ミツバチ / 蜂(用語)

  • IoT
    IoTでミツバチの動きや健康状態をリアルタイムで追跡するBeeHeroの精密受粉プラットフォーム

    IoTでミツバチの動きや健康状態をリアルタイムで追跡するBeeHeroの精密受粉プラットフォーム

    精密農業をさらに超え、精密「養蜂」が未来志向の農家の心を捉えている。「BeeHero」は、2020年の登場とシードラウンド以来、急速に成長してきた。新たに1900万ドル(約21億1600万円)の資金を獲得したことで、当初の市場を超えて規模を拡大し、何千もの活発なミツバチの巣から収集した独自のデータをさらに活用できるようになる。 続きを読む

  • 寒い季節でもミツバチの健康を保つ技術で収穫量を最大90%も増加させるBeeflow

    寒い季節でもミツバチの健康を保つ技術で収穫量を最大90%も増加させるBeeflow

    ミツバチは私たち人間の農業や、地球上の生態系、そして地球上の生物種としての全体的な幸福のために、絶対的に必要不可欠な存在だ。しかしながら、ミツバチの個体数は減少しており、絶滅の懸念が大きくなっている。 続きを読む

  • ガン治療の改良からミツバチの保護、髪に似た植物由来の繊維までIndieBio最新クラスの参加企業を紹介

    ガン治療の改良からミツバチの保護、髪に似た植物由来の繊維までIndieBio最新クラスの参加企業を紹介

    超正確なガン治療!植物から人間のもののような毛を生やす!ミツバチを救う!SOSVのアクセラレータープログラムであり、アーリーステージのバイオテック企業に特化したIndieBioは、参加企業に25万ドル(約2700万円)以上の資金、メンターシップ、そしてアイデアを実現させるために自由に使える生物学研究室を提供する。 続きを読む

  • 果菜類の植物工場および完全自動栽培の実現を目指すHarvestXが5000万円を調達

    果菜類の植物工場および完全自動栽培の実現を目指すHarvestXが5000万円を調達

    果菜類の植物工場、完全自動栽培の実現を目指すHarvestXは1月18日、総額5000万円の資金調達を実施したと発表した。 続きを読む

  • 農薬業界に革新を、日本発農薬スタートアップのアグロデザイン・スタジオが1億円を調達へ

    農薬業界に革新を、日本発農薬スタートアップのアグロデザイン・スタジオが1億円を調達へ

    日本発、農薬スタートアップのアグロデザイン・スタジオは1月16日、リアルテックファンドやインキュベイトファンドなどから資金調達を実施したことを明らかにした。 続きを読む

  • 機械学習でミツバチを救え

    機械学習でミツバチを救え

    機械学習とそれに関連したあらゆるAIは、この世のほぼすべての問題に取り組むために使われているが、憂慮すべき勢いで続くミツバチの減少を阻止するための取り組みはまだ不足している。 続きを読む

  • 蜂のインターネット(Internet of Bees)で蜂のコロニーの健康をモニタする

    蜂のインターネット(Internet of Bees)で蜂のコロニーの健康をモニタする

    今や周知の事実として、全世界の蜂の生息数は、何かを警報するかのように、急速に減りつつある。しかもわれわれ世間の一般人と違って養蜂家は、彼らの巣箱をつねに注意深く監視しなければならない。でも、何千という巣箱を抱える大規模養蜂家にとっては、巣箱のモニタリングは容易でない仕事だ。そこでカナダの研究者が開発したモニタリングシステムは、蜂たちの羽音を聴いて健康状態などをチェックする。 続きを読む

  • ディープラーニングで蜂たちを致死的な害虫から救う養蜂家作のアプリBeeScanning

    ディープラーニングで蜂たちを致死的な害虫から救う養蜂家作のアプリBeeScanning

    Makoto Koike(小池誠)のディープラーニングによる胡瓜(きゅうり)選別機のことは、今では誰もが知っている。世界中のホビイストたちが、機械学習を利用して彼らの問題のソリューションをハックしている。先日は、スゥエーデンの養蜂家で発明家のBjörn Lagermanが、エンジニアたちと研究者たちのチームに助けられて、BeeScanningというアプリを作った。このアプリは、スマートフォンで撮ったふつうの写真に巧妙なコンピュータービジョン技術を適用して、蜂のコロニーに危険な害虫(ミツバチヘギイタダニ, Varroa)の兆候を見つける。… 続きを読む

  • 日本ではまたまた女性専用Android携帯が–今度は3機種一斉に発売

    日本ではまたまた女性専用Android携帯が–今度は3機種一斉に発売

    Androidは日本で急速に普及していて、当地の携帯電話メーカーは、あらゆるタイプの消費者層の好みに合わせようとして、ありとあらゆる工夫を製品に盛り込んでいる。中でも当たれば大きいと思われているターゲットが女性であり、各社はこぞって、女性専用と称するAndroid携帯をデザインしている。 最近の例を、3つご紹介しよう。 まず、Sharpがデザインした”チョコレートバー(板チョコ)”型のハンドセットは、日本最大のモバイルキャリアNTT Docomoがバレンタインデーに売り出す予定だ。 続きを読む

  • つぶやいてミツバチを救おう―ハーゲンダッツがTwitterでキャンペーン実施中

    つぶやいてミツバチを救おう―ハーゲンダッツがTwitterでキャンペーン実施中

    去る8月、われわれはTwitCauseというサービスがスタートしたことを紹介した。これはプラットフォームがTwitterであるということを除けば、FacebookのCausesとほぼ同様のサービスだ。ユーザーコミュニティーからの意見などをもとに支援すべき意義のある運動を決め、Twitterを利用してPRするというもの。またユーザーに対して、運動の意義に共感する場合は寄付をするよう呼び掛ける。このTwittCauseに、今日(米国時間11/5)、興味深い動きがあった。運動の意義をTwitterでPRするユーザーに代わって寄付をしようとい… 続きを読む