Hi5

  • 世界のSNS最新勢力地図―Facebook、さらにリードを広げる

    世界のSNS最新勢力地図―Facebook、さらにリードを広げる

    イタリアのブロガーで写真家、ライターでもあるVincenzo Cosenzaは今年2回目の世界のSNS勢力地図を発表した。今回の分は2009年12月のAlexaとGoogle Trends for Websitesのデータを利用している。 2009年6月に発表された1回目の分でも西側諸国のトップの座はすでにFacebookによって占められていたが、今回の2回目ではFacebook帝国の容赦ない拡大がさらにはっきりと示されている。 続きを読む

  • 世界ソーシャルネットワーク勢力地図

    世界ソーシャルネットワーク勢力地図

    ウェブの世界でも、世界征服は一国ずつ成し遂げられていくものだ。Facebookは、長い間世界最大のソーシャルネットワークであり、まもなく米国内でもMySpaceを抜き去るだろうが、あらゆる国で最大のソーシャルネットワークになっているわけではない。上に貼ったVincenzo Cosenza作の地図はまるで陣取りゲームのRiskのようだが、これを見るとFacebookが全世界の西側を支配しているのがわかる。 AlexaとGoogle Trendのデータを使って、Cosnenzはその国で最も人気の高いソーシャルネットワークに基づいて国の色を塗り分… 続きを読む

  • ソーシャルネットワークの本当の企業価値を計算する: 2009年版

    ソーシャルネットワークの本当の企業価値を計算する: 2009年版

    1年前に本誌はソーシャルネットワークの真の価値を評価するという記事を書いた。それは、日本やイギリスや合衆国のようなオンライン広告の広告料が高い国のユーザ数が多いほうが価値が高い、という考え方だ。当時Facebookはユーザ数で世界最大のソーシャルネットワークになったばかりだったが、本誌の計算方式ではMySpaceが圧倒的に最も価値のあるソーシャルネットワークだった。 今回はソーシャルネットワークの価値評価を、現在のユーザ数とFacebookの$10B(100億ドル)という最新評価額を基準にして計算した。そうすると、昨年とはまったく違う結… 続きを読む

  • 仮想グッズの収益性を高めるためにhi5がPlaySpanと提携

    仮想グッズの収益性を高めるためにhi5がPlaySpanと提携

    サンフランシスコのhi5は世界で三番目に大きいSNSだが、今日(米国時間4/14)、その6000万あまりの会員からもっと収益を上げるために、PlaySpanとの提携を発表した。PlaySpanは、2年前に5年生の男の子が始めたことで有名になったサイトだが、今後はhi5で売られている仮想グッズや有料コンテンツの小額支払いのサービスを担当する。 PlaySpanの二種類の支払い方法(PayByCashとUltimate Game Card)を利用して、世界各国で使われている多様な支払い方式に対応する。ユーザの大半が合衆国以外の人びとであるhi5… 続きを読む

  • Paymoがhi5と提携したので仮想グッズをケータイから買えます

    Paymoがhi5と提携したので仮想グッズをケータイから買えます

    世界各地から使えるモバイル用の支払いネットワークPaymoとソーシャルネットワークhi5が提携して、24か国の会員が携帯電話からhi5の仮想通貨である‘コイン’を買えるようになった。hi5のユーザがPaymoを使える国は、合衆国、カナダ、フランス、香港、タイ、ロシア、そしてコロンビアだ。 Paymoのモバイル用支払いシステムは、クレジットカードや銀行口座のない人でも使える。携帯の電話番号を入力し、Paymoからの質問に答えるだけで、あとは買い物の代金はその月の電話料金の請求書に含まれる。とても簡単で、イギリスのモ… 続きを読む

  • ShopItがTriana Globalを買収してSNS向けの広告ネットワークを立ち上げ

    ShopItがTriana Globalを買収してSNS向けの広告ネットワークを立ち上げ

    ユーザがオンラインストアを作って、複数のSNSから品物を売れるようにする、‘ソーシャルコマース’のプラットホームShopItが、最近買収したパブリッシャーネットワークTriana Globalの統合化を完了し、ShopIt Mediaとして再ロンチした。ソーシャルな広告プラットホームが、また一つ世の中に増えたことになる。 2007年の5月にFacebook Platformがロンチして以来、外部のデベロッパたちにSNSの門戸が開かれたわけだが、Triana Globalもそのころの外部デベロッパの一員として、Facebo… 続きを読む

  • ソーシャルゲームがやってくる―SNSのhi5、ゲーム部門を追加

    ソーシャルゲームがやってくる―SNSのhi5、ゲーム部門を追加

    世界中に数千万のユーザーがいることを誇っているもう一つのメジャーSNS、hi5は今日(米国時間2/5)、hi5 Gamesというセクションをリリースした。これによって毎月6千万にも上る訪問者に対して、スポーツ、戦略、カードなどのカジュアル・ゲームがソーシャル・エンタテインメントとして提供されることになる。 hi5では、「将来、hi5 Gamesは最近ローンチしたバーチャル通貨の助けを借りて、収益化戦略の重要な柱となる」としている。今後、ユーザーはhi5 Coinsと呼ばれるこのバーチャル通貨を利用して、ネットワーク内で直接プレミアム・コンテン… 続きを読む

  • 2008年、ソーシャルメディアサイトランキング(Facebookが依然として成長中)

    2008年、ソーシャルメディアサイトランキング(Facebookが依然として成長中)

    2008年、ソーシャルメディア部門でトップにたったサイトはどこだろう。ComScoreが数日前に11月のトラフィック統計を公表した(この統計に基づいているので12月分は反映していない)。公表されたデータはソーシャルネットワークとブログプラットフォームを混在させたもの。上のグラフ中オレンジで示しているのはBloggerで、11月に世界中から集めたビジター数は2億2200万(昨年11月比44%増加)で、未だこの分野を牛耳っている。青線はFacebookで、ユニークビジター数は2億を突破して、間もなくBloggerを抜きそうな勢いだ(116… 続きを読む

  • hi5、バーチャルギフトで収益向上を目指す

    hi5、バーチャルギフトで収益向上を目指す

    ソーシャルネットワークは収益化の道を早急に見つける必要がある。ソーシャルネットワーク上のオンライン広告はさほど効果を上げていないし、オンライン広告自体も現在の経済情勢の影響を受けている。新たな収益源を必要としていることに疑問の余地はない。世界規模で展開するソーシャルネットワークのhi5は、バーチャルマネーで購入できるバーチャルギフトを導入した。バーチャルマネーは実際のお金で購入する。バーチャルギフトはそれぞれ約1ドルで、hi5経由で友人(実際の友人ないしバーチャルの友人)に送ることができる。 世界中をターゲットにしているので、hi5は多… 続きを読む

  • 今日は「Hi5」どころじゃない。SNSのナンバー3が人員の10~15%をレイオフ

    今日は「Hi5」どころじゃない。SNSのナンバー3が人員の10~15%をレイオフ

    相変わらずレイオフが続いている。最も近く削減したスタートアップがHi5、第3位のソーシャルネットワークだ。ただし、この会社のブログからそれを読みとることはできない。そこには今日のポジティブな報道が、くどくどしく押し出されている。 低迷する経済の中、hi5には光が差している。本日hi5が、Fortune.comに取り上げられた。まもなく店頭に並ぶ予定。 しかし去る月曜日(10/13)、この110名の会社は従業員の10~15%を「リストラ」と称してレイオフしている。タレ込みによると、切られたのは主にデザイン、人事、品質管理部門だという。Hi5… 続きを読む

  • OpenSocialが3億5000万ユーザーを達成、成長中

    OpenSocialが3億5000万ユーザーを達成、成長中

    6か月前、OpenSocialといえば参加表明したパートナーのリストでしかなかった。だがそれ以来、このGoogleが支えるソーシャルネットワーク・アプリケーションプラットホームは、そのパートナーらがOpenSocialアプリを稼動させ始めるとともに大きく前進してきた。まずMySpaceが、次にOrkut、Hi5が続き、最近ではFriendsterだ。結局、現在OpenSocialが動いているさまざまなソーシャルネットワークを合わせると、計3億5000万ユーザーに上る。9月末までには、ソーシャルネットワークやソーシャルサービスがあと4社… 続きを読む

  • Hi5、アプリケーション開発社を他プラットフォームから引き抜き

    Hi5、アプリケーション開発社を他プラットフォームから引き抜き

    ソーシャルネットワークの分野で第二集団に位置づけられるHi5は、アプリケーション開発会社のPixVerseを買収した。金額は明らかになっていない。Hi5は4ヶ月前にOpenSocial仕様に基づくアプリケーションプラットフォームを発表している。 PixVerseはPix Chat、Pix Wallなど、多くのFlashベースアプリケーションを提供しており、これらはFacebookなど他のソーシャルネットワーク上でも動作する。 PixVerseは2007年設立で、Venrockが財政的なバックアップを行っている。またGoogle App Engin… 続きを読む

  • EMI MusicがHi5、VideoEggを訴える―さらに10社も

    EMI MusicがHi5、VideoEggを訴える―さらに10社も

    EMIは音楽が仕事なのか訴訟が仕事なのかますます分らなくなっているが、またやってくれた。今日(米国時間6/27)の午後、「明白かつ大規模な」著作権侵害を理由にHi5とVideoEgg、それに加えて氏名不詳の被告10社を相手どって訴訟を起こした。10社については後に身元が明かされることになるという。主要な訴因はHi5上で公開されたEMIのコンテンツ、特に音楽ビデオにあるようだ。 EMIは特に訴訟好きで知られる会社だ。最近ではAllofMP3、YouTube、Apple、MP3Tunes、XM Radio、Infospace(この場合は仕方が… 続きを読む

  • ソーシャル・ネットワーク・サービスの本当の市場価値は?

    ソーシャル・ネットワーク・サービスの本当の市場価値は?

    MySpaceの価値は$3B(30億ドル)なのか? それとも$20B(200億ドル)なのか? これはユーザーの価値をどう評価するかにかかっている。 われわれは世界的な巨大SNSの価値をページビューとユニーク訪問者だけで計ろうとするのをそろそろ止めるべきだと信ずる。SNSのメンバーの価値は、その居住国のユーザー1人当たりのインターネット広告費で計るのが効果的だと思う。1人当たり広告費が高ければ高いほど、SNSが広告費や商品の販売などで稼げる額も大きくなるはずだ。ということは、現在のところ、見込み収入の算定にあたって、1人当たり広告費が高い… 続きを読む

  • Facebook、5月の世界ビジター数でもMySpace下す

    Facebook、5月の世界ビジター数でもMySpace下す

    4月に世界ユニークビジター数でMySpaceに肩を並べたFacebook(実際にはMySpace1億1570万人に対し1億1640万人。僅差で追い抜いていた)。 comScoreが発表した5月の統計ではFacebookとMySpaceの格差は広がり、MySpaceが1%減って1億1460万人なのに対し、Facebookは6%増えて1億2390万人となった。 Facebookは世界全体のページビュー数でも507億対454億で勝っている。MySpaceも今週新デザインがライブになったので、これできっと失地回復になるだろう。 が、世界最大の広告… 続きを読む

  • Microsoft、データポータピリーティーに取り組む―Facebook、Bebo、Hi5、LinkedIn、Taggedと提携へ

    Microsoft、データポータピリーティーに取り組む―Facebook、Bebo、Hi5、LinkedIn、Taggedと提携へ

    必然には抗しがたいと見たか、今日(米国時間3/25)、Microsoftはデータポータビリティーへの取り組みで大きな一歩を踏み出し、Windows Liveに登録されている連絡相手(contact)をSNSその他のウェブサイトに、エクスポートできるようにしたことを発表した。この「Windows Live Contacts API 」は当初、Facebook、Bebo、Hi5、Taged、LinkedInで作動する。これらのSNSのメンバーはWindows Liveの 連絡相手(つまりHotmailのアドレス帳のことだ)をインポートして、ネットワーク… 続きを読む

  • 表で見るWeb 2.0へのベンチャー投資

    表で見るWeb 2.0へのベンチャー投資

    今週、Dow JonesのVentureSourceがアメリカにおけるWeb 2.0関係の投資案件についてのデータを発表した。それを元に私が表にしてみたのでご覧いただきたい。上に掲げた最初の表はここ10年でウェブ2.0のスタートアップに投資された金額をまとめたもの。2007年にベンチャーキャピタルは$1.34B(13億4千万ドル)と記録的なペースでWeb 2.0への投資を行っている。この額は2006年の$716(7億1600万ドル)から 88%のアップとなった。 しかしそれでは Web 2.0投資は去年がピークだったのだろうか? Facebookが… 続きを読む

  • Hi5、OpenSocial対応アプリの国際化に準備万端

    Hi5、OpenSocial対応アプリの国際化に準備万端

    OpenSocialに熱気が出てきた。Yahoo加盟決定に続いて、Hi5もOpenSocial対応の開発者専用プラットフォームをいよいよ3月31日(米国時間)に立ち上げる。Hi5の場合、開発者にとって大きなメリットは海外まで利用を拡大できることだ。 Hi5は世界第3位のソーシャルネットワークで、月間ユニークビジター数3800万人。MySpaceとFacebookはどちらも月間1億人以上だが(以上comScore統計より)、Hi5は進出市場が異なり、特にメキシコと南米、ポルトガル、タイランドで強い。 Web開発者にhi5でアプリを作ってもら… 続きを読む

  • オンラインバーの「Fubar」、300万%の急成長―CompeteからSNS統計発表

    オンラインバーの「Fubar」、300万%の急成長―CompeteからSNS統計発表

    SNSのトラフィックに関する新しい数字がCompeteから発表された。それによると「最初のオンラインバーとハッピーアワー」と銘打ったFubarが、もっとも急成長したSNSとなっている。2008年2月までの12ヵ月間で3,272,217%もトラフィックが伸びて、一躍トップ20の14位に躍り出た(表を参照)。 年々成長が落ちていたMySpaceは、なんとか1%減で食い止めたが、Facebookの77%増とは対照的。 その他の急成長サービスは、Ningが4803%(こっそりと20位にすべり込んだ)、Twitterが4368%。 CrunchBas… 続きを読む

  • SNS国際競争が加熱。注目株はHi5、Friendster、Imeem

    SNS国際競争が加熱。注目株はHi5、Friendster、Imeem

    SNSの国際競争ではMySpaceとFacebookが頭ひとつの差でトップ争いの最中。comScoreによると2008年1月現在世界最大のSNSは依然としてMySpaceのユニークビジター1億900万人だが、Facebookも同1億100万人で、あと1歩のところまで追い詰めている(ただしFacebookは米国内のデータでは成長鈍化のサインが見られた)。 MySpaceとFacebookがどこまでも首位レースを続ける中、第2集団ではちょっと面白い動きも。全力疾走の短距離走者、転げるように歩く選手も混じっていて注目に値する。 第2集団のメンバ… 続きを読む