Hitwise

  • 検索におけるGoogleのシェアは下降傾向–Bingのマーケティング努力が奏功か

    検索におけるGoogleのシェアは下降傾向–Bingのマーケティング努力が奏功か

    Googleは合衆国で依然として圧倒的に最強の検索エンジンだが、昨年から今年にかけてはやや伸び悩み、Yahoo、それにとりわけMicrosoftのBingの両社が増加を見た。今日(米国時間6/15)Experian Hitwiseが発表した数字では、そうなっているし、また昨日Competeが発表したデータでも同様の傾向だ。いずれも、5月の検索利用状況を2011年と2012年に関して比較している。 Hitwiseの数字では、2012年の6月2日に終わる4週間の検索利用総数の65.2%をGoogleが占めるが、前年同期では68.11%で、シェ… 続きを読む

  • Google+の先週の訪問者は180万、283%の成長(Hitwise調べ)

    Google+の先週の訪問者は180万、283%の成長(Hitwise調べ)

    われわれはGoogle+が猛烈な勢いで成長していることを知っている。登録ユーザーは1000万人を超えて、一部の推計によれば、2000万人に近づいているという。 HitwiseのExperianサービスはGoogle+の成長の推計を試みている。7月16日までの1週間のGoogle+ドメイン(plus.google.com)の訪問者数は180万と依然小規模だが、前の週に比べれば283%増加しているという(前々週からは821%の増加)。日々の訪問者数では、7月14日の31万7000が今のところ最高で、調査期間の最後の日(7月18日には)22万… 続きを読む

  • Hitwiseレポート:ブラックフライデー関連の検索および訪問者数は昨年比で大きな伸び。ソーシャルメディアからの流入も加速

    Hitwiseレポート:ブラックフライデー関連の検索および訪問者数は昨年比で大きな伸び。ソーシャルメディアからの流入も加速

    どうやら今年のホリデーシーズンは、小売業界にとって非常に良い季節となりそうな気配だ。Hitwiseの発表したレポートによると、「ブラックフライデー」関連の検索動向は昨年同時期に比べて31%伸び、また関連サイトを訪問する利用者の割合も18%増となっているようだ。 ちなみにブラックフライデー関連のサイトを訪問するのは女性の方が多く、その割合は男性41%に対し女性59%となっている。また年齢的には若い人が多く、訪問者の59%が35歳未満だとの数値も出ている。 続きを読む

  • 感謝祭ウィーク明けの月曜日、Amazonの訪問者数は昨年比44%増加

    感謝祭ウィーク明けの月曜日、Amazonの訪問者数は昨年比44%増加

    Experian傘下のHitwiseが、サイバーマンデーの統計情報をリリースした(訳注:サイバーマンデーというのはブラックフライデーに続く月曜日のこと。オンラインショッピングが増える傾向にある。また、ブラックフライデーとは感謝祭翌日の金曜日のことで、小売店の売り上げが伸びる傾向にある)。統計によれば、トップ500の小売りサイトの中で、昨年比44%増の訪問者を集めたAmazonがトップとなっている。Amazonは同500サイト中、15.53%の訪問者数を集めることとなった。Hitwiseによれば、Amazonは2006年以来続けてサイバ… 続きを読む

  • Hitwiseのデータがいかに信用できないか―またも実例

    Hitwiseのデータがいかに信用できないか―またも実例

    さまざまな調査会社が公表するインターネットのトラフィックについての統計がいかにアテにならないかはよく知られている。Quantcast、Comscore、Hitwise、Compete、Alexaその他全ての会社の統計がそれぞれにさまざまな度合いで欠陥がある。 しかし今日、Hitwiseが公開したブログ記事ぐらいひどいデータは珍しい。HitwiseはCraigslistがインターネットでもっとも数多く検索されたキーワードだと主張し、MySpaceは2位に陥落、Facebookが3位だとしている。 しかし、もっと信頼できる統計がすぐ手に入ると… 続きを読む

  • オンラインのホリデー商戦復活!昨年水準突破なる?ならない?

    オンラインのホリデー商戦復活!昨年水準突破なる?ならない?

    ぬるいスタートを切ったオンラインのホリデー商戦が、やや熱気を帯びてきた。comScoreの統計によると、今年のサイバーマンデー(感謝祭明け初出勤日の月曜はオンライン商戦初日。ネット版ブラックフライデー)は昨年同日比売上高15%アップの$846M(8億4600万ドル)という活況となり、感謝祭からの通算売上高も12%増えて$2.4B(24億ドル)となった。が、11月期全体で見るとオンライン売上げは$12B(120億ドル)で、依然2%低いラインにとどまっている。 今後5週間の売上げで遅れを取り返せるのだろうか? 上記チャートで分かるように、2… 続きを読む

  • ホリデーシーズンの小売りサイトトラフィック報告:ウォルマートとAmazonの一騎打ち

    ホリデーシーズンの小売りサイトトラフィック報告:ウォルマートとAmazonの一騎打ち

    Hitwiseによると、2008年の感謝祭および年末商戦開始の金曜日、記録の残っている小売りカテゴリのすべてにおける国内トラフィックは、オンライン専業サイトを除き軒並み減少した。小売りサイトTOP500では、感謝祭にはウォルマートが最高のトラフィックを集めたが、商戦開始の金曜日にはAmazon.comが小売りサイト最多のトラフィックを集めた。 全体的に見ると、数値は予想通り減少している。感謝祭当日の米国内アクセス数は昨年に比べて11%低下している。商戦開始日の金曜日については5%の低下となった。しかし、TOP500の小売りサイト中100… 続きを読む

  • Photobucket対Flickr、AlexaとTechnoratiでの比較

    Photobucket対Flickr、AlexaとTechnoratiでの比較

    今日(米国時間6/22)のブログ圏 (blogosphere)でのトップの話題の一つに、新しく発表されたHitwiseのチャートがある。オンライン写真共有のマーケットシェアをPhotobucketが44%のシェアでリードし、Flickrは6位、6%のシェアしかないということを示したものだ。 Flickr がホットな話題となっているブログ圏 (blogosphere)内のある一部に人々にとってみれば、この事実は驚きである。 私は、Alexaholicでこの2つのサイトのトラフィックを見てみたが、Hitwiseのグラフとは全く異なる結果であった。A… 続きを読む