Hyundai / ヒョンデ / 現代自動車(企業)

韓国の自動車メーカー。

  • エアタクシー離陸に向けたロサンゼルスの取り組み

    エアタクシー離陸に向けたロサンゼルスの取り組み

    配車サービスやeスクーターなどの製品を提供している企業は、発生する問題の数を超えるペースでさまざまな問題を解決していくと約束してはいるものの、米国中の都市の交通は混乱状態だ。ロサンゼルスは、CO2排出量ゼロの交通機関を導入しようと躍起になっており、エアタクシーの導入では過去の過ちを繰り返さないようにしたいと考えている。 続きを読む

  • 現代自動車が独自の半導体チップ開発を計画、世界的不足対策で

    現代自動車が独自の半導体チップ開発を計画、世界的不足対策で

    Hyundai Motor(現代自動車)のグローバルCOOであるホセ・ムニョス氏によると、同社は半導体メーカーへの依存度を下げるため、独自の半導体チップ開発計画を発表する。 続きを読む

  • 中国のロボット企業2社がそれぞれ約220億円の大型ラウンド

    中国のロボット企業2社がそれぞれ約220億円の大型ラウンド

    今週、中国のロボット企業2社が2億ドル(約220億円)の資金調達に成功した。いずれも、我々がたまに目にする、活気に満ちたエコシステムの一部だ。中国のロボット分野には非常に多くのプレイヤーが存在するため、当地で起こっているイノベーションを追跡するのは難しいが、こうした大規模な資金調達は確実に波紋を呼ぶ。 続きを読む

  • ボストン・ダイナミクスを買収した現代自動車が4足歩行ロボットを工場の安全監視に活用

    ボストン・ダイナミクスを買収した現代自動車が4足歩行ロボットを工場の安全監視に活用

    現代自動車がBoston Dynamicsの買収を完了させたのは今年6月のこと。この韓国の巨大自動車メーカーは、マサチューセッツ州に本拠を置くロボット企業の技術を、将来を見据えた多くのコンセプトモビリティ車に統合させるという壮大な計画を持っていることは間違いない。しかし現時点では、既存のロボットを活用することに、より力を入れているようだ。 続きを読む

  • 現代自動車グループが2028年までに全商用車に水素燃料電池モデルを投入へ

    現代自動車グループが2028年までに全商用車に水素燃料電池モデルを投入へ

    Hyundai Motor Group(現代自動車グループ)は持続可能性のための最優先エネルギーソリューションとして水素を支持している。今後数年内に展開する新しい燃料電池システムで、韓国の自動車メーカーである現代自動車グループは2028年までに同社の全商用車に水素燃料電池バージョンを提供すると明らかにした。 続きを読む

  • ​​現代自とAptivの自律運転合弁会社Motionalが「Hyundai IONIQ 5」電動ロボタクシーを公開

    ​​現代自とAptivの自律運転合弁会社Motionalが「Hyundai IONIQ 5」電動ロボタクシーを公開

    Motionalは米国時間8月31日、同社が計画しているロボタクシーの最初の画像を公開した。現代自動車の電気自動車「IONIQ 5 SUV」をベースにした車両は、MotionalがLyftアプリを通じて、2023年から顧客に利用してもらいたいと考えているドライバーレス配車サービスの目玉となるものだ。 続きを読む

  • ヒュンダイ傘下となったBoston Dynamicsが人型ロボット「Atlas」出演の新たなパルクール動画を公開

    ヒュンダイ傘下となったBoston Dynamicsが人型ロボット「Atlas」出演の新たなパルクール動画を公開

    ヒュンダイ傘下に生まれ変わったBoston Dynamicsが、ヒューマノイドロボット「Atlas」の新たなパルクール動画を公開しています。Atlasロボットはカメラの前でSASUKEよろしく五段跳びを軽くクリアし、平均台の上を走り、華麗なバク転も2連続でキメています。 続きを読む

  • 現代自動車がソフトバンクからBoston Dynamicsの支配権取得を完了「歩くクルマ」に向け前進

    現代自動車がソフトバンクからBoston Dynamicsの支配権取得を完了「歩くクルマ」に向け前進

    Hyundai(現代自動車グループ)は現地時間6月21日、Boston Dynamicsの買収を完了したと発表した。この取引は革新的なロボットメーカーを11億ドル(約1210億円)で評価するもので、2020年末に発表されていた。両社は、今後の財務的な詳細については明らかにしていない。 続きを読む

  • ヒュンダイの全電動車IONIQ 5は決済システムを搭載

    ヒュンダイの全電動車IONIQ 5は決済システムを搭載

    Hyundaiが開発した車載決済システムは、次期電動クロスオーバー「IONIQ 5」に搭載され、EVの充電や食事、駐車場などの料金を払えるようになる。これは、自動車メーカーが収益を上げるための新しい方法として、通常はスマートフォンに付随する機能を顧客に提供していうる最新の例だ。 続きを読む

  • ヒュンダイの電気自動車IONIQ 5がMotionalとLyft初のロボタクシーに

    ヒュンダイの電気自動車IONIQ 5がMotionalとLyft初のロボタクシーに

    Motionalは同社の自動運転技術を現代自動車の新型完全電動SUVに統合し、Motional初のロボタクシーを開発する。2023年初頭には一部の市場の顧客かLyftアプリを介してこの完全電動・完全自動運転タクシーを予約できるようになる。 続きを読む