インド(国・地域)

インドに関する記事一覧

  • Netflixがインド市場に本腰、ヒンドゥー語をサポート

    Netflixがインド市場に本腰、ヒンドゥー語をサポート

    13億のインド人のうち、英語がわかるのはわずか10%にすぎない。しかしインドで事業を展開している企業の多くは英語でのみサービスを提供している。そうした企業の1つであったNetflixは、米国時間8月7日に言葉の壁を破りたいと発表した。 続きを読む

  • アップルの委託企業とサムスンがインドのスマホ製造促進プログラムに申し込み

    アップルの委託企業とサムスンがインドのスマホ製造促進プログラムに申し込み

    韓国の大企業Samsung(サムスン)、Apple(アップル)の委託製造パートナーであるFoxconn(フォクスコン)、Wistron(ウィストロン)、Pegatron(ペガトロン)、そしてインドのスマホメーカーであるMicromax (マイクロマックス)とLava(ラヴァ)などが、インド政府の国内スマホ製造推進を目的とする66億ドル(約7000億円)のインセンティブ・プログラムに申し込んだ。 続きを読む

  • インドで禁止された中国企業アプリへのアクセスを促す47アプリも禁止に

    インドで禁止された中国企業アプリへのアクセスを促す47アプリも禁止に

    インドは2020年6月に、中国企業が開発したアプリ59本を国家安全保障上の脅威だとしてブロックし、さらに追加で47本を禁止した。 続きを読む

  • インドの2020年第2四半期のスマホ出荷台数は前年から半減の1730万台

    インドの2020年第2四半期のスマホ出荷台数は前年から半減の1730万台

    インドの第2四半期のスマートフォン出荷は前年同期比48%減となった。調査会社Canalysは、世界でも珍しいスマホ成長マーケットのインドにおいて過去10年で最大の落ち込みと指摘した。 続きを読む

  • グーグルがインドの教育事業を強化、100万人以上の教員を対象にツールの提供と訓練の計画も発表

    グーグルがインドの教育事業を強化、100万人以上の教員を対象にツールの提供と訓練の計画も発表

    米国時間7月13日、Googleはインドの公私立学校を束ねる政府機関であるCBSEとの提携を発表した。2020年中に世界第2位のインターネット市場であるインドの2万2000の学校に「blended learning experience(融合された学習体験)」を提供する。 続きを読む

  • クアルコムがインド通信大手Reliance Jio Platformsに約100億円出資へ

    クアルコムがインド通信大手Reliance Jio Platformsに約100億円出資へ

    Qualcomm Ventures(クアルコムベンチャーズ)は米国7月12日の夕方、インドの大手通信事業者であるReliance Jio Platformsに9700万ドル(約100億円)を出資し、「完全希薄化ベース」で0.15%の持ち分を取得すると発表した。 続きを読む

  • グーグルが世界最後の成長マーケットであるインドに1兆円超を投資

    グーグルが世界最後の成長マーケットであるインドに1兆円超を投資

    グーグルは米国時間7月13日、今後5〜7年でインドに100億ドル(約1兆700億円)を投資すると発表した。主要海外マーケットでデジタルサービスの浸透加速サポートを模索する中での動きだ。 続きを読む

  • セコイアキャピタルがインド・東南アジア向けに1450億円、ベンチャーファンドとグロースファンドを設立

    セコイアキャピタルがインド・東南アジア向けに1450億円、ベンチャーファンドとグロースファンドを設立

    Sequoia Capital India(セコイアキャピタル・インド)は米国時間7月6日にリミテッド・パートナーから13億5000万ドル(約1450億円)を調達し、新たなファンドを2つ設立することを発表した。 続きを読む

  • TikTok禁止のインドでフェイスブックがショートビデオのInstagram Reelsをテスト開始

    TikTok禁止のインドでフェイスブックがショートビデオのInstagram Reelsをテスト開始

    インド政府がプライバシー上の懸念を理由にTikTok他数十種類の中国製アプリを禁止する中、FacebookグループのInstagramはショートビデオアプリのReelsをインドでテストする。 続きを読む

  • Facebookがインドでデジタルリテラシー教育を促進

    Facebookがインドでデジタルリテラシー教育を促進

    インド国内で、他のどの国際企業よりも多くのユーザーに利用されているFacebookが、世界で2番目に巨大なインターネット市場の中で、さらにその触手を伸ばすチャンスをつかめる新しい分野を見出した。 続きを読む