Instacart

  • 新型コロナ需要で空前の成長をみせるInstacartが240億円調達

    新型コロナ需要で空前の成長をみせるInstacartが240億円調達

    これまでにない成長をみせているInstacart(インスタカート)は、需要に対応するため新たに資金を調達した。サンフランシスコ拠点の同社は米国6月11日、DST GlobalとGeneral Catalystがリードするラウンドで2億2500万ドル(約240億円)を調達したと発表した。 続きを読む

  • Instacartがショッパーの不満を受けてチップに関するポリシーを変更

    Instacartがショッパーの不満を受けてチップに関するポリシーを変更

    米国時間6月5日、Instacartは増加するショッパー(編集部注:顧客に買い物品を届ける人のこと)を「チップ釣り」から守るために、チップに関するポリシーを変更すると発表した。チップ釣りとは、顧客が多めのチップでショッパーを引きつけ、グローサリーを受け取った後にチップをゼロにするという酷い手法だ。 続きを読む

  • 買い物代行のInstacartが新型コロナに関する新ポリシーと25万人の新規雇用を発表

    買い物代行のInstacartが新型コロナに関する新ポリシーと25万人の新規雇用を発表

    新型コロナウイルスの感染拡大で外出が制限される中、買い物代行のInstacartは新たに25万人を雇用すると発表した。 続きを読む

  • Instacartがコストコと提携し処方薬の配達を開始、数カ月内に全米で提供

    Instacartがコストコと提携し処方薬の配達を開始、数カ月内に全米で提供

    オンライングローサリー配達のInstacart(インスタカート)は、新型コロナウイルス(COVID-19)パンデミックによる需要の高まりを受け、Costco(コストコ)との提携を通じて処方薬配達サービスを開始する。 続きを読む

  • 買い物代行のInstacartが空前の需要対応でサポートチームを倍増

    買い物代行のInstacartが空前の需要対応でサポートチームを倍増

    新型コロナウイルス(COVID-19)による外出禁止を受け、Instacartはグローサリー配達サービスに対するこれまでにない需要に直面し、ショッパーや顧客、提携する小売店のサポートを強化する。 続きを読む

  • 買い物代行のInstacartもショッパーにマスク、消毒剤、体温計を配布へ

    買い物代行のInstacartもショッパーにマスク、消毒剤、体温計を配布へ

    Instacart(インスタカート)はフルタイムで働くショッパー(編集部注:Instacartで買い物品を顧客に届ける人のこと)への健康・安全キットの配布を開始する。同社は2日、キットにはフェイスマスク、手指消毒剤、体温計が含まれると明らかにした。 続きを読む

  • ギグワーカーの活動家たちが仲間を支援する非営利団体を立ち上げる

    ギグワーカーの活動家たちが仲間を支援する非営利団体を立ち上げる

    ギグワーカーが賃金カットなどの問題に遭遇したときの最初の相談窓口になりたい。ここに来れば安心という場所にしたいと、2人の著名なギグワーカーの活動家が作ったGig Workers Collectiveが、公益法人の登記を申請している。 続きを読む

  • Instacartが配達人のための賃金即座支払い機能を追加

    Instacartが配達人のための賃金即座支払い機能を追加

    Instacartは今日から、食品を配達する個人ショッパーが配達で稼いだ金を早く使えるようになる新機能を提供する、と発表した。 続きを読む

  • Instacart、米国全世帯の70%が利用できるように

    Instacart、米国全世帯の70%が利用できるように

    2017年の終わり、Instacartは米国最大の食品小売の一つ、Krogerと提携を結んだ。それは、KrogerのチェーンRalphsとの契約という小さなものだった。しかし今回Instacartは、Krogerとの提携を拡大する。新たにKrogerの75ものマーケットでInstacartのデリバリーが使えるようになり、これによりKrogerでのInstacart利用は全米で50%増えることが予想される。提携拡大は10月末までに完了し、Krogerの1600店舗超で利用可能となる。 続きを読む

  • 食料品配達のInstacartが4億ドル調達 ― バリュエーションは34億ドル

    食料品配達のInstacartが4億ドル調達 ― バリュエーションは34億ドル

    食料品配達を手がけるInstacartが約4億ドルの資金調達を完了したことが明らかとなった。今回のディールの内情に詳しい情報提供者によれば、バリュエーションは34億ドルとのことだ。巨大な規模となった今回の資金調達の噂を最初に報じたのはAxiosだった。Instacartの幹部から今回の件についてコメントを得ることはできなかった。 過去数年間、サービス料金の引き上げと給料の引き下げを行ったInstacartは論争の的になっていた。これまでの累計調達金額は2億6000万ドルで、バリュエーションは20億ドルと報じられていた。 続きを読む

  • 宮崎県産の野菜を1時間で都内に届ける「VEGERY」が正式ローンチ、東京・根津にはリアル店舗も

    宮崎県産の野菜を1時間で都内に届ける「VEGERY」が正式ローンチ、東京・根津にはリアル店舗も

    ベジオベジコは1月13日、野菜を中心とした生鮮食品のデリバリーサービス「VEGERY」の正式サービスを開始した。App Storeより無料で専用アプリをダウンロードできる。 VEGERYは宮崎産の野菜を中心とした生鮮食品のデリバリーサービス。ユーザーがアプリ上で野菜を選択し、届けて欲しい時間帯(最短で約1時間)を選択すれば、同社のスタッフがその時間帯に自宅まで野菜を届けてくれるというもの。商品代に加えて390円の送料がかかる。 続きを読む

  • 人が集まるためのスペースのレンタルマーケットプレースPeerSpaceが早くもシリーズAで$5Mを調達しニューヨーク進出を目指す

    人が集まるためのスペースのレンタルマーケットプレースPeerSpaceが早くもシリーズAで$5Mを調達しニューヨーク進出を目指す

    一時的な集会の会場を貸し借りするマーケットプレースPeerSpaceが創業1年ちょっとでシリーズAに到達、Foundation Capitalが率いるラウンドで500万ドルを調達した。これまでの投資家Structure Capitalも、このラウンドに参加した。 同社のやり方はAirbnbに似ているが、目的は個人のB&Bではなくて、複数の人が集まるスペースだ。古くからある貸し会議室やカンファレンス会場などでなく、そこらに適当に空いてる場所のクリエイティブな利用を目指す。 続きを読む