headphones

  • 予算目的別、おすすめワイヤレスヘッドフォン(イヤフォン)

    予算目的別、おすすめワイヤレスヘッドフォン(イヤフォン)

    スマートフォンが普及して、ヘッドフォンさえあれば、いつでも好きな音楽、ポッドキャスト、あるいはオーディオブックを聴くことができるようになった。さらに、自分好みのものを聴きながらも電話を受け損なうこともない。 続きを読む

  • Marshall製ノイズキャンセリング対応ヘッドフォンが登場

    Marshall製ノイズキャンセリング対応ヘッドフォンが登場

    Marshallといえば、ヘッドフォン市場でも高音質なプロダクトで知られている。そのMarshallが、アクティブ・ノイズ・コントロール(ANC)機能を備えたヘッドフォンを発表した。名前はMarshall Mid ANCだ。価格269ドルのワイヤレスヘッドフォンで、昔ながらのMarshallらしいルックスを保持しつつ、最新のBluetooth aptXに対応している。 続きを読む

  • MWCに見る3.5mmヘッドホーンジャックの盛衰、ないことが高級機の証拠、しかし低価格機では必須

    MWCに見る3.5mmヘッドホーンジャックの盛衰、ないことが高級機の証拠、しかし低価格機では必須

    ワイヤレスの産業が今、Mobile World Congressで最新の技術と製品を披露している。Samsung, Sony, Nokia, LGなどからここで発表されたスマートフォンの新製品は19機種だ。各社はそれらを、2018年に消費者に売っていくつもりだ。その多くに3.5mmのジャックがあるが、でもその多くは中級から初級レベルの機種で、各社の旗艦的製品からは急速に姿を消しつつある。 上記19機種の中で、古典的な3.5mmのヘッドホーンジャックがあるのは17機種だ。ないのは、Sony XZ2, Sony XZ2 Compact, そしてNokia 8 Si… 続きを読む

  • Apple、オーバーザイヤー型ヘッドホンを今年中に発売か?

    Apple、オーバーザイヤー型ヘッドホンを今年中に発売か?

    KGIのアナリスト、Ming-Chi Kuoによると、Appleは今年中に新しいワイヤレスヘッドホンを発売するらしいとApple Insiderは伝えている。AppleはすでにBeatsブランドをもっているが、今度のオーバーザイヤー型ヘッドホンはAppleブランドで売り出されることも考えられる。 続きを読む

  • Bose、Googleアシスタントに最適化したヘッドホンを発売

    Bose、Googleアシスタントに最適化したヘッドホンを発売

    噂のノイズキャンセリング・ヘッドホンBose QC 35 IIが噂ではなくなった。今日(米国時間9/21)Boseは正式発表し、人気の高級ノイズキャンセリング・ヘッドホン QC 35の後継機を披露した。 続きを読む

  • [ポッドキャスト]ポケットだらけのベストSCOTTeVESTを作ったScott Jordanがファッションの未来を語る

    [ポッドキャスト]ポケットだらけのベストSCOTTeVESTを作ったScott Jordanがファッションの未来を語る

    Scott Jordanは、服を作るつもりではなかった。彼は弁護士だったが、自分のウォークマンがいつもドアノブにひっかかるのを、なんとかしたかった。いろいろ試作した結果として彼は、SCOTTeVESTを発明した。ポケットがものすごく多いベストで、ヘッドフォンやその他もろもろのケーブルのための秘密の通路があちこちにあった。それを商業化してから10年あまり経った今の彼は、服は今後ますますハイテクになるように見えても、われわれ人類が身にまとう布切れのルック&フィールは未来永劫同じだろう、と考えている。 続きを読む

  • コンピューター上の何か(ゲーム?)に夢中になってるとき人が来たらSentryが警報してくれる

    コンピューター上の何か(ゲーム?)に夢中になってるとき人が来たらSentryが警報してくれる

    たとえばあなたは今、ヘッドフォーンをつけて、コンピューターで、あれ(ゲーム?)をしている。しかもどうやら、完全に没頭している。誰かが後ろからこっそり忍び寄ってきたけど、そのゲーム(?)をポーズするのが間に合わなかった。Sentryがあれば、ゲームをしている(?)ときに人に見られるバツの悪さを、未然防止できる。 この楽しい小さなデバイスは要するに赤外線モーションセンサーで、5メートルまでの範囲内の人を検知する。人が近づいてくると画面に警告が出るので、すぐにそのゲーム(ということにしておこう)を消して、注意をその人物に集中できる。 続きを読む

  • JabraのHalo Smartは、ビジネスカジュアルなBluetoothヘッドホン

    JabraのHalo Smartは、ビジネスカジュアルなBluetoothヘッドホン

    80ドルという価格は、Jabra Halo Smartをややグレイな領域に置いている。殆どの人にとって「安い」とは言えないが、Jaybird等の会社が出しているワイヤレス製品よりはかなり低価格だ。これはフィットネス用でもないし、音質や着け心地を追求したものでもない。 続きを読む

  • Boseのヘッドホン、QuietComfortがついにワイヤレスになった

    Boseのヘッドホン、QuietComfortがついにワイヤレスになった

    Boseの名前は、「ノイズキャンセリング」と同義と言ってもよい。だがワイヤレス、となるとそうでもなかった。このヘッドホンメーカーは、ことコードを切ることについては、ライバルたちが挙ってBluetoothで市場を溢れさせているにもかかわらず、歩みが遅かった。 続きを読む

  • Apple、イヤホンを同時に2人で使うための特許を取得

    Apple、イヤホンを同時に2人で使うための特許を取得

    Appleはイヤホンの日常的使い方を便利にする巧妙な方法の特許(via AppleInsider)を取得した ― 特許書類に書かれたヘッドホンは、それぞれのイヤホンを複数のユーザーが使っていることを検出し、ステレオからモノラルへ自動的に切替えたり、全く異なるオーディオストリームを流したりする。 続きを読む

  • アプリでソーシャルな共有などいろいろできるスマートヘッドフォーンMuzikが$10Mを調達

    アプリでソーシャルな共有などいろいろできるスマートヘッドフォーンMuzikが$10Mを調達

    オーディオアクセサリのMuzikが、設計に2年を要したという新製品を今日(米国時間11/25)発売する。その、Muzikの耳かけ式スマート(smart, 電脳)ヘッドフォーンは、定価が299ドルで、年末クリスマス商戦を待たずして発売され、しかも同社は営業マーケティングを強化するための資金として1000万ドルの資金を調達した。 何がどこがスマートかというと、ホットキーがいくつかあって、その機能をユーザが指定できる。モーションセンサがあるので、頭の動きを入力として利用できる。製品の初期設定では、今聞いている曲をツイートする、Facebookで… 続きを読む

  • デジタル音楽でとことん満足したい人のための今年のギフトガイド

    デジタル音楽でとことん満足したい人のための今年のギフトガイド

    アメリカのホリデイシーズン(今年は11/29~暮れ)には空気中に音楽が満ちる。ショッピングモールのスピーカーからはクリスマスキャロルや有線の聞き古した定番曲が垂れ流される。でもこのギフトガイドでご紹介するのは、そんな騒音ではなく、人の聴覚に喜びを与える品々だ。しかもここでは、音楽性の点でも文句ないものを選び抜いた。 続きを読む

  • Appleが画期的イヤホン・テクノロジーの特許を取得―ユーザーの耳道形状に合わせて音質がカスタマイズされる

    Appleが画期的イヤホン・テクノロジーの特許を取得―ユーザーの耳道形状に合わせて音質がカスタマイズされる

    今朝(米国時間7/4)、アメリカ特許商標局がAppleに対して興味ある特許を認めたとAppleInsiderが報じた。 最近のiPhoneとiPod付属のイヤホンは多少改良されているものの、全体としてAppleのイヤホンはあまり上出来とはいえない。個々のユーザーの耳道の形状に合わせて音質がカスタマイズされるという今回の特許は画期的なイヤホン・テクノロジーとなる可能性を秘めている。 続きを読む

  • 音声の場合と同じ原理によるノイズキャンセル技術が地球サイズの長距離光ファイバの帯域を5倍にアップ

    音声の場合と同じ原理によるノイズキャンセル技術が地球サイズの長距離光ファイバの帯域を5倍にアップ

    最近の研究によると、ノイズキャンセル技術は、長時間のフライトで隣の席の赤ん坊の泣き叫ぶ声や男女のおしゃべりをブロックするだけでなく、インターネット接続の品質と信頼性とスピードを高めることができる。VentureBeatが見つけたNature Photonics掲載の研究論文が、そう述べている。ノイズキャンセル技術はバックグラウンドノイズを排除するわけだから、光ファイバ上の信号を掃除して接続の速度と質を増進することもできるのだ。 続きを読む