healthcare

  • AmazonのComprehend Medicalサービスは機械学習を利用して患者の記録から有意な医療データを取り出す

    AmazonのComprehend Medicalサービスは機械学習を利用して患者の記録から有意な医療データを取り出す

    Amazonが、機械学習を利用して患者の記録から重要なデータを取り出し、病院などのヘルスケアプロバイダーや研究者たちの費用節約や治療方針の決定、臨床試験(治験)の管理などを助ける新しいサービスを立ち上げた。 続きを読む

  • メアリー・ミーカー、医療分野でのシリコンバレーの役割に言及

    メアリー・ミーカー、医療分野でのシリコンバレーの役割に言及

    今日(米国時間5/31)、メアリー・ミーカー(Mary Meeker)のインターネット・トレンド・レポート最新版が公開され、そこには私たちの将来をテクノロジーががどう形作るかについての考察が満載だ ―― そして、今年は医療問題も取り上げられている。ミーカーが同レポートで医療に言及したのはこれが初めてであり、これは今後の私たちの生活を改善していく上で、テクノロジーが果たす役割の大きさを示すものだ。 続きを読む

  • 呼気チェックヘルスケアのBreathometer、Phillipsとの提携を発表

    呼気チェックヘルスケアのBreathometer、Phillipsとの提携を発表

    アメリカ国内で、800万の人々が口の臭いに問題を抱えているのだそうだ。無自覚な人もいるにはいるが、周りの人はほとんどが迷惑に感じている。昨年のCESではBreathometerが、口臭のレベルを測定し、オーラルケアに役立てるためのMintというスマートフォンにつないで使うデバイスを予告していた。 続きを読む

  • ヘルスケアスタートアップのFiNCがFitbitと提携、ライフログデータの自動転送が可能に

    ヘルスケアスタートアップのFiNCがFitbitと提携、ライフログデータの自動転送が可能に

    法人向けウェルネス経営ソリューションなどを手掛けるFiNCは7月26日、フィットネス用ウェアラブルデバイス大手のFitbitとの提携を発表した。これまで手動で入力していた活動量や睡眠時間などのデータの自動入力を可能とし、FiNCサービスにおけるユーザーの継続意欲の向上を狙う。 続きを読む

  • 米大統領選、最大のテーマはヘルスケア制度―主要候補の提案を検討する

    米大統領選、最大のテーマはヘルスケア制度―主要候補の提案を検討する

    子供が生まれることになり、私はこの数週間、病院で長い時間を過ごした。妻が重労働にあえぐ間、長時間待合室で座っている私は病院のスタッフを観察する時間があった。 そこで気づいたのはスタッフ駐車場にポルシェをはじめとするスマートなスポーツカーがいかに数多く駐められているかだった。この人々はおそらく6桁(10万ドル以上)のサラリーを受け取っているに違いない。専門家の調査によると、内科医の平均年収は30万ドルだという。 患者、来客の駐車場に目を移すと、ホンダ・シビックやら、フォード・フュージョンやら、その他ありとあらゆる安い車が目につき、医師を始め… 続きを読む

  • IBM、ヘルス・アナリティクスのTruvenを26億ドルで買収へ―Watson Healthを大幅強化

    IBM、ヘルス・アナリティクスのTruvenを26億ドルで買収へ―Watson Healthを大幅強化

    p>今日(米国時間2/18)、IBMは、Truven Health Analyticsを買収する意向を発表した。価格は26億ドルという驚くべき額だ。これはWatson Health事業部が2014年に創立されて以來、4回目の大型買収となる。 Watson Healthは2014年4月にIBMがPhytelとExplorysを買収したのを機に創立された。両社ともデータ処理をメインとするヘルス関連企業だった。 続きを読む

  • ランニングシューズメーカーASICSがフィットネスアプリRunkeeperを買収

    ランニングシューズメーカーASICSがフィットネスアプリRunkeeperを買収

    Runkeeperはワークアウトギアカンパニーに買収される最新のフィットネススタートアップとなることになる。このスタートアップの創業者でCEOのJason Jacobsは今日(米国時間2月12日)、ASICSと買収に関する最終的な契約の段階に入ったと発表した。 続きを読む

  • FiNCがANAほか東証一部上場企業などから第三者割当増資を実施、今後は事業提携も

    FiNCがANAほか東証一部上場企業などから第三者割当増資を実施、今後は事業提携も

    スマートフォンを活用したダイエット指導サービスなどを手がけるFiNCは12月7日、ANAホールディングス、全日空商事、クレディセゾン、第一生命保険、三菱地所、吉野家ホールディングス、ロート製薬、キユーピー、 ゴルフダイジェスト・オンライン、ネオキャリア、Fenox Venture Capital、グッドパッチおよび、既存株主から第三者割当増資を実施したことを明らかにした。調達額や出資比率は非公開。 続きを読む

  • 医療機器からペットの健康まで―イスラエルのヘルス・テクノロジーに世界の多国籍企業の関心が集中

    医療機器からペットの健康まで―イスラエルのヘルス・テクノロジーに世界の多国籍企業の関心が集中

    イスラエルの数多くの小さなヘルス関連スタートアップが集める世界の大企業の関心は恐ろしいほどだ。スイスやアメリカ生まれの多国籍製薬会社や医療企業はイスラエルのハイテク・ブームから利益を得ようと試みている。イスラエルのヘルス・テクノロジー自体、世界的な医療テクノロジーのイノベーションの需要に牽引されている。その結果、イスラエルは投資家の注意を強く引き付けるようになっている。 Israel Advanced Technology Industries〔イスラエルの高度テクノロジー産業〕の2015年の報告によれば、同国のライフ・サイエンス企業は201… 続きを読む

  • データは金鉱であり地雷である

    データは金鉱であり地雷である

    データサイエンスと医療関連分野で仕事を始めてから5年になる。私はウォートン大学で生物学とマーケティングを学び、膵臓がんの研究をした。そして今私が言いたいのは、テクノロジーとその利用環境が驚異的に進んだにもかかわらず、医療分野はおよそついて行くことすらできていないことだ。 続きを読む

  • ヘルスケアスタートアップのFiNCが個人投資家と銀行借入で6.5億円を調達

    ヘルスケアスタートアップのFiNCが個人投資家と銀行借入で6.5億円を調達

    利用者個人に最適化したダイエットプログラムと専属の「ダイエット家庭教師」によるダイエットプログラム「FiNCダイエット家庭教師」などを提供するヘルスケアスタートアップのFiNCが今日、個人投資家への第三者割当増資と、みずほ銀行や日本政策金融公庫などの金融機関からの借入を含めて総額6.5億円の資金調達を実施すると発表した。今回参加する個人投資家には、元サッカー日本代表監督の岡田武史氏やイー・アクセス株式会社創業者の千本倖生氏らが含まれるという。FiNCは2012年4月創業で、2014年9月にも同様のスキームで数億円規模の資金調達をしてい… 続きを読む

  • IBMとAppleの提携がいよいよ動き出した―ヘルスケア、航空などエンタープライズ・アプリ8種類リリース

    IBMとAppleの提携がいよいよ動き出した―ヘルスケア、航空などエンタープライズ・アプリ8種類リリース

    エンタープライズ向けモバイル・アプリの開発でのAppleとIBMの提携がいよいよ成果物を出し始めた。今日(米国時間4/1)新たに、iOSデバイス向けエンタープライズ・アプリが8種類発表され、MobileFirstプロジェクトのアプリは合計22種類となった。 今回のリリースで特に注目されるのはヘルスケア関連アプリだが、 以前のはプレス発表のとおり、AppleとIBMの提携はバンキング、ホテル、航空機、運輸、財務、エネルギー、法執行、小売、保険などの分野に広がっていくだろう。 続きを読む

  • DeNA、ヘルスケア領域での“次の一手”は健保向けサービス—住友商事と合弁で

    DeNA、ヘルスケア領域での“次の一手”は健保向けサービス—住友商事と合弁で

    2014年には遺伝子解析サービス「MYCODE」を開始してヘルスケア領域に踏み込んだディー・エヌ・エー(DeNA)だが、今度は健康保険組合向けの事業を開始する。DeNAは2月3日、住友商事と合弁会社を設立し、新サービス「KenCoM(ケンコム)」を4月から提供することをあきらかにした。 続きを読む

  • オンラインダイエットプログラムを展開するFiNC、数億円の資金調達を実施

    オンラインダイエットプログラムを展開するFiNC、数億円の資金調達を実施

    オンラインを中心にしたダイエットプログラム「FiNCオンラインダイエット家庭教師」を提供するFiNCが9月12日、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、グリーベンチャーズ、リンクアンドモチベーション、MIDベンチャーキャピタル、元ミクシィ代表取締役の朝倉祐介氏、元オプト代表取締役CEOの海老根智仁氏を割当先とした第三者割当増資を実施したことを明らかにした。あわせてみずほ銀行などからの融資も実施している。 続きを読む

  • 医師にメッセージを送って相談することのできるFirst Opinion、140万ドルを追加調達

    医師にメッセージを送って相談することのできるFirst Opinion、140万ドルを追加調達

    First Opinionが140万ドルの資金を調達したようだ。出資したのはTrue VenturesおよびFelicis Venturesなどだ。今回の分を含め、調達額は合計で260万ドルとなった。これまでにはGreylock、Yuri Milner、および500 Startupsなども出資を行っている。 続きを読む

  • 健康測定センサーをテディベアに埋め込んで、子供をリラックスさせつつデータを取得

    健康測定センサーをテディベアに埋め込んで、子供をリラックスさせつつデータを取得

    クロアチアのザグレブで、メディカル系テクノロジーのスタートアップであるIDermaは、ここしばらく子供向け医療センサーの開発を行なってきた。医療センサーらしさを自己主張するScanadu Scout風のものではなく、外見をテディベアにして、子供にとっての親しみやすさをアピールしている。 続きを読む

  • 現代的診療所を運営するOne Medicalが2000万ドルを調達

    現代的診療所を運営するOne Medicalが2000万ドルを調達

    今は2011年、しかし殆どの病院が、こと患者と接する技術に関しては1990年代のままだ。受付ではパソコンが使われているだろうが、それでも患者は画板に挟まれた申込用紙に手書きでし、医者はルーズリーフの診療記録を確認する。Tom LeeはOne Medical Groupと共に、これを根本から変えようとしている。ベンチャー資金を得て数年前に起こしたプライマリケア診療会社で、彼がCEOを務める。 先週の金曜日(9/2)、2000万ドルのシリーズE調達ラウンドを完了した。リードしたのはMaverick Capitalで、他にBenchmark、Oak I… 続きを読む