好調さは吹き飛ばされてしまった。 続きを読む

  • ソフトバンクがSPACをさらに2社申請

    ソフトバンクがSPACをさらに2社申請

    巨大なビジョンファンドとその後継ファンドを運用する日本の通信コングロマリットであるSoftbankは取り残されたくないと考えている。同社は米国時間2月5日、2つの新しいブランクチェック(白紙小切手)会社に関して連続してSPAC登録届出書を提出した。 続きを読む

  • ソフトバンクとアイリスオーヤマがロボット事業の合弁会社設立、AI除菌清掃ロボット「Whiz i アイリスエディション」発表

    ソフトバンクとアイリスオーヤマがロボット事業の合弁会社設立、AI除菌清掃ロボット「Whiz i アイリスエディション」発表

    ソフトバンクのロボットに対する野望は衰えを知らない。その最新の動きは非常に興味深いものだ。日本時間1月27日、ソフトバンクロボティクスはアイリスオーヤマと提携を結び、合弁会社「アイリスロボティクス株式会社」を2021年2月1日に設立すると発表した。 続きを読む