HTC(企業)

  • HTCが唇・舌・歯・アゴ・頬など口元38カ所をトラッキングできる「VIVE Facial Tracker」発表

    HTCが唇・舌・歯・アゴ・頬など口元38カ所をトラッキングできる「VIVE Facial Tracker」発表

    HTCは3月10日(現地時間)、同社のVRヘッドセットVIVE Pro Eye向けのアクセサリーとして、口元の動きをトラッキングできる「VIVE Facial Tracker」を発表しました。米国では129.99ドルで近日発売となっています。唇やアゴ、舌、歯など38か所をIRイルミネーターによりトラッキングできます。 続きを読む

  • HTCから3万円を切るブロックチェーンスマホが登場

    HTCから3万円を切るブロックチェーンスマホが登場

    現在HTCは難しい状況にあるが、それでも同社には魅力的なチャンスがある。暗号通貨スマートフォンのExodusプロジェクトは、将来の可能性を垣間見せてくれた。 続きを読む

  • HTCの新しいCEOはスマートフォンの革新を怠っていたことを認めた

    HTCの新しいCEOはスマートフォンの革新を怠っていたことを認めた

    元Orangeの幹部で通信業界で長い経験を持つYves Maitres(イヴ・メイタース)氏がDisrupt SF 2019のステージへの登壇を承諾してくれた。 続きを読む

  • HTCはブロックチェーンスマホの普及機を発表、Zion Vault SDKオープンソース化

    HTCはブロックチェーンスマホの普及機を発表、Zion Vault SDKオープンソース化

    HTCは、Blockchain Weekで、近々発売予定のHTC Exodus 1sを発表した。先に発売したブロックチェーンスマホExodus 1の低価格版に相当するものだ。 続きを読む

  • HTCのスタンドアローンVRヘッドセット「Vive Focus」で悪者たちをぶん殴る!

    HTCのスタンドアローンVRヘッドセット「Vive Focus」で悪者たちをぶん殴る!

    サムスンやファーウェイなどの皆様方と肩を並べることをやめてHTCは、周辺機器やアクセサリーのメーカーたちの中へ紛(まぎ)れ込んだ。 続きを読む

  • スマートフォンを葬り去る新しいVRスクリーン

    スマートフォンを葬り去る新しいVRスクリーン

    スマートフォンの画面は驚異の世界だ。明るく、カラフル、シャープなだけではない。ある意味、それは人間の生体に匹敵するほどのものだ。 続きを読む

  • 2019年に注目すべきスマートフォンのトップトレンド

    2019年に注目すべきスマートフォンのトップトレンド

    2018年は、スマートフォンにとって良い年ではなかった。なにしろ、とどまるところを知らないと見られていた成長に、初めて陰りが見られたのだ。 続きを読む

  • HTCがブロックチェーンフォーンのアーリーアクセスをデベロッパーや暗号家に提供、興味深い‘分散セキュリティ’技術

    HTCがブロックチェーンフォーンのアーリーアクセスをデベロッパーや暗号家に提供、興味深い‘分散セキュリティ’技術

    何か月も前から話題になっていたHTCのブロックチェーンフォーンが、ついにやってきた。今日(米国時間10/22)ベルリンで行われた暗号通貨に関するカンファレンスで同社は、Exodus 1の初期的バージョンを、限られた量ではあるがこの製品の同社の公式サイトより、“世界中の暗号研究家とデベロッパーに提供する”、と発表した。 “初期的バージョン”と断っているのは、最終的な製品ではない、ということだ。12月発売とされているが、現状は数か月前の漠然とした状態からあまり変わっていない。でも、信ずる者は救わ… 続きを読む

  • HTCがViveヘッドセット用のワイヤレスアダプターを発表, 9月5日から予約販売

    HTCがViveヘッドセット用のワイヤレスアダプターを発表, 9月5日から予約販売

    HTCは今でも、VRでは大物でいたい。同社は今日、Vive Wireless Adapterの予約販売の開始を発表した。このアダプターを使うと、ViveとVive Proのオーナーは、いわば、コードをカットできる。そしてユーザーは、ワイヤレスで自分のPCに接続できる。 続きを読む

  • HTCの「ブロックチェーン端末」は本物。年内発売へ

    HTCの「ブロックチェーン端末」は本物。年内発売へ

    HTCはまだ消えていない。とはいうものの、今はこれまでになくそれに近い状態で、従業員数は全世界で5000人を切っている——2013年には1万9000人だった。しかし、こうした「市場競争や製品の多様化、価格、棚卸評価損」といったマイナス材料にもかかわらず、同社は前進を続けている。 続きを読む