Huawei / ファーウェイ(企業)

Huaweiは、中華人民共和国の深圳市に本社を置く通信機器大手メーカー。

  • クラウド市場の成長を脅かす中国によるテック巨人への弾圧、BATHの中での位置づけは

    クラウド市場の成長を脅かす中国によるテック巨人への弾圧、BATHの中での位置づけは

    中国のテック企業が国内の規制当局の監視下に置かれる中、投資家や中国の4大クラウド企業であるBATH(Baidu AI、Alibaba Cloud、Tencent Cloud、Huawei Cloud)を含む国内のハイテク企業の間で、懸念やプレッシャーが高まっているとアナリストが報告している。 続きを読む

  • 米IT企業がファーウェイによるパキスタン政府機関へのバックドア設置を告発、ただし決定的な証拠は出ず

    米IT企業がファーウェイによるパキスタン政府機関へのバックドア設置を告発、ただし決定的な証拠は出ず

    ファーウェイに新たなバックドア設置の疑惑が持ち上がっています。カリフォルニアを拠点とするIT企業Business Efficiency Solutions(BES)は8月11日、Huawei Technologiesがソフトウェアに「パキスタンの国家安全保障上重要とされる」機密情報を得るためのバックドアを仕掛けたとカリフォルニア州の連邦裁判所に訴え出ました。 続きを読む

  • MWC 2日目。本当にやってる?イーロン・マスク登場

    MWC 2日目。本当にやってる?イーロン・マスク登場

    見どころがなかったわけではない。それは何かって?イーロン・マスク氏の動画?あれは「この男をどう思うか」によらずあらゆる意味で大きかった。 続きを読む

  • ファーウェイがAndroidに代わるスマホ向けHarmonyOSを正式発表

    ファーウェイがAndroidに代わるスマホ向けHarmonyOSを正式発表

    ハイパーコネクテッドな世界で生活していることを想像してみよう。中国の通信機器大手Huawei独自のHarmonyOSは、デバイスを動かしているシステムにかかわらずすべてのデバイスに互換性を持たせることで、あるデバイスから別のデバイスに切り替えて使う際のユーザーエクスペリエンスの遅れやギャップをなくすことを目指している。 続きを読む

  • シャオミがトランプ政権設定による防衛ブラックリストから除外へ、米政府と合意

    シャオミがトランプ政権設定による防衛ブラックリストから除外へ、米政府と合意

    トランプ政権下で激化した米中の貿易摩擦も、バイデン政権への移行したことで変化をし始めています。米国政府とシャオミ(Xiaomi)は、トランプ政権が設定した防衛関係のブラックリストからシャオミを除外することで合意したと発表しました。 続きを読む

  • 中国におけるアップルのスマホ売上回復、ファーウェイは王座を失う

    中国におけるアップルのスマホ売上回復、ファーウェイは王座を失う

    中国におけるHuaweiのスマートフォンのライバルが、2020年失ったマーケットシェアを急速に奪い返しつつある。マーケティングリサーチの企業Canalysの調査報告によると、2021年第1四半期で中国では9240万台のスマートフォンが購入され、トップのVivoは23%、姉妹企業Oppoは22%という僅差で2位になった。 続きを読む

  • ファーウェイは自動車メーカーになることを否定し一次サプライヤーを目指す

    ファーウェイは自動車メーカーになることを否定し一次サプライヤーを目指す

    ここ数カ月、中国のハイテク企業が次々と自動車分野への進出計画を発表している。検索エンジンを提供するBaiduをはじめとするインターネット企業の中には、自動車を生産するために従来の自動車メーカーと協力することを決断した例もある。業界関係者の間で次は誰かという話になれば、Huaweiの名前が挙がるのは当然だろう。 続きを読む

  • 8580円の新スマートバンド「HUAWEI Band 6」日本上陸、心拍数や血中酸素の24時間常時計測に対応

    8580円の新スマートバンド「HUAWEI Band 6」日本上陸、心拍数や血中酸素の24時間常時計測に対応

    ファーウェイが新型スマートバンド「HUAWEI Band 6」を日本投入します。価格は税込8580円で近日発売します。「HUAWEI Band 6」は、先代比で42%大型化した、大画面有機ELディスプレイを搭載。心拍数や血中酸素の測定に対応し、96種類の運動トラッキングモードを備えます。重量は18g(ベルト含まず)と軽量で、5気圧防水にも対応します。 続きを読む

  • IoT
    スマホ事業不振のHuaweiはIoTに活路を見出そうとしている

    スマホ事業不振のHuaweiはIoTに活路を見出そうとしている

    米国・中国間の貿易摩擦に苦しんでいるHuaweiは、中国内外の多くのハードウェアメーカーに対抗することになる、他のスマートデバイスでの機会模索を余儀なくされている。中国テック大手Huaweiの2020年の売上成長は緩やかなものとなり、わずか3.8%増の8914億元(約15兆435億円)で、純利益は3.2%増の646億元(約1兆895億円)だった。 続きを読む

  • ファーウェイが新型折り畳みスマートフォン「Mate X2」を中国で発表、約29.3万円から

    ファーウェイが新型折り畳みスマートフォン「Mate X2」を中国で発表、約29.3万円から

    Huaweiが最初に発売した折り畳み式スマートフォンは、遠い記憶のもののようだ。2019年2月に発表されたのだが、同時期に折り畳み式スマートフォンを発表したSamsungが、その革新的なフォームファクターによる独自の問題にぶつかったことが相次いで報じられたため、Huaweiも発売を延期したのだ。 続きを読む