intense-debate

  • IntenseDebateが再び一般公開。WordPressプラグインも

    IntenseDebateが再び一般公開。WordPressプラグインも

    IntenseDebateは、高度なコメントシステムで、WordPressの親会社、Automatticに最近買収された。このほど同サービスが一般向けに再公開された(2007年終りに一度公開されたが、買収直後に再びプライベートベータに入っていた)。IntenseDebateは、WordPressプラグインの公開ベータも開始した。こちらには、ブログオーナーにとってはるかに魅力的な機能をいくつも含まれている。 最も重要な機能が、双方向のコメント同期だ。これはIntenseDebateのシステム経由でブログに付けられた全コメントを、WordP… 続きを読む

  • より良いコメントシステムづくりを目指すSezWho、大金$1Mを調達

    より良いコメントシステムづくりを目指すSezWho、大金$1Mを調達

    DisqusとIntense Debateスタートの熱気がまだ冷めないが、コメントシステムのSezWhoが、シリーズA投資ラウンドで$1M(100万ドル)をKPG Venturesから調達、サービス内容をアップグレードした。現在、コメント投稿者コミュニティの改善を目指すスタートアップ企業各社からなる少数グループ中、SezWhoは、今回の資金調達を以て最も豊富な資金を得た企業となる。コメントの質をどのように向上させるかというビジネスは、どういういわけかあっと言う間に激戦区となった。今回の資金調達は開発をスピードアップするためにちょうど良いタ… 続きを読む

  • Intense Debateのコメントシステムが公開ベータ。さらにオープンに

    Intense Debateのコメントシステムが公開ベータ。さらにオープンに

    これでブログコメント欄でのバトルがいよいよ激烈になる。今日、TechStarのIntense Debateが公開ベータをスタート、同時にDisqusもスタートした。 Intense Debateのプライベートベータは以前紹介したが、ベータから変わったのは誰でもサインアップできるようになることだけではない。コメントシステム全体も開放される。 新バージョンには、バプリッシャーが外部のコメントシステムに縛られることで感じる気持ち悪さを軽減するための工夫がいくつか加えられる。システムにはOpenIDのフルサポート、コメントの移行、コメントのフルフィー… 続きを読む

  • Disqusもブログのコメント争奪戦に参入

    Disqusもブログのコメント争奪戦に参入

    ブログも良いものになると調律の優れたフォーラムのようなもので、書き手が調整役として何か投稿して、スレッドを始める。まあ、祭りもあるけどね。 Y Combinatorが育成する新会社Disqusが2ヶ月の調律期間(ベータ)を終え、フォーラム比較を確かなものにするサービスを始める。コメントシステムの最適化を考える大所帯なブログにとっては助かる新サービスだ。 Disqusが提供するのは、ブログのコメントを最適化し、全モデレート可能なコミュニティフォーラムに統合化するjavaスクリプトのエンベッドコード(以下参照)やブログ専用プラグイン(Wordp… 続きを読む

  • Intense Debateがブログへのコメントを強化する

    Intense Debateがブログへのコメントを強化する

    コロラド州のスタートアップインキュベーターTechStars出身の2番目の会社、Intense Debateが今日(米国時間8/7)巣立った。TechStarsの最初の会社、MadKastについては今週すでに紹介した。 Intense Debateは強化版のブログコメントシステムで、バブリッシャーやコメンターのための機能を数多く追加するもの。自分のブログ(WordPress、Blogger、TypePadのいずれか)にプラグインをインストールすると、スレッド機能、コメント解析、全ブログのコメント管理、ユーザーの評判、コメント集約などの機能が… 続きを読む