Health tech

  • 外国人が自国語で医師に相談できる「UrDoc」、7月公開を前に医師向けアプリのベータ版を公開

    外国人が自国語で医師に相談できる「UrDoc」、7月公開を前に医師向けアプリのベータ版を公開

    TechCrunch読者の中には、海外で体調が悪くなったり、けがをしたりして不安になった経験をお持ちの方も多いのではないだろうか。症状や自分の状態を外国語で伝えるのはなかなか難しいことだ。それは海外から日本に来た、日本語に通じていない人も同じこと。「UrDoc(ユアドク)」は日本に滞在する外国人が急な体調不良やけがに見舞われたとき、アプリを通じて自分が慣れ親しんだ言語で医師に相談できるサービスだ。 続きを読む

  • SyncThink、スポーツ現場などでの脳震盪判定にOculus Riftを活用

    SyncThink、スポーツ現場などでの脳震盪判定にOculus Riftを活用

    ここ十年ほど、激しいコンタクトスポーツの最中に発生する脳震盪に対して注目が集まっている。脳に繰り返し衝撃を受けることにより、長期に及ぶ影響が発生することが明らかになってきたからだ。 続きを読む

  • 健康ITのFiNC、今度はゴールドマン・サックス経営メンバーから資金を調達

    健康ITのFiNC、今度はゴールドマン・サックス経営メンバーから資金を調達

    先週ANAホールディングスやクレディセゾンなど大手企業を中心とした資金調達を実施したヘルスケアITのFiNCだが、今度はThe Goldman Sachs Group(ゴールドマン・サックス) の本社経営委員会メンバー1人からの資金調達(先週発表のシリーズBの追加出資)を実施したことを明らかにした。金額や出資比率は非公開。 続きを読む

  • 医療機器からペットの健康まで―イスラエルのヘルス・テクノロジーに世界の多国籍企業の関心が集中

    医療機器からペットの健康まで―イスラエルのヘルス・テクノロジーに世界の多国籍企業の関心が集中

    イスラエルの数多くの小さなヘルス関連スタートアップが集める世界の大企業の関心は恐ろしいほどだ。スイスやアメリカ生まれの多国籍製薬会社や医療企業はイスラエルのハイテク・ブームから利益を得ようと試みている。イスラエルのヘルス・テクノロジー自体、世界的な医療テクノロジーのイノベーションの需要に牽引されている。その結果、イスラエルは投資家の注意を強く引き付けるようになっている。 Israel Advanced Technology Industries〔イスラエルの高度テクノロジー産業〕の2015年の報告によれば、同国のライフ・サイエンス企業は201… 続きを読む

  • 入院患者の健康回復は「歩く」ことから。歩行支援機器を提供するMobilizer Inc.は順調に成長中

    入院患者の健康回復は「歩く」ことから。歩行支援機器を提供するMobilizer Inc.は順調に成長中

    入院患者の多くの人にとって、退院時期をはやめ、また血栓や褥瘡性潰瘍などのリスクを低下させる最善策は、とにかく「歩きまわること」であったりもする。しかし酸素吸入を受けていたり、静脈点滴などいろいろなものが繋がっている状態では、看護師に手伝って貰っても準備に20分ほどもかかることになる。病院全体でみると、毎週数百時間もの無駄が生じることになったりもする。 続きを読む

  • 老舗VC Morgenthalerのコンテストに見る保健医療スタートアップの最新動向

    老舗VC Morgenthalerのコンテストに見る保健医療スタートアップの最新動向

    【抄訳】 先週、Sand Hill Road*の老舗VC(社歴40年)Morgenthaler Venturesが、将来性のある保健医療関連スタートアップを全国規模で見つけるためのコンテスト“DC to VC Startup Showcase”を開催した。200近くの応募者が最終的に11社に絞られ、招待されたVCたちやエンジェル投資家、それに起業家たちの前で決勝のプレゼンを行った。これらの企業は、求めている資金のタイプ…シードかシリーズAか…によって分類された。 350名あまりの来場者とライブストリームの視聴者たちが優勝者/入賞… 続きを読む