iMac(製品・サービス)

  • Apple、4Kおよび5Kディスプレイを搭載した新iMacを発表

    Apple、4Kおよび5Kディスプレイを搭載した新iMacを発表

    AppleがiMacラインにて超高解像度スクリーンの適用をさらにおしすすめてきた。21.5インチのオールインワンiMacに4Kスクリーンを採用したのだ。さらに27インチのiMacでは5Kディスプレイが搭載されることとなった。 続きを読む

  • Apple、21.5インチ、 4K RetinaディスプレイのiMacを準備中

    Apple、21.5インチ、 4K RetinaディスプレイのiMacを準備中

    27インチの5K retina iMacはデスクトップ・コンピュータの最高峰のひとつだが、多くのユーザーにとって高価すぎる製品だ。しかしこれが近く変わりそうだ。最新のOS X El Capitanのベータに21.5インチ、4K解像度(4096 x 2304)の新しいiMacの情報が含まれていた。この製品は数ヶ月以内にリリースされるようだ。 続きを読む

  • Apple、新15インチRetina MacBook Pro+Force Touchと27インチRetina iMacを発売

    Apple、新15インチRetina MacBook Pro+Force Touchと27インチRetina iMacを発売

    Appleは、15インチRetinaディスプレイMacBook Proと27インチiMacを改訂し、Intel Coreプロセッサーを含む新スペックとなった。新たにMacBookに塔載されたForce Touchは、独自の強いタッチとAppleのトレードマークである「タプティック」フィードバックによって、実際にはそうでないのにトラックパッドを物理的にクリックしたように感じる。27インチRetina iMacの価格は1999ドルから。 続きを読む

  • iPadをセカンドディスプレイ化したい人にはOne Designの「Mountie」がおすすめ

    iPadをセカンドディスプレイ化したい人にはOne Designの「Mountie」がおすすめ

    MacBookやiMacをモバイル環境で利用する際、一層効果的に2画面化を実現することができるようになりそうだ。One Designの産みだしたMountieを使えば、MacBookないしiMacのベゼル部分を利用して、iPadやiPhoneをセカンドディスプレイとして装着することができるのだ。しかもMountie本体は上着のポケットや、ノートPCケースのアクセサリ収納用ポケットに入れておくこともできる。 続きを読む

  • iMac 5K Retinaモデルは(当然ながら)画面が素晴らしすぎる

    iMac 5K Retinaモデルは(当然ながら)画面が素晴らしすぎる

    Appleの新iMacは5180×2880ピクセルという、実用性という観点を超えたほどの解像度を備えている。もちろんこれほどの解像度を持つマシンというのは他に存在しない。プロダクトは内部的にもいろいろと進化しているのだが、やはりこのスクリーンの存在が圧倒的だ。 続きを読む

  • ビデオ:5K Retina iMacおよび新しいiPadはこんな感じ

    クパチーノにて、iPad Air 2、iPad mini 3、そして5K Retinaディスプレイを搭載したiMacなどが発表された。いずれのデバイスについても、ごく短い間ながら触ってみる機会もあった。外見も美しく、ハードウェアスペック的にも非常に興味深いプロダクト群だと思う。 続きを読む

  • ハンズオン:新しいiMacのRetina 5Kディスプレイは圧倒的

    ハンズオン:新しいiMacのRetina 5Kディスプレイは圧倒的

    最新のiMacのRetina 5KディスプレイはAppleによると「世界最高の解像度」だという。新しいスクリーンは一目見ただけで美しさに圧倒される。しかも長く見ていれば見ているほど賛嘆が深まる。私のように日頃Retina MacBook Proをメインマシンとしているユーザーにそう思わせるのだからただごとでない。 続きを読む

  • Apple、Retinaディスプレイ付iMacを発表

    Apple、Retinaディスプレイ付iMacを発表

    iPadシリーズの新装に加えて、Appleは今日(米国時間10/16)、iMacの新製品を発表し、初めてAppleのデスクトップ機にRetinaディスプレイが塔載された。 続きを読む

  • Apple、来月Retina iMacを発表か? 高DPI時代の幕明けだ

    Apple、来月Retina iMacを発表か? 高DPI時代の幕明けだ

    Appleはこの秋、OS X Yosemiteと共に、ついにRetina iMacを発売する可能性がある、と9to5Macの最新記事が伝えている。最終テストに近い段階だと言われるこの新機種が登場すれば、それは「判別可能なピクセル時代」の終りを予感させるものだ。 続きを読む

  • Apple、1099ドルのエントリーモデルiMacを発売開始

    Apple、1099ドルのエントリーモデルiMacを発売開始

    Appleが新型iMacをリリースした。エントリーマシンの位置付けで、一体型フルセットで価格は1099ドルからとなっている。これまでのものに比べて200ドル安い価格となっている。Intelの1.4GHz Core i5プロセッサーを搭載し、メモリは8GB、ハードディスク容量は500GBで、Intel HD Graphics 5000を積んでいる。 続きを読む

  • iMacの新モデルがリークか?! 新機種への参照のあったOS X Betaは直ちに公開停止

    iMacの新モデルがリークか?! 新機種への参照のあったOS X Betaは直ちに公開停止

    iMacを購入しようと考えているならば、少々待った方が良いようだ。最新のOS X Mavericksのベータ版に、新しいiMacのモデルを示す記述が発見されたようなのだ。 Appleファンを名乗るPikeによると、リリースされたばかりの開発者向けOS X Mavericksのベータに、新たに3種類のiMacに関する記述がみつかったのだとのこと。 続きを読む

  • Apple、高速CPU、802.11ac、PCIe Flashストレージを用意してiMacラインをリニューアル

    Apple、高速CPU、802.11ac、PCIe Flashストレージを用意してiMacラインをリニューアル

    AppleがオールインワンiMacのリニューアルを発表している。昨年末の大幅リニューアルとは異り、今回の変更は外見的にはマイナーチェンジとなっている。しかしパフォーマンスは大幅に向上しており、細かくスペックをみるとかなりの変更点がある。たとえばインテルのクアッドコアを採用し、802.11ac Wi-Fiを搭載、さらにはより高速なPCIeベースのフラッシュストレージにも対応している。 続きを読む

  • MacBookが主流のモバイル時代、かつてApple社の救世主となったiMacを使う意味はなんだろう?!

    MacBookが主流のモバイル時代、かつてApple社の救世主となったiMacを使う意味はなんだろう?!

    歴史的にみて、今のAppleを支えているのはiMacだ。ご存知のように、iPod、iPhone、そしてiPadが登場して、次々と新しい世界を切り開いていった。しかしジョブズが「ボンダイブルー」の初代iMacを発表した1998年、Appleはほとんど死に体だったのだ。iMacのおかげで、企業としてのその後を考える時間を稼ぐことができたのだった。 時は移り2013年。状況は1998年の頃とは全く異なる。先に触れたiPod、iPhone、ないしiPad以外の「トラディショナル」PCとしては、今やノートブックが主流のようだ。実際、Appleの売… 続きを読む

  • 新型iMac(21.5インチ)のルックスを旧型機と比較する

    新型iMac(21.5インチ)のルックスを旧型機と比較する

    Appleのオールインワン型デスクトップコンピュータiMacの新型機が今日(米国時間11/30)発売される。重要なのは、そのデザインの一新だ。厚さをぎりぎりまで削り、先細ならぬ先薄になっているエッジの厚さは5ミリしかない。中身の話以前にまず筐体が、人の目を釘付けにしてしまう。ではこれから、新型機の21.5インチバージョンを詳しく見ていこう。それまでのiMacと、どこがどう変わったか。 続きを読む

  • Appleの、インクレディブルにゴージャスなプロダクト紹介を3分のビデオにまとめてみた(警告:くだらないです)

    Appleの、インクレディブルにゴージャスなプロダクト紹介を3分のビデオにまとめてみた(警告:くだらないです)

    Appleは世界中のどの企業よりも製品ローンチないしプロモーションに長けた企業だというイメージがある。昨日は73分間におよぶスペシャルイベントにて、iPad mini、新しいMacBook Pro、Mac Mini、iMacなどがデビューを果たすこととなった。Appleの用語を用いてまとめると、アメージングなグレイとで、ベストでありとてつもなく信じがたく、想像したこともないほどのファンタスティックで、ゴージャスさもまた想定外、という感じだっただろうか。詳細な内容について知りたいと思う人も多いだろう。必要な内容を一本のビデオにまとめてみたので… 続きを読む

  • 新型iMac:最薄部5mmの筐体に詰め込まれた未来 ― 画面の美しさだけでも一見の価値あり

    新型iMac:最薄部5mmの筐体に詰め込まれた未来 ― 画面の美しさだけでも一見の価値あり

    Appleは本日、リニューアルしたiMacを発表した。オールインワンがさらに進化して、高性能がコンパクトにまとまったモデルとなっている。新機種について流れていた噂は正しく、最薄部分では厚さ5mmを実現している。厚みのある部分はそれなりに厚いので、プレゼンテーションを見た方も気づかなかったかもしれない。しかし近くでよく見ると新モデルの薄さはまるでシュールリアリズムのようですらある。 続きを読む

  • [CG]人気機種27インチiMacに出荷の遅れ

    [CG]人気機種27インチiMacに出荷の遅れ

    最近発売された人気機種の27インチiMacに何らかの問題で出荷遅れが生じている。2週間分の注文が滞っており、ディスプレイの不具合、ハードドライブの損傷などを含む問題が多数あるようで、このモデルのツメが十分でなかったことをうかがわせる。 CNETによれば、アップルは顧客に不便を与えたことを謝罪しているが、その原因については十分対応できていないようだ。この問題を扱ったサイトもあり、ディスプレイテスト用のFlashウェブアプリが提供されている。 続きを読む

  • 新品のiMacが植物検疫に行ってしまった…お役所のシステムが「Apple」を「リンゴ」と認識したんだ

    新品のiMacが植物検疫に行ってしまった…お役所のシステムが「Apple」を「リンゴ」と認識したんだ

    今日(米国時間12/4)はぼくのアパートに嬉しい一日が訪れるはずだった。昨日の時点では、ぼくの新しいApple iMacが今日の午後届くことになっていた。でも、だめだった。そしてその理由がまさにオドロキだ! どうやら、食品医薬品局(FDA)が承認してからでないとぼくの手には渡らないらしい。 もっと詳しく言うと、FDAまたは農務省植物保護検疫局(AG/PPQ)の承認が必要だと宅配会社が言っている。FDAがぼくのコンピュータについて調べるなんて、まったくおかしい。植物を保護するための隔離検疫なんて、一体何よそれ? 続きを読む

  • [CG]来週にもiMacが一新される?

    [CG]来週にもiMacが一新される?

    いつものようにどこやらの情報筋によれば、iMacが来週一新されるそうだ。そんなこと前から分っていたけど、なにがアップグレードされるかとなるといずれも想像の域を出ない。 CPUやGPUのアップグレード、それにひょっとしてさらに薄いデザインもあるかもしれない。ブルーレイ搭載を予想するひともいるがそれはないだろう。もしアップルがブルーレイに対する態度を変えたのならiMacだけじゃすまないだろうから。 続きを読む

  • [CG]つぎはiMacとMacBookが一新されるらしい

    [CG]つぎはiMacとMacBookが一新されるらしい

    iPodの話は一段落したので、今度はつぎの話題だ。調査会社Wedge Partnersによれば、今度はiMacとMacbookの番だそうだ。それも「数週間のうちに」だって・・・ iMacの話はあまり聞かないが、確かにしばらくアップグレードされていない。何かあるとすればCPUのスピードアップぐらいか。むしろGPUのアップデートとハードドライブの容量アップの方がありそうだ。大規模なアップデートなら新学期までにはやったはず・・・ 続きを読む