Guns

  • 3Dプリント銃を現実的にする新しい弾丸

    3Dプリント銃を現実的にする新しい弾丸

    3Dプリント拳銃はまだ現実味に欠ける。プラスチックの気まぐれに加えて、Liberatorのような作り方を見る限り、注意していないと銃はいつでも手溜弾に変わりかねない。しかし、エンジニアのMichael Crumlingは答を知っているかもしれない。 続きを読む

  • Solid Conceptsが、新たな3D金属プリント拳銃を発表

    Solid Conceptsが、新たな3D金属プリント拳銃を発表

    金属による3Dプリンティングの専門メーカーで、現在はStratasys傘下にあるSolid Conceptsが、第2の3Dプリント金属拳銃、Reasonを発表した。 続きを読む

  • 日本で3Dプリンターを使って銃を作った男、地裁判断は2年間の実刑判決

    日本で3Dプリンターを使って銃を作った男、地裁判断は2年間の実刑判決

    湘南工科大学の元職員である居村佳知は、3DプリンターでZigZagと呼ばれる拳銃を製造・使用し、日本の厳格な銃規制法に違反したとして逮捕されていた。 検察側は、居村被告の行為は銃規制に反対する立場から、殺傷能力を有する銃を簡単に製造可能であることを広めようとした行為であると断じていた。伊名波裁判長曰く「誰でも拳銃を製造して所持できることを示し、銃規制を形骸化しようと考えた」とのこと。 続きを読む

  • 3Dデザイナー集団、逮捕された日本人メーカーに敬意を表して「イムラ」リボルバーを設計

    3Dデザイナー集団、逮捕された日本人メーカーに敬意を表して「イムラ」リボルバーを設計

    日本の警察が、3Dプリンターでリボルバー拳銃を作った疑いで居村佳知を逮捕した時、いくつかのサークルの3Dプリント支持者が立ち上がった。問題の銃は、空砲しか発射できないZig-Zagと呼ばれるシンプルなテストモデルだった。このほぼ居村の3Dプリンティングにおける業績に敬意を表して、あるCADデザイナーが、新たにより高性能な実弾を発射できる銃を設計した。 続きを読む

  • 米下院、プラスチック銃禁止を承認するも、3D銃器法は改訂せず

    米下院、プラスチック銃禁止を承認するも、3D銃器法は改訂せず

    史上最も非生産的な議会は、3Dプリント武器の時代に向けてプラスチック銃禁止法を改訂できなかった。今日(米国時間12/3)下院は、〈検知されない銃器法〉の延長を圧倒的多数で可決したが、永久金属部品の内蔵を必須とするための改訂は加えなかった。 続きを読む

  • 3Dプリンタで製作できるLiberatorピストルについてまず知っておくべき事実

    3Dプリンタで出力されたLiberatorというピストルは実際に発射可能であることが分かった。そこで3D兵器、自家製兵器について基本的な事項をここで確認しておこうと思う。本当に作動するのか? イェス。少なくとも1発は本体を損傷させずに発射できたようだ。上のビデオでは1発しか発射されていないが、ForbesのAndy Greenbergは何回か発射したところを見たという。 続きを読む

  • 今度は3Dプリントでピストルが完成…鋼鉄もすこし使っています

    今度は3Dプリントでピストルが完成…鋼鉄もすこし使っています

    銃の部品専門のThingiverse、と呼びたいDefense Distributedは、しばらくAR-15用ロアレシーバーの3Dプリントに取り組んでいたが、今度はついに、Liberatorと名付けた3Dプリント拳銃を完成させた。完全にABS樹脂による3Dプリントだが、撃針だけは違う。とにかく(略称)DefDistは銃の作り方をオープンソースにすることが使命だと自称しているから、またその成果が一つできたわけだ。 続きを読む

  • 銃製造集団のDefense Distributed、AR-15用600連射可能の部品を3Dプリント

    鉄砲工のCody Wilsonを中心とするグループ、Defense Distributedは、AR-15に3Dプリントで作ったロアレシーバーを装着した銃で600発以上発射するところを映したビデオを公開した。3Dプリント部品の世界では稀な出来事だ。この部品はAR Lower V5と呼ばれ、600発の連射をほぼ完璧にこなし、Wilsonに言わせると「弾丸がなくなったのでテストを止めたが、このロアレシーバーなら1000発以上は楽に射てる」そうだ。 続きを読む