innovation

  • 「イノベーションのジレンマ」の著者、クレイトン・クリステンセン氏が逝去

    「イノベーションのジレンマ」の著者、クレイトン・クリステンセン氏が逝去

    世界的ベストセラーとなったビジネス書、「イノベーションのジレンマ-―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき」の著者、クレイトン・クリステンセン氏がボストンの病院で亡くなった。67歳だった。 続きを読む

  • 同じ処方箋なのに高価なレンズ交換を強いられていたアメリカのコンタクトレンズユーザーをネットが救う

    同じ処方箋なのに高価なレンズ交換を強いられていたアメリカのコンタクトレンズユーザーをネットが救う

    Simple Contactsは、元Techstarsの社員起業家で3DプリントサービスのSolsを創ったJoel Wishが始めたスタートアップで、コンタクトレンズのリフィルを安上がりにすることが目的だ。 Wishはコンタクトレンズの常用者なので、同じ処方箋なのにリフィルに1万ドルも取られるのが、我慢ならなかった。 続きを読む

  • Penceのような副大統領はアメリカのイノベーションの文化の構築にとって害になるだろう

    Penceのような副大統領はアメリカのイノベーションの文化の構築にとって害になるだろう

    Donald本人のツイートによって、インディアナ州知事Mike PenceがDonald Trumpの副大統領候補になることが公式に決まった。しかしPence知事のテクノロジー産業に関するこれまでの政策は、なるべくおだやかな言い方を心がけても、拙劣だ。 自分のテクノロジー政策をかさ上げする必要性を知っていると思われる知事は、彼が選ばれる直前まで、インディアナ州のための彼の“新しい”イノベーションと起業家育成プランを声高に宣伝してきた。それらのイニシアチブは今週スポットライトを浴びたが、でもそれは、多様なコミュニティの… 続きを読む

  • 金融イノベーションにおいて、なぜ英国は米国を打ち負かしたのか

    金融イノベーションにおいて、なぜ英国は米国を打ち負かしたのか

    一般投資家によるスタートアップや小規模ビジネスへの投資を可能にする法案が、2011年に初めて米国議会に持ち込まれた。二大政党からの支持や、オバマ大統領からの承認があったにもかかわらず、それは今になってやっと現実味を帯びた。 アメリカで生まれ育ち、英国で働きながら生活するアングロ・アメリカンである私は、大西洋の両側にある両国に強い忠誠心を持っている。しかし、これまでの数年間を振り返り、これから始動する米国のクラウドファンディングを考えたとき、企業や自由競争市場、そしてイノベーションに対してともに似たようなコミットメントをしてきた両国が、こ… 続きを読む

  • スタックの誤謬―大企業が新分野参入でいつも失敗する理由を考える

    スタックの誤謬―大企業が新分野参入でいつも失敗する理由を考える

    多くの企業が新分野に挑戦する際に「スタックの誤謬」を犯し、その結果、劇的に失敗する。 伝統あるデータベース企業が「アプリ化なんか簡単だ」と思ったり、バーチャル・マシンの企業が「ビッグ・データなんかなんということもない」と思ったりするのがよい例だ。われわれはこういう考え方を「スタックの誤謬」と呼んでいる。 スタックの誤謬とは、企業がこれまで積み重ねてきたさまざまなレイヤーの上にもう一段レイヤーを重ねる〔スタックする〕ことを「ごく簡単だ」と思い込むことと定義できる。 実はビジネスの世界でもわれわれは似たような幻想に陥っている。データベース企業は… 続きを読む

  • LINEはどのようにイノベーションを創出しているのか?——森川氏が掲げる3つの鍵

    LINEはどのようにイノベーションを創出しているのか?——森川氏が掲げる3つの鍵

    ITを核にしたビジネスで世界を変革させる国内外の経営者らが登壇する「新経済サミット2014」が4月9日から4月10日にかけて開催された。10日朝に行われたセッションでは、LINE代表取締役社長の森川亮氏、AME Cloud Ventures共同創業者のJerry Yang氏、Matt Wilsey氏が登壇。慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科特別招聘教授の夏野剛氏の進行のもと、「Accelerating the innovation」をテーマに語りあった。 ここではその中から森川氏が語っ 続きを読む

  • British Airways、UnGroundedプロジェクトを発表 ― テック界の著名人たちを同じ飛行機に乗せてイノベーションをせまる

    British Airways、UnGroundedプロジェクトを発表 ― テック界の著名人たちを同じ飛行機に乗せてイノベーションをせまる

    British Airwaysが「UnGrounded」なるイベントを行うと発表した。これはシリコンバレーの著名人100名を乗せてフライトするという試みだ。機内では、世界の大問題が、才能豊かなテック系人物たちにぶつけられる。国連のパートナーシップのもと、初めての「UnGrounded」フライトは6月12日に行われる予定だ。Google、Andreessen Horowitz、RocketSpaceなどからの人物が乗り込む予定になっている。 続きを読む

  • 中国の起業家、成功への道のり

    中国の起業家、成功への道のり

    ようやくBob Comptonと私で意見の一致するものが見つかった。 このワシントンDC拠点のベンチャーキャピタリストが挑発的なドキュメンタリー、2 Million Minutes[200万分]を制作した。これは6人の学生 ― 米国、インド、中国からそれぞれ2人ずつ ― を彼らが高校3年の時に追跡したものだ。そこにはインドと中国の学生たちが数学と科学の勉強に精を出し、アメリカの学生がビデオゲームで遊んでいるところが映し出されている。Bobは、やがてアメリカはインド人と中国人に仕事を奪われるだろう、なぜなら彼らの方が良い教育を受けているからという結論を… 続きを読む

  • 原油流出は石油ばかり出て封じ込めの名案が出ない(一部の案をビデオで見よう)

    原油流出は石油ばかり出て封じ込めの名案が出ない(一部の案をビデオで見よう)

    これまで、推計で8200万ガロンの原油がメキシコ湾に流出している。史上最大の原油流出事故を止めようとするBPの試みは、ことごとく失敗した。同社は、”ジャンクショット(junk shots)”、”トップキル(top kill)”、封じ込めドームなどさまざまな方法をトライし、油井に蓋(ふた)をして混乱を収拾する努力に、1日あたり1億ドルを費やしてきた。同社は、外部からのアイデアも募っている。 すべてのアイデアがBPに届いたかどうかは分からないが、多くの頭の良い人びとが、それぞれ独特の対策を提案して… 続きを読む