健康 / 健康管理 / ヘルスケア(用語)

  • 運動習慣を形成する音声フィットネスアプリのBeatFitが2億円調達、健康経営領域での成長を加速

    運動習慣を形成する音声フィットネスアプリのBeatFitが2億円調達、健康経営領域での成長を加速

    音声フィットネスアプリ「BeatFit」(Android版・iOS版)を開発・運営するBeatFitは10月19日、第三者割当増資を実施しシリーズBラウンドとして約2億円の資金調達を2021年9月に完了したと発表した。調達した資金は、エンジニアや法人向け人材の獲得費用にあて、プロダクト開発を促進させる。同時に、リード投資家であるインフォコムとの業務提携を締結し、健康経営領域での成長速度を加速させる。健康増進領域にとどまらず新規事業の開発も開始し、さらなる企業価値の向上を目指す予定。 続きを読む

  • 東北大学がスマートチェアとAIで「腰痛悪化予報」を可能に

    東北大学がスマートチェアとAIで「腰痛悪化予報」を可能に

    東北大学大学院医工学研究科、健康維持増進医工学分野の永富良一教授らの研究グループは、荷重センサーを装着したオフィスチェア(スマートチェア)と人工知能解析技術で、日々の腰痛悪化を高い精度で予測することを可能にした。 続きを読む

  • 家庭用治療器で脳卒中患者のリハビリに変革をもたらすBrainQが44億円調達

    家庭用治療器で脳卒中患者のリハビリに変革をもたらすBrainQが44億円調達

    肘を痛めた場合は手術が効果的で、脚を失った場合は義足という手段がある。しかし脳に問題があった場合の治療は非常に難しく、脳卒中の場合リハビリは身体の修復メカニズムに委ねられることが多い。そんな中、脳の損傷部分に刺激を与えて自己修復を促進する装置でこの状況を変えようとしているのがBrainQだ。 続きを読む

  • ヘルスケアデータを構造化するScienceIOがステルス状態から脱出

    ヘルスケアデータを構造化するScienceIOがステルス状態から脱出

    ガウラブ・カウシク氏は、混乱した医療データの世界を整えるために今回立ち上げたステルス事業の数年前からすでに、より良い視覚化が医療結果にどのような影響を与えるかについて、少しずつ構想を深めていた。2018年にこの新進起業家は、ボストンのがん研究企業ならびにFlatIron Healthと協力して、がん患者、がんの変異、健康状態の結果のすべてがどのように関連しているかを調べていた。 続きを読む

  • 東南アジアでメンタルヘルス支援アプリを提供するThoughtFullが約1.2億円を獲得

    東南アジアでメンタルヘルス支援アプリを提供するThoughtFullが約1.2億円を獲得

    新型コロナウイルスが流行する以前から、うつ病や不安神経症は人々の健康に深刻な影響を与えていたが、パンデミックをきっかけに、メンタルヘルス関連のスタートアップ企業への関心が高まってきている。その1つであるThoughtFull(ソウトフル)は米国時間10月12日、110万ドル(約1億2400万円)のシード資金を調達したことを発表した。 続きを読む

  • NECが歩行の質を測れるインソールを法人向け提供、歩行速度・歩幅・接地角度・離地角度・足上げ高さなど計測

    NECが歩行の質を測れるインソールを法人向け提供、歩行速度・歩幅・接地角度・離地角度・足上げ高さなど計測

    センサ付きのインソールを、靴に入れるだけで「歩容(≒歩行の質)」を計測でき、さらにAIが足の健康状態を示す指標を推定する──。そんなことが可能な「歩行センシング・ウェルネスソリューション」を、NECが開発しました。病院や介護事業者などの法人向けに提供するとしています。 続きを読む

  • 有名投資家のケビン・ライアン氏「ビッグマネーはヘルスケアに」

    有名投資家のケビン・ライアン氏「ビッグマネーはヘルスケアに」

    ケビン・ライアン氏は、適切なタイミングで適切な場所に居合わせ、大いに裕福になった。オンライン広告ネットワークのDoubleClickに12番目の社員として入社し、最終的にはCEOとして経営した(その後、2度にわたって買収された)。また、ソフトウェア会社のMongoDBをはじめとする数多くの企業を共同で創業した。 続きを読む

  • WHOが初のマラリアワクチンを承認、アフリカやその他感染地域の子どもたちへの接種を推奨

    WHOが初のマラリアワクチンを承認、アフリカやその他感染地域の子どもたちへの接種を推奨

    世界保健機関(WHO)が、サハラ以南のアフリカおよびマラリア感染率が中程度から高い地域の子どもたちを対象に、マラリアワクチンRTS,Sの広範な接種を推奨する声明を発表しました。WHOのテドロス事務局長は「マラリアワクチンは長い間実現できない夢だった。30年以上かけて作られたRTS,Sワクチンが公衆衛生の歴史を変えることになる」とコメントしています。 続きを読む

  • Apple Watchが心房細動以外の不整脈も検出できることを示す新たな研究結果

    Apple Watchが心房細動以外の不整脈も検出できることを示す新たな研究結果

    スタンフォード大学とAppleが2017年に実施した「Apple Heart Study」では、40万人を超える被験者の登録に成功し、この種の研究としては過去に実施された中でも最も大規模なものの1つとなった。継続的な研究により、Apple Watchは心房細動(AF)に加えて、その他の不整脈も検出できることが明らかになっている。 続きを読む

  • UVC殺菌システムR-Zeroが「目と耳」となる室内の占有センサーCoWorkrを買収、「職場にとってのOS」を作る

    UVC殺菌システムR-Zeroが「目と耳」となる室内の占有センサーCoWorkrを買収、「職場にとってのOS」を作る

    パンデミック渦に誕生したバイオセーフティ企業のR-Zeroは2021年7月下旬、室内の占有センサーを開発する企業であるCoWorkrの買収を発表した。人々が職場に戻り、ワクチンが広がりを見せる今、新型コロナウイルスの出現によって生まれた企業たちはパンデミックの次の段階を見据えて適応し始めている。R-Zeroにとって今回の買収は、同社の焦点のシフトと言えるだろう。 続きを読む