Intel

  • 今年の独立記念日では、Intelドローン500基が花火に取って代わる

    今年の独立記念日では、Intelドローン500基が花火に取って代わる

    今年のカリフォルニア州フェアフィールドのトラビス空軍基地では、いつもと少し違う7月4日(独立記念日)を迎える。花火の代わりに、Intelのドローン、Shooting Star 500基がこの祝日と基地の75周年を記念して編隊を組んで空を舞う。 続きを読む

  • 強力なDIYボードUDOO BOLTは小さいけどMacやPCを超えてワークステーション並の性能

    強力なDIYボードUDOO BOLTは小さいけどMacやPCを超えてワークステーション並の性能

    この前会ったときのUDOOは、Raspberry Piを使った強力なDIYボードで、多くのポートがあり、良いプロセッサーを選び、いろんな機能を用意していた。そして今日(米国時間7/3)彼らが発売したUDOO BOLTは、“AAA(スリーA)ゲーム”を動かせると称するDIYボードで、AMD Ryzen Embedded V1202B 3.2 GHz SoCプロセッサーとRadeon Vega 3グラフィクスカードを搭載している。Arduinoと互換性があるので、ロボティクスをはじめ、さまざまな電子工作プロジェクトをこれに接続できる。… 続きを読む

  • Google CloudのCOO、わずか7ヶ月で離任――原因に関心集まる

    Google CloudのCOO、わずか7ヶ月で離任――原因に関心集まる

    昨年11月、Googleは Diane BryantがGoogle Cloud事業の新しいCOOに就任すると発表した。Bryantは当時Intelのデータセンター事業部の責任者で一時休職中だった。Bryantの採用はGoogleにとって大成功だと考えらたが、長続きしなかったようだ。Business Insiderのスクープによれば、Bryantは就任からわずか7ヶ月でGoogle Cloudを去った。 続きを読む

  • Intelが28コアのシングルソケットチップを今年の終わりごろローンチする

    Intelが28コアのシングルソケットチップを今年の終わりごろローンチする

    Intelは日に日に強さを増すAMDやQualcommからのプレッシャーを痛感しているし、Apple が独自のチップを開発してMacのIntelプロセッサーをリプレースするという報道が事実なら、競争はさらに激化するだろう。先週、Computexの前のEngadgetのインタビューで、IntelのクライアントコンピューティングのヘッドGregory Bryantは、Intelは昨年の真打ち18コア36スレッドのi9-7980XEよりももっとすごい、強力なチップを発表するだろう、と述べた。 続きを読む

  • 見捨てられるPenryn世代: Intelは古いチップのSpectre対策を中止

    見捨てられるPenryn世代: Intelは古いチップのSpectre対策を中止

    チップの欠陥MeltdownとSpectreに対して、引き続き行われているパッチ努力の一環としてIntelは先月、2005年までさかのぼって開発コードYorkfield以降のプロセッサーにも修復を適用する、と示唆した。しかし最近のガイダンス文書によると、これらの古いプラットホームの多くは結局、修復を受けないことになった。 続きを読む

  • Apple、Mac向け独自チップを開発中との報道

    Apple、Mac向け独自チップを開発中との報道

    Apple はMacに自社製の独自チップを使おうと計画している。これは現在デスクトップとノートで使われているIntelチップが置き換えられるかもしれないことを意味している。Bloombergが報じた。 続きを読む

  • Uberの自動運転車はNvidiaのDriveコンピューティングプラットホームを使っていなかった

    Uberの自動運転車はNvidiaのDriveコンピューティングプラットホームを使っていなかった

    Uberは同社の自動運転車にNvidiaのハードウェアを使っていたが、Nvidiaの自律コンピューティングプラットホームDriveは採用していなかった。後者にはNvidia独自のリアルタイムセンサーフュージョンやHDのマッピング、経路計画などの機能が含まれていた。NvidiaのCEO Jensen Huangは今日(米国時間3/28)、サンノゼで行われていた同社のGPU Technology Conferenceの記者会見でそう明かした。 続きを読む

  • Intelは今年後半に発売するチップにSpectreとMeltdownのハードウェアレベルの対策を導入

    Intelは今年後半に発売するチップにSpectreとMeltdownのハードウェアレベルの対策を導入

    SpectreとMeltdownはハードウェアの設計レベルのバグなので、簡単なパッチなどでは修復できないことが明らかだった。しかし幸いにも、これらに対して十分な時間を投ずることのできたIntelは、今年後半に発売する新製品のチップに、その欠陥からユーザーとアプリケーションを保護する、ハードウェアのアーキテクチャレベルの改良を盛り込んだ。 このニュースは、CEOのBrian Krzanichが同社のブログ記事で発表した。 続きを読む

  • Intel、Spectre脆弱性の新しい修正ソフトを公開――ユーザーの手元に届くには時間がかかる

    Intel、Spectre脆弱性の新しい修正ソフトを公開――ユーザーの手元に届くには時間がかかる

    IntelはSpectreの影響を取り除くための新しい修正パッチをを発表した。SpectreはCPUのハードウェア・アーキテクチャに起因する脆弱性で、メモリの内容が推測される可能性がある。Spectreは現在主流となっているほぼすべてのハードウェアに影響を与えているが、Intelが発表したパッチはSkylake(2015年後半出荷)以降の世代のCPUに対するものだ。 続きを読む

  • Intel、Xeon D-2100を発表――新CPUでエッジ・コンピューティングに対応

    Intel、Xeon D-2100を発表――新CPUでエッジ・コンピューティングに対応

    自動運転や産業用IoTセンサーなどの高度なテクノロジーが普及するにつれ、 エッジ・コンピューティングの強化がますます必要とされるようになった。つまりデータをクラウドに送って処理させるのが不適当なコンピューティング領域が増えてきた。データは収集されたその場でただちに処理される必要がある。わずかなレイテンシーであっても重大な問題を引き起こす可能性があるからだ。 続きを読む