hunch

  • 関連性(Relevance)の時代の幕開け

    ソーシャル・ネットワークにおける「次の大きな波」はいったい何になるのだろう? テクロジー愛好家の間でこの問題は長年熱心に議論されてきた。われわれはすでにパラダイムシフトの兆候を目前にしていると思う。単純なソーシャル共有から個人化された関連性の高い(relevant)コンテンツへの移行だ。 「次の波」を占う上でカギとなる要素は、「ソーシャルグラフ(Social Graph)」を補う「関心のグラフ(Interest Graph)」だ。Facebook、Twitter、Googleといったメジャー・プレイヤーもすでに「関連性の高いコンテンツ」の提供… 続きを読む

  • Twitterを使っている友人へのプレゼント選びならおまかせ。HunchのGift-O-Maticはかなり使える!

    Twitterを使っている友人へのプレゼント選びならおまかせ。HunchのGift-O-Maticはかなり使える!

    今まさにこの瞬間、ホリデーギフトに何を送れば良いのかと頭を悩ませている人も多いことだろう。もし贈りたい相手の人がTwitterを頻繁に使っているなら、Hunchが新しく提供を開始したGift-O-Maticを試してみてはいかがだろう。これはHunchの従業員数名が、Hunch APIを使って何ができるのかを示してみようと公開したものだ(Facebook上の繋がりをもとにして、Gifts.comでのギフト提案も行っている)。Hunchは、ソーシャルネットワークを通じて知っている人の「好み」を視覚化するものだ。レコメンデーションエンジンとし… 続きを読む

  • Hunchが'好みのグラフ(taste graph)'をAPIにより外部企業に提供–ビジネスモデルの中核に

    Hunchが'好みのグラフ(taste graph)'をAPIにより外部企業に提供–ビジネスモデルの中核に

    レコメンデーションエンジンHunchが7つの大型サイトと提携して、彼らの製品やサービスやコンテンツに対する個人化(パーソナライズ)されたレコメンデーションを提供する。その7つは、Interactive CorpのGifts.com、Bluefly、Buzzfeed、Heyzap、ShopStyle、Milo、FanBridgeだが、Hunchによれば、近くさらに多くの提携先を発表する。 “これらの企業はHunch.com上に常駐するアプリケーションを構築するか、自己のサイトにHunchの機能を埋め込むか、またはその両方である&… 続きを読む

  • 意思決定支援サイトHunchがトラフィック半減を覚悟で「質」のための変化を断行

    意思決定支援サイトHunchがトラフィック半減を覚悟で「質」のための変化を断行

    個人の意思決定を支援するサイトHunchが、今日(米国時間6/15)から大きく変わる。協同ファウンダCaterina Fakeの予測では、これによってトラフィックは少なく見積もっても半減するが、残った人たちが得る体験は全体的に改善される。その変化とは、登録ユーザ以外のぶらっと訪れた人は、これからはこのサイトの機能を利用できない。ただしFacebookやTwitterのアカウントでログインする人はよい。Hunchが人びとの意思決定を助けるやり方は、まず新規ユーザに…登録時に…大量の質問に答えてもらって、その人の”好みのプロフィ… 続きを読む

  • 犬猫サイトの今風フルモデルチェンジとは?: DogsterとCatsterにその例を見る

    犬猫サイトの今風フルモデルチェンジとは?: DogsterとCatsterにその例を見る

    インターネットのソーシャルサイトの中では、DogsterとCatsterはよくやってるほうだ…どちらもここ3年利益が出ている。でも彼らはつねに現状に安住せず、サイトを改良してもっと良いユーザ体験を実現しようと努力している。そしてこのたびは、大規模なデザイン変更を行った。CEOのTed Rheingoldはそれを”完全な再立ち上げ”と呼んでいて、ロゴやレイアウトやキャッチコピーだけでなく、サービス本体もフルモデルチェンジした。 言うまでもなくDogsterは犬を飼っている人たちのためのソーシャルネットワーク、Cats… 続きを読む

  • 絶好調のレコメンデーションエンジンHunchが$12Mを調達–役員も一流揃いに

    絶好調のレコメンデーションエンジンHunchが$12Mを調達–役員も一流揃いに

    レコメンデーション(recommendation, 推薦, おすすめ)エンジンHunchが、$12M(1200万ドル)の資金調達ラウンドの完了を公式に認めた。ラウンドを仕切ったのはKhosla Venturesで、パートナーのGideon Yuは昨年Khosla Venturesに参加した人物だが、その前はFacebookのCFOだった。その彼が今回の投資ラウンドの一環としてHunchの取締役会に加わる。投資に際し、Hunchの評価額は、$52M(5200万ドル)だった。 今夕(米国時間3/14)、Hunchの協同ファウンダCaterina Fak… 続きを読む

  • Askが、Q&A検索もできることをアピール中

    Askが、Q&A検索もできることをアピール中

    今の検索分野で、スタートアップや新商品の動きという視点からみて、最も活発な下位ジャンルの一つにQ&Aサイトがある。検索案件の中には主観的で、人間が答えた方がよいものもある。Yahoo Answersの成功がこれを証明しており、もっと良いQ&Aを作ろうと数多くの競合がひしめきあっている。Answerbag、Wiki Answers、Mahalo Answers、Aardvark、Hunchなどだ。そこで、元祖Q&A検索エンジンとも言える(人間が回答するということではなく、質問形式で検索することを促進したという意味… 続きを読む

  • Flickrのファウンダー、Catrina Fake、ユニークな意思決定エンジン、Hunch.comを公開

    Flickrのファウンダー、Catrina Fake、ユニークな意思決定エンジン、Hunch.comを公開

    検索エンジン業界では誰もGoogleと正面切って対決しようとはしない。MicrosoftでさえBingを通常の検索エンジンであるにもかかわらず、「意思決定エンジン」と呼んでいる。しかし今日(米国時間6/15)、一般公開されたHunchは、実際に意思決定エンジンと呼んでもよいだろう。このサイトの目的は一つ―Q&Aを繰り返しながらユーザーの意思決定を助けることだ。 Hunch〔予感、勘、直感などの意味がある〕は、部分的には(Aardvark、Mahalo Answersのような)最近流行のQ&Aサイトだ。こういったGoogle… 続きを読む

  • Hunchのデータによれば、Macに乗り換えた人々はダンスが好き―その他の面白い傾向が判明

    Hunchのデータによれば、Macに乗り換えた人々はダンスが好き―その他の面白い傾向が判明

    Q&AサイトのHunchがスタートしてからまだ3週間しかたっていないが、すでに430万もの質問に対する回答が蓄積されているという。Hunchは一連の質問に答えていくことで自分自身のいろいろな傾向を客観的につかむことができるというサービスだ。Hunchはユーザーの回答パターンを分析して、似たようなパターンの回答をした他のユーザーを探し出し、そのユーザー・グループの回答傾向から他の質問に対しても適切な回答を導き出そうとする。いわば共同作業による情報のフィルタリングだ。 Hunchの共同ファウンダーはFlickrの共同ファウンダーとし… 続きを読む

  • Hunchは何でも答えてくれるか?, Flickrのファウンダの新サイトを試してみた

    Hunchは何でも答えてくれるか?, Flickrのファウンダの新サイトを試してみた

    今朝(米国時間3/27)、Flickrの協同ファウンダCaterina Fakeが、彼女の最新のスタートアップであるHunchのリリース(非公開ベータ)を発表した。このサイトは、いろんな話題(買い物、恋愛、etc., etc.)について、ユーザの意思決定を支援する。そのためにユーザはまず、ほかの会員たちが提示した複数の短い質問に答え、システムはその答えを使って最終的な意思決定を作る。それは、Wikipediaのような不特定多数ユーザ起源の情報とYahoo Answersのようなサービスを組み合わせるグレートなアイデアだが、でもうまくいくのか… 続きを読む