ハプティクス / 触覚技術(用語)

ハプティクス(触覚技術)に関連する記事一覧。

  • グーグルがAndroid 12の開発者プレビュー最新版を公開、触覚フィードバックなど拡張

    グーグルがAndroid 12の開発者プレビュー最新版を公開、触覚フィードバックなど拡張

    Googleは米国時間4月21日、同社のモバイルOSの最新版であるAndroid 12の開発者プレビュー第3弾を予定どおり公開した。Googleのロードマップによると、今回の開発者プレビューは、Android 12がベータ版に移行する前の最後のプレビューとなる。 続きを読む

  • 遠隔地でも仮想空間でも釣りができる小型ロボット「TeleAngler」、ロボティクスのRe-alが2021年内販売へ

    遠隔地でも仮想空間でも釣りができる小型ロボット「TeleAngler」、ロボティクスのRe-alが2021年内販売へ

    近い将来、自宅から遠く離れた海や川にいる魚を釣ることができるようになるかもしれない。ロボティクススタートアップのRe-alは2021年内に、小型の遠隔 / 仮想釣りロボット「TeleAngler(テレアングラー)」を販売する予定だ。現在も開発が進められているこのTeleAnglerには、リアルハプティクス(力触覚技術)を応用している。 続きを読む

  • モーションリブが模型用小型モーター使い固い・柔らかい物をつかんだ感触を伝送する技術を開発

    モーションリブが模型用小型モーター使い固い・柔らかい物をつかんだ感触を伝送する技術を開発

    モーションリブは10月15日、汎用力触覚ICチップ「AbcCore」により、低価格な模型用小型モーターを使い、硬いモノ・柔らかいモノなどをつかんだ感触など力触覚を伝送をする技術を開発したと発表した。 続きを読む

  • 触覚を再現するハプティクス技術はコロナ時代における希望となるか

    触覚を再現するハプティクス技術はコロナ時代における希望となるか

    ブルックリンに住むJeremy Cohen(ジェレミー・コーエン)はこの3月に、近所に住むTori Cignarella(トーリ・シニャレラ)というすてきな女の子とお近づきになりたいと綿密な作戦を練って実行したことで、インターネットでちょっとした有名人になった。 続きを読む

  • アスクがVR/AR対応スーツ型デバイスを取り扱い開始、モーションキャプチャ・触覚フィードバックなど対応

    アスクがVR/AR対応スーツ型デバイスを取り扱い開始、モーションキャプチャ・触覚フィードバックなど対応

    アスクは8月4日、VR Electronicsが展開するTESLASUITブランド製のVR/AR対応スーツ型デバイス「TESLASUIT」の取り扱いを開始したと発表した。 続きを読む

  • Google、英スタートアップ、Reduxを買収と判明――オーデイオとハプティクス分野で大きな武器に

    Google、英スタートアップ、Reduxを買収と判明――オーデイオとハプティクス分野で大きな武器に

    Bloombergによれば、Googleその他の事業の親会社、Alphabetは、イギリスのスタートアップ、Reduxを密かに買収していたという。Reduxは2013年にケンブリッジに設立されたスタートアップで、スマートフォンやタブレットの表面を振動させるテクノロジーを開発している。これらの表面をスピーカーやハプティック・フィードバックのために利用できるようにするのが目的だ。 続きを読む

  • BlindPADのタブレットは突起の集合で情報を触覚的に表現し伝える、目の不自由な人だけでなく一般的な用途も

    BlindPADのタブレットは突起の集合で情報を触覚的に表現し伝える、目の不自由な人だけでなく一般的な用途も

    指先の操作だけで大量の情報にアクセスできるようになったことは、本当に素晴らしいけれども、でも文字通り自分の指先でしか情報にアクセスできない人たちはどう思っているだろう?。ここにご紹介する新しい画期的なタブレットは、磁力を利用して突起〔点字の‘点’に相当〕を並べ替え、地図などの画像情報も触覚に翻訳できる強力なツールになるかもしれない。 続きを読む

  • 目に見えないボタンやスイッチを操作する‘タッチレスインタフェイス’のUltrahapticsが$23Mを調達

    目に見えないボタンやスイッチを操作する‘タッチレスインタフェイス’のUltrahapticsが$23Mを調達

    今VRやARに大金を投じているテクノロジー企業は、目の前のデジタルオブジェクトが本物であるとユーザーに信じこませる努力を重ねているが、ユーザーがそれらを本当に本物だと感じるためには、まだ重要な何かが足りない。 Ultrahapticsは、超音波を利用して、ユーザーが感じることのできる3Dのオブジェクトを空中に作り出そうとしている。同社が当面考えているのは、その技術を使って“タッチレスのインタフェイス”を作ることだ。それは、ユーザーの手の動きをシステムが追う、というタイプではなくて、空中に作られる目に見えないスイッ… 続きを読む

  • VR触覚コントローラー「UnlimitedHand」の開発元がソニーなどから2億円を調達

    VR触覚コントローラー「UnlimitedHand」の開発元がソニーなどから2億円を調達

    Oculus、GearVR、Playstation VRなどのVRヘッドセットが出揃い、利用できるコンテンツも増えてきた。ただ、まだVRの世界と関わる最適な方法はまだ出てきていないように思う。OculusにはTouchコントローラーがあり、Playsation VRにはPlaysation MOVEコントロラーがあるが、VRのの世界を楽しむのに手にコントローラーを持っていては、完全に没入的なVR体験にはならないだろう。H2Lが開発する「UnlimitedHand」は、腕に巻くだけでVRゲームとのインタラクションを可能とするデバイスだ。本日H… 続きを読む

  • モバイルでも低音を「感じたい」人、コンパクトでウェアラブルなWoojerを試してみよう

    モバイルでも低音を「感じたい」人、コンパクトでウェアラブルなWoojerを試してみよう

    Woojarというのはウェアラブルなモバイルアクセサリーで、音楽を「感じる」ことができるようになるデバイスだ。聴覚的刺激だけでなく、触覚によるフィードバックを行うことで、身体で音楽を感じられるようにするわけだ。お気に入りのアーティストの音楽を聴く場合のみならず、モバイルデバイスでゲームや映画等のオーディオビジュアル系コンテンツを愉しむ場合にも活用することができる。 続きを読む