helio

  • Helio、終了。

    Helio、終了。

    Virgin Mobileが本日(米国時間6/27)、Helioの株式を$39M(3900万ドル)で買い取った。Helioは小規模のMVNOで、ハイテク愛好家向けおよび韓国SK Telecomの出資もあって、韓国系アメリカ人向けに高機能携帯電話を売り出して有名になった。買収に伴って$60M(6000万ドル)の信用枠に加え$50M(5000万ドル)の借金(SKテレコムと親会社のヴァージングループからのものが半分ずつ)の肩代わりも行う。昨年9月にはSK Telecomが$270M(2億7千万ドル)の追加出資を行ったがHelioを救うにはいたらな… 続きを読む

  • Sonopia、Amp'd に続いてデッドプール入り

    Sonopia、Amp'd に続いてデッドプール入り

    モバイルバーチャルネットワーク事業社(MVNOs)の1年間は、本当にひどいものだった。その最たるものと言えばAmp’d Mobileだったろう。同社は、顧客の収入が見込めないことを発見する前に$360M(3億6千万ドル)もの損失を出していた。 Helioはしばらくのあいだ好調 だったけれど、Earthlink からの出資を失い、CEOのSky Daytonは会社を去り 、$560M(5億6千万ドル)の赤字を計上した。 さらに今度は、独自ブランドでのモバイルサービス(mini-MVNO)構築を売りにしていたSonopiaが、市場の牽引力を… 続きを読む

  • Buzzdのエリア限定の娯楽情報がHelioで楽しめるように

    Buzzdのエリア限定の娯楽情報がHelioで楽しめるように

    米国のMVNO「Helio」*が、主に携帯端末に娯楽情報を提供するアグリゲータ「Buzzd」と業務提携し、リアルタイムで地元のバー、クラブ、レストラン情報の提供に乗り出す。 この提携でHelioの顧客は全員Buzzdサービスが利用可能に。イベント&集会情報はもちろん、友だちやBuzzdコミュニティ会員の書き込む分刻みのレビュー、評価レーティングが閲覧できるようになる。 Buzzdでは現在、米国内全“主要”都市でサービスを提供している。そのイベント関連フィードは常時更新で、価格・会場・イベント詳細なんかも盛り込まれて… 続きを読む

  • Sky DaytonがHelioのCEOを辞任

    Sky DaytonがHelioのCEOを辞任

    仮想移動体キャリアHelioはEarthlinkにパートナー関係を解消され困難な1年を経験したが、今度はCEOのSky Daytonが辞任という事態に陥った。(DaytonはEarthlinkの創設者でもあった)。Daytonが会長に就任するとはいえ、残ったパートナー企業である韓国のSK TelecomはHelioに対するコントロールを強化しようとしているように見える(おそらく損失を遅らせるためだろう)。元SK Telecom重役で現在のHelioの社長兼COOのWonhee SullがDaytonの後任になるだろう。 海外のネットワーク上での… 続きを読む

  • EarthlinkがHelio撤退、SK Telecomが$270Mの追加投資で提携見直しへ

    EarthlinkがHelio撤退、SK Telecomが$270Mの追加投資で提携見直しへ

    EarthlinkがHelio撤退を決め、今後Helioには一切投資を行わない方針を明らかにした。 一方EarthlinkとHelioを共同で進めているSK Telecomが$270M(2億7000万ドル)の追加投資を行った。これでおそらくHelio株式の過半数を押さえることになりそうだ。Infoworldの報道によると、Helioは今年$340M~360M(3億4000万~3億6000万ドル)の赤字が見越される。 Earthlinkの発表によると、8月末時点のHelioサービス購読者数は13万人。年末までには計20~25万人で$140~1… 続きを読む

  • Amp’d終了。Helio急上昇

    Amp’d終了。Helio急上昇

    今どきバーチャルモバイル業者(MVNO)がニュースになるのは廃業した時くらいのようだ。野心あふれるモバイル業者Amp’dが7月24日に停止する。いや、もっと正確には、「米国内事業を7月24日に閉鎖する可能性がある」だ。TechCrunchだって7月24日に米国内事業を停止する可能性はあるが、そんなことはよほど確証がなければ発表しないものだ。この会社は破綻していたが、閉鎖に追い込まれるかどうかはこれまでわかっていなかった。 一方、ライバルのHelioはAmp’dと同じ頃に市場に参入したのだが、こちらは急上昇を続けて… 続きを読む

  • Amp'd崩壊後、Helioは「われわれは全く大丈夫」と話す

    Amp'd崩壊後、Helioは「われわれは全く大丈夫」と話す

    今週はじめ、MVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体サービス事業者)(*1)のAmp’dが会社更生手続きを申し立てた際、多くの人たちが次は同社のライバルHelioではないか、と指摘した。 両社間にはたしかに疑いを招く類似点がある。Amp’dはU.S.国内で2005年12月にローンチ。Helioが市場に参入したのは、それからほんの数ヶ月後の2006年5月。Amp’dは$360M(3.6億ドル)を調達、Helioは親会社であるEarthlinkとSK Telecomから… 続きを読む