holiday shopping

  • Visa予測:オンラインでのホリデーショッピング額は昨年比18%増

    Visa予測:オンラインでのホリデーショッピング額は昨年比18%増

    1年の後半数ヶ月は、電子商取引関連ビジネスにとって非常に大きな意味をもつ時期となる。ホリデーシーズンを迎え売上額は最高を示し、さらにウェブやモバイルデバイスから買い物をする人が年々増えてもいる。この傾向はもちろん今年も続くこととなる。最新の予測レポートによれば、ほぼ半数(47%)の消費者が、ホリデーショッピングをオンラインで行うことになるとのこと。 続きを読む

  • クリスマスにモバイルアプリケーションのダウンロード数が増加する傾向に歯止め?!

    クリスマスにモバイルアプリケーションのダウンロード数が増加する傾向に歯止め?!

    広告プラットフォームを運営し、モバイル分析も行っているFlurryから、2013年クリスマス近辺のアプリケーションダウンロード動向についての年次レポートがリリースされた。例年のように、やはりクリスマスのアプリケーションダウンロード数は大幅に増加している。プレゼントにもらったiPadを開封して、そしてソフトウェアをダウンロードするという振る舞いがあちこちで行われているわけだ。但し、「クリスマスといえばアプリケーション」という動きは、徐々に落ち着きを見せ始めるのかもしれないという数値も出ているのだそうだ。 続きを読む

  • comScoreレポート:米国ホリデーシーズンのオンライン消費は423億ドル。期待を少々下回る14%増

    comScoreレポート:米国ホリデーシーズンのオンライン消費は423億ドル。期待を少々下回る14%増

    comScoreからは、昨年中にクリスマスに関する統計が出ていたが、このたび2012年ホリデーシーズン全体についてのまとめも出てきた。これによると、11月1日から12月31日までの間に、アメリカ国内で423億ドルの商品がオンラインで購入されたのだとのこと。2011年シーズンについてのcomScoreレポートでは372億ドルであったので、そこから14%の伸びを示したことになる。但し、12月中旬における伸びが期待ほどではなかったようで、当初の予想よりは少々低めの数値となっているようだ。 続きを読む