ヘイトスピーチ(用語)

ヘイトスピーチに関連する記事一覧

  • フェイスブックがAIによる誤報やヘイトスピーチ検出に関する最新情報を公表

    フェイスブックがAIによる誤報やヘイトスピーチ検出に関する最新情報を公表

    誤報対策に取り組むFacebookの戦いが終わりを告げることはないだろうが、だからといって同社は諦めたわけではない。それどころが、自動化されたシステムに絶え間なく改善を加えているおかげで、ヘイトスピーチや誤報をある程度は減少させることができている。CTOのマイク・シュロープファー氏は米国時間11月20日、一連のリリースでこれら改善点の最新情報を公表した。 続きを読む

  • YouTubeが投稿前にユーザーに再考を促す機能を導入、悪意的なコメント対策で

    YouTubeが投稿前にユーザーに再考を促す機能を導入、悪意的なコメント対策で

    YouTube(ユーチューブ)は12月3日、コメントをする人に悪意のある攻撃的な文言を投稿前に再考するよう促す新しい機能を立ち上げると発表した。 続きを読む

  • Facebookが方針転換してホロコースト否定コンテンツを禁止へ

    Facebookが方針転換してホロコースト否定コンテンツを禁止へ

    Facebookは米国時間10月12日に、同サイトにおけるホロコースト否定コンテンツに対する方針を大きく転換した。長年にわたり、フェイスブックは表現の自由を優先して著しく攻撃的なコンテンツを削除せず、伝統的出版社の果たしてきた責任から距離をおいていることを非難されてきた。 続きを読む

  • ヘイトに満ちた投稿で停止されていたトランプ大統領のTwitchアカウントが復活

    ヘイトに満ちた投稿で停止されていたトランプ大統領のTwitchアカウントが復活

    RedditとTwitchが利用約款に違反する政治的投稿だとしていくつかのアカウントを停止してから2週間が経った。この重要な決定ではトランプ大統領のTwitchの公式アカウントも対象となっていた。 続きを読む

  • ユニリーバとベライゾンがFacebookから広告を引き揚げ

    ユニリーバとベライゾンがFacebookから広告を引き揚げ

    Facebookのコンテンツと収益化ポリシーに対する広告主の反発が拡大を続けている。TechCrunchの親会社であるVerizonは、FacebookとInstagram(インスタグラム)に出している広告を、「我々の納得が行く、さらにTwitterなどの他のパートナーとの我々の同意内容と一貫性のある解決策をFacebookが提示するまで、一時差し止める」と話した。 続きを読む

  • ドイツがオンラインヘイトスピーチを取り締まる法律を厳格化

    ドイツがオンラインヘイトスピーチを取り締まる法律を厳格化

    オンラインヘイトスピーチに関する法律は表現の自由の観点から違憲だとフランスの憲法評議会が判断した一方で、ドイツはヘイトスピーチに関する法律を強化する。 続きを読む

  • フランスでヘイトコンテンツの24時間以内の削除をプラットフォームに強制する法案が可決

    フランスでヘイトコンテンツの24時間以内の削除をプラットフォームに強制する法案が可決

    フランスの下院議会は、ソーシャルネットワークとオンラインプラットフォームにおけるヘイトスピーチに対抗する法案を可決した。オンラインプラットフォームは、反社会的なコンテンツを24時間以内に削除しなければ、この法律に違反したとして、毎回多額の罰金を支払わなければならない。 続きを読む

  • YouTubeがUIをリニューアル、ユーザビリティー重視、クイックリスト復活

    YouTubeがUIをリニューアル、ユーザビリティー重視、クイックリスト復活

    YouTubeがトップページのリニューアルを発表した。同社は米国時間10月7日、メジャーアップデートを行い、使いやすさを優先したシンプルなデザインを採用した。 続きを読む

  • YouTubeのヘイトコンテンツ削除件数がQ2に大幅増

    YouTubeのヘイトコンテンツ削除件数がQ2に大幅増

    YouTubeは、白人至上主義やヘイトに満ちたコンテンツを禁止する6月のコンテンツポリシーのアップデート以降に進めてきた、プラットフォームからの有害コンテンツの排除において目覚ましい進展があったと発表した。 続きを読む

  • YouTubeのCEOがヘイトスピーチ対策の現状と将来を語る

    YouTubeのCEOがヘイトスピーチ対策の現状と将来を語る

    YouTubeのCEOであるスーザン・ウォシッキー氏は、保守系のコメンテーターのSteven Crowderを排除しない同社の決定を擁護している。 続きを読む

  • ソーシャルメディアに暴力コンテンツの責任を問う法案が豪議会を通過

    ソーシャルメディアに暴力コンテンツの責任を問う法案が豪議会を通過

    オーストラリアの議会は木曜日、ソーシャルメディアに共有コンテンツの責任を問うため、おそらく最も厳しい法的措置となるものを通過させた。 続きを読む

  • FacebookやTwitterはヘイトスピーチ対策で足並みを揃えるときだ

    FacebookやTwitterはヘイトスピーチ対策で足並みを揃えるときだ

    2016年のドナルド・トランプの選挙以来、Facebook やTwitterといったソーシャルメディアプラットフォーム上でのヘイトスピーチに注目が集まるようになった。活動家がこれらの企業にコンテンツの節度を改善するよう圧力をかける一方で、いくつかのグループは(ドイツ政府は関与せず)即座にプラットフォームを告訴した。 続きを読む

  • SpotifyもAlex Jonesのヘイトコンテンツを削除、YouTube、Facebookに次ぎ三社め

    SpotifyもAlex Jonesのヘイトコンテンツを削除、YouTube、Facebookに次ぎ三社め

    一週間あまりの間に三つのテクノロジー企業が、Alex Jonesの人騒がせ的で極右的で陰謀説のコンテンツに対する態度を決めた。その三番目の企業は、昨日(米国時間8/1)一部のコンテンツを削除したSpotifyだ。同社が5月に発表したヘイトコンテンツに対するポリシーに、Infowarsのポッドキャスト番組の一部が違反している、とされた。同社のアクションは、Jonesのビデオに対するYouTubeとFacebookの罰に続くものだ。それらのビデオには、イスラム教排斥や性的少数者の排撃、児童虐待など、両社のポリシーに違反するコンテンツが含まれ… 続きを読む

  • YouTubeがAlex Jonesのチャネルに罰を適用、ヘイトスピーチと児童愛護に関するポリシーに違反と

    YouTubeがAlex Jonesのチャネルに罰を適用、ヘイトスピーチと児童愛護に関するポリシーに違反と

    Googleは、InfowarsのファウンダーAlex JonesのYouTubeチャネルに、このビデオプラットホームの児童愛護とヘイトスピーチに関するポリシーに違反したとして罰を与えた。また、4つのビデオが削除された。罰の内容は、Jonesのチャネルの90日間ライブストリーミング禁止だ。 Googleのプレス向け声明はこう言っている: “弊社には何年も前から、児童愛護とヘイトスピーチに関するポリシーがある。話者やチャネルが何であれ誰であれ、ビデオのコンテンツに基づいてそのポリシーを一貫して適用している。また弊社には明確な三振法… 続きを読む

  • Facebook、「ユダヤ人嫌い」問題を受け、ターゲット広告の人力監視を約束

    Facebook、「ユダヤ人嫌い」問題を受け、ターゲット広告の人力監視を約束

    Facebookは、ユーザープロファイルの興味分野や勤務先情報を広告ターゲティングに利用することが、攻撃的行為を生む可能性を予知できなかった。 Facebook COO Sheryl Sandbergは現在の状況を詫び、今後Facebookは広告ターゲティングをすべて、手動でチェックすると発表した。 続きを読む

  • Microsoftがヘイトスピーチを減らすための新しいリソースを発表(コンテンツを削除された方も反論を言える)

    Microsoftがヘイトスピーチを減らすための新しいリソースを発表(コンテンツを削除された方も反論を言える)

    Microsoftが今日(米国時間8/1)、同社の消費者サービスのユーザーのためのブログで、ヘイトスピーチを減らすための新しいリソースを紹介している。そのリソース(専用のフォーム)を使ってユーザーは同社に直接、ヘイトスピーチを報告し、あるいは削除されたコンテンツの復活を訴えることができる。 TwitterやFacebookなどのソーシャルネットワークにおける、特定のオンラインコミュニティの中での安全対策は、多くの人が知っている。たとえば先週Twitterは、テロを宣伝したとして停止されたアカウントのリストに、新たに23万5000のアカウ… 続きを読む