Intel / インテル(企業)

Intel(インテル)は、アメリカに本社を置く半導体素子メーカー。

  • 最新ノートPCでIntelモバイルCPU「Core i7-1065G7」とAMD「Ryzen 7 4700U」の性能を確認する

    最新ノートPCでIntelモバイルCPU「Core i7-1065G7」とAMD「Ryzen 7 4700U」の性能を確認する

    現在ノートPCで採用されている最新モバイルCPUというと、Intelの「第10世代Coreプロセッサー」、AMDの「Ryzen Mobile 4000」がある。基本的な特徴についてはすでに掲載してある記事の通りだが、実際の処理性能が気になる方は多いはずだ。 続きを読む

  • まだまだ優位を保つIntelの第10・第11世代モバイル向けCPUを知る

    まだまだ優位を保つIntelの第10・第11世代モバイル向けCPUを知る

    簡単な表計算から動画の編集&エンコード、ゲーミングなどまで、PCの性能で最も重要になるCPU。デスクトップPCの世界では、Intel Core iシリーズを超える性能でありながら安価なAMD Ryzenシリーズが注目を集め、シェアを伸ばしている一方、モバイルノートPCではまだまだIntelが優位を保っている。 続きを読む

  • 約240億円の投資を指揮したウェンデル・ブルックス氏がインテルキャピタルの社長を辞任

    約240億円の投資を指揮したウェンデル・ブルックス氏がインテルキャピタルの社長を辞任

    Wendell Brooks(ウェンデル・ブルックス)氏が2015年にチップの巨人の投資部門であるIntel Capital(インテルキャピタル)の社長に昇格したとき、後継者として重責を担うことが同氏にはわかっていた。同氏は投資部門を創業以来28年間統括してきたArvind Sodhani(アービンド・ソダニ)氏の後を引き継いだ。同社は8月7日、ブルックス氏が社長を辞任したとの報道を認めた。 続きを読む

  • インテルとボーイング、米国を支える2本の大黒柱は政府の延命処置を受けるも予後に暗雲

    インテルとボーイング、米国を支える2本の大黒柱は政府の延命処置を受けるも予後に暗雲

    インテルとボーイング。米国工業界を支える2本の大黒柱だ。いまや米国工業界の例外主義の象徴である絶対にして最強の二本柱は、根深い脅威にさらされている。とりわけインテルは、最悪の立場にある。 続きを読む

  • インテルがインドの通信大手Reliance Jio Platformsに約273億円出資へ

    インテルがインドの通信大手Reliance Jio Platformsに約273億円出資へ

    インテルは7月3日、Jio Platformsに2億5350万ドル(約273億円)を出資すると明らかにした。インドの大手通信会社Jio Platformsにはここ数カ月、FacebookやGeneral Atlantic、Silver Lakeなどそうそうたる投資家が出資していて、インテルもそのリストの仲間入りを果たす。 続きを読む

  • アップルが6月22日のオンラインWWDCでMacのARMベース移行を発表か

    アップルが6月22日のオンラインWWDCでMacのARMベース移行を発表か

    Bloombergは「Appleは早ければ今月下旬にもMacのCPU変更を正式に発表する」と報じた。発表は6月22日からオンラインで開催されるWWDCで行われる可能性もあるということだ。 続きを読む

  • インテルが今年出資したスタートアップ11社紹介、年内に500億円超の出資を予定

    インテルが今年出資したスタートアップ11社紹介、年内に500億円超の出資を予定

    Intelは米国時間5月13日、新たに11社のスタートアップに1億3200万ドル(約140億円)を出資したことを明らかにした。これらの取引には、人工知能、自立型コンピューティング、チップ設計が含まれ、同社の現在と将来における最も戦略的な優先事項を反映している。 続きを読む

  • 大手衛星事業者のインテルサットが米連邦破産法11章の適用を申請

    大手衛星事業者のインテルサットが米連邦破産法11章の適用を申請

    世界的な衛星通信事業者のIntelsat(インテルサット)は米国時間5月13日の水曜日の深夜、連邦破産法第11章(チャプター11)の適用を申請したと発表した。同社は将来的な成長を可能にするための「財務リストラ」プロジェクトに乗り出すための肯定的な手段としてこれを位置づけようとしているが、破産申請が喜ばしい場合はめったにない。 続きを読む

  • 米政府が先進的半導体工場の国内建設に向けインテルやTSMCと協議か

    米政府が先進的半導体工場の国内建設に向けインテルやTSMCと協議か

    ウォールストリートジャーナル(WSJ)のレポートによれば、ホワイトハウスの担当者が、現在インテルならびにTSMCと米国内への半導体工場の建設について話し合っているらしい。 続きを読む

  • 画面がちょっと大きくなったSurface Go 2はWindows PCサブ機の有力候補

    画面がちょっと大きくなったSurface Go 2はWindows PCサブ機の有力候補

    Surface Goは、必要ならどこにでも持っていけるというメリットのために、いろいろな欠点も喜んで受け入れることができる人のためのデバイスという位置付けのものだった。今回のSurface Go 2も、その点は何ら変わらない。とはいえ、本体サイズを抑えたまま画面サイズを拡大し、Core m3モデルも用意するなど、実用性は増している。 続きを読む