inbox

  • ついにやっとGmailの住所電話番号メールアドレスなどの情報がリンクに換わるようになった

    ついにやっとGmailの住所電話番号メールアドレスなどの情報がリンクに換わるようになった

    Gmailには、モバイルのSmart Repliesなどをはじめ、時間節約機能がたくさんあるから、アドレス(住所)や電話番号や連絡先(メアド)を自動的に検出してそれらをリンクに換える機能がやっと今日(米国時間9/18)から使える、と知ったときには意外だった。 続きを読む

  • 返信を自動的に書いてくれるSmart Reply機能がWeb上のInboxにもやってきた

    返信を自動的に書いてくれるSmart Reply機能がWeb上のInboxにもやってきた

    Gmailチームが作ったInboxは、GoogleがGmailユーザーに贈る次世代eメールクライアントで、とくに、入信メッセージを便利に扱えるためのさまざまな機能がある。それらの中で、前から最良と言われている機能のひとつがSmart Replyだ。これは、Googleの機械学習のインテリジェンスがユーザーのメールを見て、とても短い三つの返信を提案する。 これまで、この機能が使えたのはInboxのモバイルアプリだけだったが、しかし今日からは(米国時間3/15)、Webでも使える、Googleによると、モバイルアプリでは返信の10%がSmar… 続きを読む

  • InboxのSmart Replyはユーザーに代わって着信Gmailに返信する―Googleの機械学習は進歩中

    InboxのSmart Replyはユーザーに代わって着信Gmailに返信する―Googleの機械学習は進歩中

    一部では「メールはもう死んだ、次第に滅びるだけだ」と考えられているらしい。しかしGoogleはそう考えていない。高度な機械学習と人工知能テクノロジーをInboxに適用してメールを大きく進歩させようとしている。 Inboxは言うまでもなくGmaiをベースにしたメール・クライアントだが、今回の改良で人々がコミュニケーションを図る方法が改善され、いわばメール体験の効率性を測定するバーが跳ね上がった。今日(米国時間11/3)、Googleが公開したSmart Replyはユーザーに代わって自動的に返事をするテクノロジーで、同社としてInboxに対… 続きを読む

  • Google、Google Appsアカウント用Inboxの招待プログラムを開始

    Google、Google Appsアカウント用Inboxの招待プログラムを開始

    昨年秋、GoogleはウェブとモバイルのGmail体験の全面的に改訂するInboxを(ゆっくりと)提供し始めた。。未だにサービスは招待制だ(ただし、最近は簡単に招待してもらえる)。そしてこれまで、InboxをGoogle Apps for Workアカウントで使うことはできなかった。それが今日(米国時間2/23)変わる。Googleは、Google Apps for Workの管理者が同サービスのアクセスを要求できる招待プロセスを開始した。 続きを読む

  • Google、向こう24時間Inbox招待キャンペーン実施中―MicrosoftのiOS版Outlookのローンチに対抗

    Google、向こう24時間Inbox招待キャンペーン実施中―MicrosoftのiOS版Outlookのローンチに対抗

    GoogleはGmailチームが開発した新しいモバイル・メールアプリ、 Inboxについて、向こう24時間に申し込んだ場合、即刻招待すると発表した。これはGmailの公式アカウントでツイートされ、次いでInboxサイトのプロフィールにも掲載された。 続きを読む

  • Google Inboxチーム、Google Appsアカウントのサポートを約束。ユーザー需要が開発を早めた

    Google Inboxチーム、Google Appsアカウントのサポートを約束。ユーザー需要が開発を早めた

    私がGoogle Inboxについて書くと必ず、同じこの2つのコメントが繰り返される。相当数の読者が「まあ、試してみたけどハマらなかった」と言い、別の相当数の人たちは「カスタムGmailドメインで動いてさえくれれば」と言う。 続きを読む

  • Google Inboxを使ってみた―優れたアプリだが、まだGmailからの全面移行には踏み切れず

    Google Inboxを使ってみた―優れたアプリだが、まだGmailからの全面移行には踏み切れず

    数週間前にGoogleの新しいメール・アプリInboxを入手できた。たいへん優れたアプリだと思ったが、いくつかの問題を発見したため、まだ私のメインのメール・アプリとはなっていない。 まず良いニュースから。 UIはオリジナルのGmailアプリよりむしろ洗練されており動作も速いだ。Nexus 6のような巨大なデバイスを使っている場合、片手操作が楽だ。たとえばメールを読んでいてinboxに戻るには上にスワイプするだけでよい。Inboxは私が最後にメールを出した相手を覚えていて、次にメールを作成するときに宛先候補のトップに表示してくれるのも便利だ。… 続きを読む

  • Google Inboxを使いたい人は、今朝の「ハッピーアワー」に申し込めば確実に招待される

    Google Inboxを使いたい人は、今朝の「ハッピーアワー」に申し込めば確実に招待される

    Googleは、Inbox招待プログラムを拡大して新たな「ハッピーアワー」を提供する。今日(米国時間11/5)西海岸時刻 3 pm~4 pm[日本時間11/6 木 8 am~9 am]の間に、inbox@google.com にメールで申し込めば、今日の5 pm[同10 am]までにアクセスできるようになることが保証される。 続きを読む

  • Google Inboxのベータ招待がeBayオークションで高値に

    Google Inboxのベータ招待がeBayオークションで高値に

    倍率なんと10倍だから、今ごろあなたは、GoogleのInboxアプリのベータを諦めてるかな? それとも、お金を払ってでも試したい? eBayのユーザbpatel90が、そのオンラインオークションにベータへの招待を出品した。今それは、50ドルぐらいだ。 続きを読む

  • Googleの新メールアプリ「Inbox」は、Gmailとは別物

    Googleの新メールアプリ「Inbox」は、Gmailとは別物

    Googleが新しいメールアプリを作った。Gmailと同じチームが開発しているが、Gmailとは全く異なるものを意図している。そのアプリ、InboxはどことなくMailboxやGoogle Nowにインスパイアされたように見える。 続きを読む

  • API
    DropboxのOBらが次世代メールのプラットフォーム、Inboxを発表―Gmail APIに似ているが汎用

    DropboxのOBらが次世代メールのプラットフォーム、Inboxを発表―Gmail APIに似ているが汎用

    MIT出身で元Dropboxのエンジニアらのスタートアップ、Inboxはこれまでステルスモードで開発を続けてきたが、今朝(米国時間7/7)、次世代のメール・プラットフォームともなるべきInboxを公開した。最近発表されたGmail APIに似て、Inboxはユーザーのメールの受信トレイにアクセスする最新のテクノロジーを提供する。Gmail APIの対象がGmailに限られるのに対して、InboxはGmail、Yahoo、Microsoft Exchangeなど主要なメールサービスをサポートしているという。 続きを読む

  • SaneBox:メールに「スヌーズ」機能を提供して、指定日時にメールを再送。送信先から返信がない場合にリマインダーを送る機能も実現

    SaneBox:メールに「スヌーズ」機能を提供して、指定日時にメールを再送。送信先から返信がない場合にリマインダーを送る機能も実現

    SaneBoxがなかなか面白い。使いようによっては、私たちを電子メール洪水から救ってくれるサービスだ。以前から有益なサービスを展開していたのだが、この度、小さいながらも非常に重要な機能が加わった。メールのリマインダーをカレンダーに同期する機能が提供されることになったのだ。SaneRemindMe 2.0という機能により、準備が整った時点で改めてメールを受信するように設定することができる。つまりは電子メール版の「スヌーズボタン」というわけだ。これにより、準備OKとなった段階で再度メールが送られてくる。そして同時にカレンダーにも情報を書き込… 続きを読む