健康

  • 今、ブラジルのヘルステック分野が熱い

    今、ブラジルのヘルステック分野が熱い

    大勢の人が絡む大きな問題に取り組むことは、起業家と投資家の両方にとって絶好のチャンスとなる。たとえば近年のブラジルでは、フィンテックによる金融改革や、新しいオンデマンドのビジネスモデルに投資が集中しているが、ヘルステック関連のスタートアップも、ブラジルで爆発的な増加を見せている。 続きを読む

  • Fitbit、新サービス “Care” は雇用者と健康保険会社がターゲット

    Fitbit、新サービス “Care” は雇用者と健康保険会社がターゲット

    今年3月にVersaを発表したとき、Fitbitは会社のピボット計画もあわせて発表した。同社は今後も消費者向けハードウェアを販売するが、重点をヘルスケアに移していく。その1ヶ月前、同社はTwineを買収した。Twineは、Fitbitの新しいヘルスコーチングサービスであるCareの基盤の一部となるプラットフォームだ。 続きを読む

  • Apple Watchは最初の心電計ではないが、消費者に与える影響は膨大だ

    Apple Watchは最初の心電計ではないが、消費者に与える影響は膨大だ

    Apple’s COOのJeff Williamsは、Apple Watchが一般販売用心電計として最初にFDA認可を受けたことを、Apple本社で行われたスペシャルイベントで高らかに宣言した。Appleはものごとの最初になるのが大好きだが、この陳述は虚偽である。 続きを読む

  • Nima、ピーナツ成分検出ツールをリリース

    Nima、ピーナツ成分検出ツールをリリース

    実は、重度のナッツアレルギーに罹患している。そんなぼくにとって、 Nimaのピーナツセンサーは救いの神となるのかもしれない。これまでに、ナッツが含まれていると思いもしない食材を摂取して救急搬送されたことも何度かある。Nimaがあれば、食べる前に適切な判断を下し、そしてER直行の悲劇を回避することができるのかもしれない。 続きを読む

  • HP、薬品を「プリント」して抗生物質試験をスピードアップ

    HP、薬品を「プリント」して抗生物質試験をスピードアップ

    米国では毎年少なくとも200万人が「スーパーバグ」と呼ばれる耐性菌に感染し、2万3000人以上がこの感染が直接原因で死亡していると疾病対策センター(CDC)は伝えている。そこでHPのバイオハッカー技術チームはCDCと協力して、抗生物質を「プリント」するバイロットプログラムに取り組み、抗菌薬耐性をもつ菌の蔓延を防ごうとしている。 続きを読む

  • スウェーデンの避妊アプリNatural CyclesをFDAが承認、ただし完璧な避妊方法は存在しない

    スウェーデンの避妊アプリNatural CyclesをFDAが承認、ただし完璧な避妊方法は存在しない

    妊娠したくないの? FDAが認可した、そのためのアプリがあるのよ。FDAが今日(米国時間8/13)、スウェーデンのアプリNatural Cyclesに、避妊方法の一つとしてアメリカで売ってもよい、という許可を与えた。 続きを読む

  • Google、Android Pieにデジタルウェルネス機能を追加へ。Appleを追う

    Google、Android Pieにデジタルウェルネス機能を追加へ。Appleを追う

    Googleは、見捨てられた最新OSアップデート、Pie(本日公開)にデジタルウェルネス機能を追加したいと思っている。しかし、Appleはすでに最新アップデートのiOS 12に合わせてウェルネス機能の準備を進めている。 続きを読む

  • Y Combinator出身のJetLensesはコンタクトレンズの低価格化に挑む

    Y Combinator出身のJetLensesはコンタクトレンズの低価格化に挑む

    Y Combinator出身のスタートアップ、JetLensesは、コンタクトレンズのEコマースサイトの1-800-ContactsやLens.com、大手小売業Walmartなどのネット通販に戦いを挑んでいる。同社の目標は、処方箋の確認や注文の追跡、コンプライアンス、在庫管理などに関わるオーバーヘッドを自動化することでコストを削減し、消費者に還元することだ。 続きを読む

  • このスマート「足首」は悪路にも順応する

    このスマート「足首」は悪路にも順応する

    人工装具は日々改善され、パーソナル化されているが、便利であるとはいえ本物には遠く及ばない。しかしこの新しい人工足首は、他と比べて本物に近い。ユーザーの歩き方や地面の状態に合わせて自ら動く。 続きを読む

  • WHO、「ゲーム障害」を疾病と認定

    WHO、「ゲーム障害」を疾病と認定

    正直なところ「ゲーム障害」という言葉は、いら立った親たちが作り出した造語のように聞こえる。しかし、堂々巡りの議論の末、この用語は世界保健機構(WHO)によって認定され、国際疾病分類の最新版に加えられた。 続きを読む