Honor(企業)

Huawei傘下のスマートメーカー。

  • 中国におけるアップルのスマホ売上回復、ファーウェイは王座を失う

    中国におけるアップルのスマホ売上回復、ファーウェイは王座を失う

    中国におけるHuaweiのスマートフォンのライバルが、2020年失ったマーケットシェアを急速に奪い返しつつある。マーケティングリサーチの企業Canalysの調査報告によると、2021年第1四半期で中国では9240万台のスマートフォンが購入され、トップのVivoは23%、姉妹企業Oppoは22%という僅差で2位になった。 続きを読む

  • ファーウェイが低価格スマートフォンのHonor事業部を政府系企業などからなるのコンソーシアムに売却

    ファーウェイが低価格スマートフォンのHonor事業部を政府系企業などからなるのコンソーシアムに売却

    米国時間11月17日の朝、中国・深圳の地方紙に掲載された共同声明によると、数週間前からその噂のあったHuaweiは、その低価格スマートフォン部門であるHonorを、複数の企業からなる共同企業体に売却することになった。 続きを読む

  • ファーウェイが低価格ブランド「Honor」を約1兆6000億円で売却の報道

    ファーウェイが低価格ブランド「Honor」を約1兆6000億円で売却の報道

    数週間にわたって噂されていた売却の可能性について、HuaweiはHonorブランドを売却することで合意したと報じられている。 続きを読む

  • ファーウェイが格安スマホブランドHonorの売却を計画

    ファーウェイが格安スマホブランドHonorの売却を計画

    米国の技術制裁によって包囲されているファーウェイは、中核の半導体部品とソフトウェアサービスを失って打撃を受けているスマートフォン事業の再編を検討している可能性がある。 続きを読む

  • ファーウェイのHonor 20 Proなどミッドレンジの旗艦機は最高級機に負けていない

    ファーウェイのHonor 20 Proなどミッドレンジの旗艦機は最高級機に負けていない

    Honor 20 Proも最近発表されたOnePlus 7 ProやAsus ZenFone 6などの仲間として、最高級機の仕様をフラグシップのかつてのリーズナブルな価格で提供できることを証明して見せた。 続きを読む

  • Meeboファウンダーで元Google幹部が在宅介助ネットワークHonorを開発―a16zを中心に2000万ドル調達

    Meeboファウンダーで元Google幹部が在宅介助ネットワークHonorを開発―a16zを中心に2000万ドル調達

    Seth Sternbergはメッセージ・サービスのMeeboの共同ファウンダーで、Googleに 1億ドルで買収された後、同社でGoogle+プラットフォームの責任者を務めた。Sternbergは昨年Googleを離れた後、Honorという高齢者の在宅介助の情報システムの構築に取り組んでいたが、このほど潤沢な資金の調達に成功した。 続きを読む