ibooks

  • Apple、次期iOSでiBooksに代わるApple Booksをプレビュー

    Apple、次期iOSでiBooksに代わるApple Booksをプレビュー

    Appleは、WWDCで予告したiBooksの改訂版を再度披露した(噂はここしばらく出回っていた)。Apple Booksはこの秋iOSに登場する。この「Bookアプリ最大のデザイン変更」には最新の洗練されたUIのほか表紙デザインにこれまで以上の力を入れている。 続きを読む

  • オリジナルアニメーションや著者注のついたiBooks専用の「ハリー・ポッター」シリーズが登場

    オリジナルアニメーションや著者注のついたiBooks専用の「ハリー・ポッター」シリーズが登場

    「ハリー・ポッター」ファンに朗報だ。改めてシリーズ7作を楽しむ機会がやってきた。すなわち、Appleが自らのプラットフォーム専用のシリーズをiBooks Storeで扱いはじめたのだ。そして今回販売開始となるシリーズでは、J.K. Rowlingのチームと共同で、「拡張版」を販売することとなった。ページ中にアニメーションが埋め込まれていたり、オリジナルの著者注が入っていたり、また独自のフォントやドロップキャップが用いられていたりもする。 続きを読む

  • Appleの電子書籍シェアは20%。OS X版iBooksは追い風になるか

    Appleの電子書籍シェアは20%。OS X版iBooksは追い風になるか

    Appleが秘かに米国内での電子書籍市場シェアを伸ばしていたことが、現在進行中の電子書籍価格協定訴訟の証言で明かされた。現在同社は米国内電子書籍販売の20%を占めているという(MacRumors発)。これはかつて市場ウォッチャーが推測していた数字の約2倍であり、Amazonの圧倒的な力とは比較にならないものの、Appleがデジタル書籍分野でかなりの位置を占めつつあることを示している。 続きを読む

  • えっ? AppleのiBook教科書はたったの8種類?

    えっ? AppleのiBook教科書はたったの8種類?

    Appleは今日発表したiBooks 2アプリと、それを使う新しい教科書によって、教科書市場への参入をうかがっている。Appleのことだ、きっと教科書業界を再発明しようとしているのだろう。 まあしかし、たぶん今日(米国時間1/19)ではない。iPadを立ち上げて最新バージョンのiBooks(Appleの書籍アプリでiTunesとは別の専用ストアがある)にアップデートすると、Appleが公開したばかりの新しい教科書の一覧を見られる。8冊全部の。そう、新フォーマットの教科書は〈たった〉8種類しかない。生物学が2冊、 E.O. WilsonのLif… 続きを読む

  • Google、HTML5を使ったiBooks風ウェブ技術解説書をリリース

    Google、HTML5を使ったiBooks風ウェブ技術解説書をリリース

    Chrome発表のときにコミックブックをリリースしたように、Googleがブラウザとウェブについての説明を行うオリジナルの解説書をリリースした。書籍のタイトルは「20 Things I Learned About Browsers & The Web」というもので、子供向け絵本のような体裁だ。内容はウェブ技術に関するものだが、この書籍自体もウェブ技術を表現するものとなっている。すなわち全体がHTML5により作成されているのだ。非常によくできていると言って良い。 外見はAppleがiPad用に制作したプラットフォームであるiBookにも似ている。… 続きを読む

  • 書籍ソーシャル化の草分けRethink Booksがデビュー(デモビデオあり)

    本はそのほかの印刷媒体と並んで電子化が進んでいるが、しかしまだソーシャルな部分が弱い。そこでRethink Booksは、どの電子書籍にも共有の機能を持たせ、本をソーシャルな本に変えたいと願っている。今日(米国時間11/11)ニューヨーク市で行われたTedxEastカンファレンスで、ファウンダのJason IlianとJason Johnsonが、まだリリースされていない同社の製品のデモをやっていた。会場で行った彼らへのインタビューと、デモの一部を、ビデオに収めたのでご覧いただきたい。 CEOのIlianがデモしていたのはiPadのアプリケー… 続きを読む