groupon

  • 元Groupon社員が激白: 営業に無理な企画を押しつけられたら絶対拒否せよ

    元Groupon社員が激白: 営業に無理な企画を押しつけられたら絶対拒否せよ

    編集者注記: ゲスト筆者のRocky Agrawalが、日替わりお買い得サービスの深層分析シリーズを続けている(TCjp編集部注:日本語はクーポンビジネスが崩壊する理由、パート2)。Agrawalは起業家で、1995年からローカル製品を手がけている。彼のブログはreDesign、ツイートは@rakeshlobsterだ。 Grouponの元社員からもらった2通のメールを読むと、同社の営業の体質が分かるようだ。あくまでも特定の個人の見方にすぎないが、でも外部者ではなくて彼は元社員だ。メールは下に引用するが、率直で公平な見方をしていると私は思う… 続きを読む

  • 小企業はGrouponに近寄るべきではない?–うまくいってるお店のほうが多いのに!

    小企業はGrouponに近寄るべきではない?–うまくいってるお店のほうが多いのに!

    編集者注記: 以下の記事は、日替わりお買い得業界を批判している本誌連載記事に対する反論だ。筆者のVinicius Vacantiは、YipitのCEO、ここは300あまりのお買い得サイトの情報を集積している”お買い得情報アグリゲータ(aggregator)”だ。 夜のニュースを見ると、毎日必ずどこかで殺人事件が起きてるな、と思ってしまう。そして最近の本誌TechCrunchを読んでいると、Grouponはどの都市でも小企業を殺しているのだな、と思ってしまう。 日替わりお買い得のセール企画を実施する商業者の数は、年間で数… 続きを読む

  • アメリカの日替わりお買い得共同体購入クーポン業界はこんな宇宙だ

    アメリカの日替わりお買い得共同体購入クーポン業界はこんな宇宙だ

    GrouponのIPO申請以降、共同購入*のビジネスモデルとしての正当性をめぐって議論が燃え上がっているが、しかしこの種のソーシャルお買い得サービスは、今も雨後の筍ぶりが続いている。たとえば昨日会った某氏は、「ママたちのためのGrouponのCEOだ」と自己紹介した(いいアイデアだと思ったけど)。 今では、テクマニアたちのためのGrouponがあり、ユダヤ人のためのGrouponがある。次は何だろう? その答は、聞きたくないから黙ってて。 続きを読む

  • お店リビューサイトYelpが日替わりお買い得のモバイルアプリを展開

    お店リビューサイトYelpが日替わりお買い得のモバイルアプリを展開

    【抄訳】 これから日替わりお買い得サービスが伸びるのは、モバイルだ。Grouponはそのことを知っているし、Yelpも知ってる。Yelpは今日(米国時間6/29)、Yelp DealsのiPhoneとAndroid用アプリの提供を開始した。モバイルバージョンにはお買い得(Deals)アイコンがあって、それをクリックするとユーザの近くのレストラン、サウナ、等々の割引き情報の一覧を見られる。これまでのYelp Special OffersやCheck-In Offersアプリもそのまま使えるが。 Yelpが地域商業者のお買い得情報の提供を開始したのは… 続きを読む

  • 敵視をやめよう: 日替わりお買い得サイトは悪ではない–そしてその理由

    敵視をやめよう: 日替わりお買い得サイトは悪ではない–そしてその理由

    編集者注記: 本誌はこのところ、日替わりお買い得サービスという業態のあら探しをするゲスト記事をたくさん載せている。この記事は、それらに対する反論だ。Arash Pirzad-AllaeiはKASA Capitalの協同ファウンダで、同社のWebサイトのネットワークの、技術開発を担当している。日替わりお買い得サイトCrowd Cutも、そのネットワークの一員だ。 最近は、日替わりお買い得サイトを敵視する記事を、メディア上に多く見かけるようになった。メディアって、そう、おたくのことですよ、TechCrunchさん。 たしかに、Grouponはこの業界… 続きを読む

  • クーポンビジネスが崩壊する理由―パート2

    クーポンビジネスが崩壊する理由―パート2

    編集部注:このゲスト投稿はフラッシュマーケティング業界のビジネスモデルを詳細に分析するシリーズの一部だ。筆者のRocky Agrawalは1995年以来、ローカルサービス事業に携わっている起業家だ。クーポンビジネスが崩壊する理由―パート1、他、関連の記事を参照。Agrawalの記事はreDesignで読める。Twitterは @rakeshlobster。 読者がスモールビジネスのオーナーだとしよう。次の2つのどちらかを選ぶだろうか? オーナーは私に広告費として6万2500ドルを支払う。私はオーナーに大量の客が来ることを保証する。その客は再… 続きを読む

  • 日替わりお買い得サイトの消費者行動調査: お客の1/3は新規客だ

    日替わりお買い得サイトの消費者行動調査: お客の1/3は新規客だ

    調査会社ForeSee Resultsが日替わりお買い得サイト業界を分析した結果、今GrouponやLivingSocial、Googleなどが提供しているディスカウント情報配布サービスは、商業者のお店に多くの新規顧客を連れてくることが判明した。 その調査によると、日替わりお買い得企画で来るお客の38%は、そのお店の前からの常連さんである。このことは、頻繁に定価で買う人にディスカウントを提供しているのだから、良いニュースではないかもしれない。 しかし、31%は新規のお客であり、4%は以前のお客さんだ。合わせると、35%は新しい商機だ。しかも… 続きを読む

  • 今自分がいる町のGrouponセールが分かる新バージョンのPulseリーダー

    今自分がいる町のGrouponセールが分かる新バージョンのPulseリーダー

    Pulseは、ニューズフィードリーダーとFacebookのリンクだけではない。これからは、最寄りの日替わりお買い得情報も分かるのだ。iPhoneとAndroidアプリの今回のアップデートにより、ユーザが位置共有をonにしていたら、Pulseは最寄りのGroupon情報を取り出す。 Pulseでは、ユーザが今いる都市のお買い得クーポンを買える。お買い得情報はPulseリーダーのストリームとして表示され、さらに近隣都市の情報も見ることができる。ユーザがそのどれかを買ったら、Pulseにはアフィリエイト料金が入る。でも、Grouponからのメ… 続きを読む

  • バーベキュー屋のおやじが語る: Grouponの良し悪しはその活かし方次第

    バーベキュー屋のおやじが語る: Grouponの良し悪しはその活かし方次第

    編集者注記: Carey Friedmanは、ヴァージニア州リッチモンドのGrandpa Eddie’s BBQ(エディーじいちゃんのバーベキュー)の誇り高き経営者だ。この記事は、Grouponのビジネスモデルを疑問視している本誌の連載記事に対する、彼からの返答だ。 最近本誌に載った、Grouponをたたいている大量の記事を読んだけど、最初は、Grouponに満足している商業者の一人として、ほとんど無視していた。一人の筆者が自分の見方を述べた単発記事だ、と思っていたからだ。でも、Grouponをぼろくそに言っている記事が次から次へと… 続きを読む

  • クーポンビジネスが崩壊する理由

    クーポンビジネスが崩壊する理由

    編集部注:本稿のゲストライター、Rocky Agrawalは1995年以来地域サービスに取り組んできた起業家である。彼のブログ、reDesignとツイート、@rakeshlobsterはこちら。 GrouponがIPO申請したことでもあり、今この業界を根本から見直してみる価値があると思う。これまでの成長ぶりは目を見張るばかりだ。しかし、果たしてこれは維持可能なビジネスなのだろうか。 みんなが日替りクーポンを好きな理由は単純で、驚くほどお得だからだ。最初のインターネットバブルでの収益成長のしくみが、1ドルを50セントで売ることだったとすれば、… 続きを読む

  • GrouponのIPOは詐欺みたいだ–そう感じる理由

    GrouponのIPOは詐欺みたいだ–そう感じる理由

    GrouponのIPOが詐欺のように感じられる理由は、利益がどこにも見えずに、ただ、ファウンダたちがわれわれを信用しろと言いながら金を手中にしているからだ。 続きを読む

  • Groupon、IPO申請書に基づく年間収益予測は驚異の$2.6B

    Groupon、IPO申請書に基づく年間収益予測は驚異の$2.6B

    ついにGrouponが今日IPOを申請し、同社の財務状況があらわになった(リンク先に財務情報全文がある)。Grouponは驚異的ペースで成長を続けている。昨年同社の収益は2万2000%増の$713M(7億1300万ドル)だった。そして、2011年第1四半期だけで、昨年1年間の収益にほぼ匹適する$644M(6億4400万ドル)を上げている。これは前年同期比1万3575%増である。 Grouponの第1四半期のデータを分析すると、2011年度推定収益は$2.6B(26億ドル)になり、これには今後の各四半期の成長因子すら入っていない。このため… 続きを読む

  • Groupon IPO:主要株主の顔ぶれ

    Groupon IPO:主要株主の顔ぶれ

    GrouponがS-1申請書を提出し、近々株式上場するための準備が整った(IPOが近いという噂は以前からあったので、このニュース自体は驚きではない)。手続きの一環として同社がさまざまな重要データを公表した ― 2011年Q1の収益が$644M(6億4400万ドル)だったことや、急速な拡大のため未だに利益を上げていないことなど。同社はさらに、株主一覧表を示し、持ち分の概要を明らかにした。 下の表にあるように、GrouponにはクラスAおよびクラスBの一般株式があり、クラスBの投票権が拡大されている点を除き、両者は変わらない(クラスB株式の投票… 続きを読む

  • Groupon、株式上場を申請―7億5000万ドルの調達を目論む

    Groupon、株式上場を申請―7億5000万ドルの調達を目論む

    Groupon CEOのAndrew MasonはD9カンファレンスの壇上でKara Swisherに株式上場について質問され、無言で睨み返すというパフォーマンスで会場の笑いを誘った。Grouponは証券取引委員会にS-1申請書を提出したことが明らかとなった。いよいよ上場手続きの最後の段階に入ったわけで、申請書によれば$750M(7億5000万ドル)の調達を目指すという。 2010の売上は対前年比22.7倍の成長で$713M(7億1300万ドル)だった。 2011年第1四半期の売上は$644M(6億4400万ドル)だ。損益では、昨年$456M(… 続きを読む

  • クーポンの「プッシュ通知」に登録ユーザーの14%が反応

    クーポンの「プッシュ通知」に登録ユーザーの14%が反応

    この記事を書いている横で、私のiPhoneの画面にはブルーのボックスが勢いよく現れ「グルーポン:Papa Johnのピザが64%オフ」のメッセージが、友達からのテキストメールと同じフォーマットで表示されている ― これが実に巧妙なところで、まるで大親友から割引ピザを買おうと誘うメールが来たかのようだ。元気づけられると同時に不安でもある。 comScoreの小売業界ウェブセミナーによると、この種の通知には効果がある ― 調査対象ユーザーの5%/6%(Groupon/LivingSocial)が、それぞれのアプリを自発的に開いてクーポンを探すと答えた… 続きを読む

  • Grouponは中国で“さんざんな目に遭っている”

    Grouponは中国で“さんざんな目に遭っている”

    昨夜(米国時間4/25)北京でGlobal Mobile Internet Conferenceが幕開けした。オープニングイベントは、Google ChinaのトップJohn Liuのオンステージインタビューと、それに続くパネルディスカッションだった。後者には、数名の起業家とMSNやZyngaなどの役員が出席した。 インタビューのタイトルは“How foreign companies can succeed in China”(どうやれば外国企業が中国で成功できるか)だが、この人民共和国で支配的な地位を達成した外国のインターネット企業… 続きを読む

  • Facebookクーポン「Deals」、今夜正式発表らしい(報道協定破り?)

    Facebookクーポン「Deals」、今夜正式発表らしい(報道協定破り?)

    おーっとー。 どうやらニューヨークタイムズがちょっとした報道協定破り状態に陥っているらしい(ぼくらが大好きな ― カオスだ!)。記事のURLがこうなっていた。「http://bits.blogs.nytimes.com/2011/04/25/latest-rival-to-groupon-livingsocial-facebook-embargo-till-midnight/」(太字は筆者。訳注:協定により深夜零時まで非公開)。もちろんこのページはもう見つからないが、少しの間生きていた。しかもこのニュースは大物、FacebookによるG… 続きを読む

  • 独占スクープ―Grouponの2月の米国売上(そしてトラフィックも)謎の急減

    独占スクープ―Grouponの2月の米国売上(そしてトラフィックも)謎の急減

    誰もがGrouponは絶好調で成長を続けているものと考えている。世界の共同購入市場のシェアで断然トップだし、手当たりしだいに人材をスカウトしているし、$25B(250億ドル)規模といわれる株式公開に向けて準備も進めている。しかし、アメリカ本国における売上は、特にあの大失敗に終わったスーパーボールCMの後では、どう推移しているのか? 上のグラフはGroupon’のアメリカにおける月間売上の推移を表したもので、非常に信頼できるデータだ(Grouponのオファーのページにはそれぞれの価格と購入者の人数が明示されている)。重要なポイ… 続きを読む

  • アメリカの共同購入市場は今年138%成長して27億ドルへ

    アメリカの共同購入市場は今年138%成長して27億ドルへ

    共同購入サービスは、2年前にどこからともなく突然現れて、急成長を続けている。共同購入情報のアグレゲータ、Local Offer Networkがまとめた最新のレポート(下にエンベッドしてある)によると、 アメリカにおける昨年の共同購入の市場規模は$1.1B(11億ドル)だったが、2011年には138%成長して$2.7B(27億ドル)に上るという。 他の調査報告では、Groupon1社だけでも、昨年の$760M(7億6000万ドル)から $3B(30億ドル)から$4B(40億ドル)に急成長する見込みという(ただし、この数字は全世界ベース)。Gro… 続きを読む

  • 起業家のみなさん、残念ながらあなたは「例外」ではない。たぶん「標準」だ

    起業家のみなさん、残念ながらあなたは「例外」ではない。たぶん「標準」だ

    過去2年間毎月平均30時間は機上にいるので、ふだんはあまり見ないのだが映画を ― 大ていは睡眠薬で半錯乱状態で ― たくさん見ている。その一つはスターが勢揃いしたラブ・コメディー『そんな彼なら捨てちゃえば』だった。注意:この映画はオスカーには今夜も今後も登場しないし、それは残酷な見落しがあったからではない。しかし、普通の映画としては十分よくできている。 殆どのTechCrunch読者は、男としてこれを見るのも、見たと認めるのもイヤだろうから、私が映画のあらすじを紹介することにする。人生の大部分がそうであるように、最も単純な説明は、大ていが正しい… 続きを読む